東北電力も情報開示が遅すぎでしょ!!
ってか、これって、地方ニュース??

80センチの差で大被害免れる 女川原発に押し寄せた津波は高さ13メートル - MSN産経ニュース

---全文転載
[地方]ニュース
80センチの差で大被害免れる 女川原発に押し寄せた津波は高さ13メートル
2011.4.8 15:38
 東北電力は7日の記者会見で、東日本大震災で同社の女川原子力発電所に押し寄せてきた津波が高さ13メートルに達していたことを明らかにした。国土地理院によると、大震災で女川原発が立地する牡鹿半島が1メートル地盤沈下した。海面から14・8メートルの高さにあった女川原発は海面から13・8メートルの高さになっていたことになり、わずか80センチの高低差で大きな被害を免れていたことが分かった。

 「東北地方太平洋沖地震に伴う女川原子力発電所における地震観測記録の分析及び津波の調査結果ついて」と題する国への報告書で明らかにした。津波が高さ13メートルあったことは女川原発に同社が設置していた潮位計の分析で分かった。

 女川原発は国に提出する設置許可で、宮城県沖地震(連動型でマグチュード8・2)が起きた場合に最大で高さ9・1メートルで押し寄せる津波に耐えられるように設計されていた。大震災の津波はこれもはるかに超える規模だったことになる。

 この津波で女川原発は重油タンクが倒壊、2号機の建屋内部に海水が浸入するなどの被害を受けた。しかし、海面から14・8メートルの高さに建設されたことから、1メートルの地盤沈下でも海水は主要施設に到達せず、周辺の道路に波立った海水の痕跡が残っただけだった。

 しかし、東北電力は海上保安庁の調査で海底が東南東に24メートルも動くなど、海底の形状が大きく変化したことが考えられること、地盤沈下で原発が建つ岩盤に影響が出ていないかなどを詳細に調べ、「今後、十分な津波対策を構築したい」としている。
---転載終わり


にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害) 10%割り振り
にほんブログ村 政治・社会問題 30%割り振り
にほんブログ村 時事ニュース 60%割り振り