いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

宮城県

女川原発(宮城県)の点検記録不備、1号機102件 2号機4188件 3号機372件 : 村井嘉浩知事としては、再稼働は「立地自治体の判断で十分」なんだって

お粗末すぎて、あれ



女川1、3号機も点検不備=東北電 2015/05/13-16:48
 東北電力は13日、東日本大震災で被災した女川原発(宮城県)の1、3号機で、点検記録の記載漏れなどの不備が計474件あったと発表した。これまでに2号機で4188件の不備が発覚しており、同社は点検記録のチェック体制を強化し、再発防止に取り組む方針。
 内訳は1号機が102件、3号機が372件。点検記録の記載漏れが計274件と最も多く、実在しない箇所を点検済みとしたケースも計22件あった。

東北電力も潰そう。てか、原発廃炉なら債務超過で潰れそうなんでしょ?



女川原発1・3号機でも400件余の不備見つかる 5月13日 18時40分
東北電力女川原子力発電所の2号機で、実際には存在しない機器を点検したとするなどの不備が4000件余り見つかった問題で、東北電力は、1号機と3号機でも合わせて400件余りの不備があったと発表しました。

まあ、2号機だけが不備ということはないわな。ん?1号機と3号機は少ないね?何かした??

この問題は、女川原子力発電所の2号機で去年9月、原子力規制庁が定期的に行う保安検査で、実際には存在しない機器を点検したと記録したり、記録の訂正を誤った方法で修正したりする記録の不備が4000件余り見つかり、原子力規制委員会は安全確保の取り組みを定めた保安規定に違反しているとして再発防止を求めました。
これを受けて、東北電力は、1号機と3号機についても調べた結果、同じような不備が合わせて474件見つかり、原子力規制庁に報告しました。

んー、2号機に比べて少ないよね。なぜ?

東北電力は、記録の不備を受けて、点検の方法を周知する部門と点検を客観的にチェックする監査部門に、新たに責任者を配置するなどの再発防止策を来年度までに行うことにしています。
東北電力の小笠原和徳原子力運営課長は「点検を行いながらミスに気付き、修正できなかったことを反省している。ただし、原発の再稼働とは直接関係する問題ではなく、審査にしっかりと対応して再稼働につなげたい」と話していました。




先月の記事

<女川再稼働>知事「立地自治体の判断で十分」 2015年04月28日
 東北電力女川原発(女川町、石巻市)の半径30キロ圏の登米、東松島、涌谷、美里、南三陸5市町と、東北電が締結した原子力安全協定に立地自治体並みの権限が盛り込まれなかったことをめぐり、村井嘉浩知事は27日の定例記者会見で「(再稼働に必要な地元同意は)立地自治体の判断で十分だと思う」と述べ、従来の考えを繰り返した。
 原発から30キロ圏は東京電力福島第1原発事故後、重大事故に備える防災重点区域「緊急防護措置区域(UPZ)」に含まれた。
 地元同意の範囲について村井知事は「線引きにUPZ圏も含めると、外側に際限なく広がっていく。原発に一番近い立地自治体は最も危機感を持つ。その意見を聞けば周囲の考えも十分反映できる」と説明した。
 女川原発の再稼働の是非については「まったくの白紙」と強調。「まずは国が再稼働させる原発に女川を位置付けるかどうか。地元で同意するかどうかは、有識者検討会の結果を見ながら石巻市や女川町と調整して判断するが、その段階に至っていない」と語った。




[PR : エアカウンターS 一家に一台放射能測定器は必需品ですね。いるかちゃんだよーキュンキュン]

宮城県<指定廃棄物>栗原市長「県外処理あり得ぬ」 : 村井嘉浩知事、県議会会派「自民党・県民会議」の有志が旗揚げした「考える会」は、福島に集約を

2014年12月04日21:04 絆www宮城県の村井知事、放射性物質を含む指定廃棄物について、「福島県に集約して処理するよう、国に働きかけている」

自民党は福島を何だと思ってるんだ!総裁出て来い!



<指定廃棄物>栗原市長「県外処理あり得ぬ」 2015年01月08日
 佐藤勇栗原市長は7日の定例記者会見で、福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物を県外で処理する意見について「あり得ない話だと思う」と述べ、現実的ではないとの認識を示した。

佐藤勇栗原市長
福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物を県外で処理する意見について
「あり得ない話だと思う」

当たり前です。

 県外処理を主張する県議らが福島への集約を念頭に置いていることを踏まえ「福島の人たちが許すか。私が福島県民だったら怒る。原発の受益者は東京など関東の人たち。こっち(東北)は被害者だ」と強調した。

県外処理を主張する県議らが福島への集約を念頭に置いていることを踏まえ
「福島の人たちが許すか。私が福島県民だったら怒る。原発の受益者は東京など関東の人たち。こっち(東北)は被害者だ」

宮城県に宣戦布告したいくらいだ。こっちは、放射性物質が豊富にあるんだぞ。戦うか?

 村井嘉浩知事は、県外集約の選択肢を検討するよう国に要求。県議会会派「自民党・県民会議」の有志が旗揚げした「考える会」は、指定廃棄物を各県内で処理すると定めた国の基本方針の見直しを求めている。

村井嘉浩知事
県議会会派「自民党・県民会議」の有志が旗揚げした「考える会」

バカタレ共が ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!

 佐藤市長は「最終的にどうするかは国の責任。放射性物質汚染対処特措法と、それに基づく国の基本方針見直しを機に、国会で議論するのも一つの方法だと思っている」と述べるにとどめた。


福島に造るのは中間貯蔵施設ですから、最終貯蔵施設の議論を始めるべきです。
超高濃度の使用済み核燃料の最終処分場も必要です。議論してください。
廃炉作業で出る高濃度の放射性廃棄物の最終処分場も必要です。議論してください。

議論した上で、再稼働の話を始めろ!(〃бOб)ノ コラァ〜

絆www宮城県の村井知事、放射性物質を含む指定廃棄物について、「福島県に集約して処理するよう、国に働きかけている」

絆www
指定廃棄物なんか、たいした放射線量じゃないのに。
これじゃ、使用済み核燃料の処分場なんか見つからない。処分場がなければ、原発なんか稼働できない。

ぼくは、福島第一原発近くで指定廃棄物を保管するのは有りだと思っています。
その場合には、双葉町と大熊町には居住できないことをハッキリさせることです。
立地自治体ですから、責任もあるでしょ
東京電力、双葉町と大熊町を破綻処理したら良いと思う。



指定廃棄物の福島集約に難色 12月04日 20時16分魚拓
福島県の内堀知事は、4日、宮城県の村井知事と初めて会談し、この中で村井知事から、放射性物質を含む指定廃棄物について、「福島県に集約して処理するよう、国に働きかけていること」を伝えられ、理解を求められたのに対し、「国の方針通り各県で処分すべきだ」として、受け入れは難しいという考えを示しました。

宮城県の村井知事
放射性物質を含む指定廃棄物について、「福島県に集約して処理するよう、国に働きかけていること」を伝えられ、理解を求めた

福島県の内堀知事
「国の方針通り各県で処分すべきだ」として、受け入れは難しい

内堀知事は、4日午後、就任のあいさつのため宮城県庁を訪れ、宮城県の村井知事と初めて会談しました。
この中で村井知事から、国が各県で処分する方針を示している、放射性物質を含む稲わらなどの指定廃棄物の処分場について、「県民や県議会から、『指定廃棄物を、できれば福島県1か所に集約するように働きかけてはどうか』という声が届いている。
この機会に、そういう話を国としていることをストレートに申し上げたい」と述べ、福島県に集約して処理するよう国に働きかけていることを伝え、理解を求めました。

村井知事
福島県に集約して処理するよう国に働きかけている

これに対し内堀知事は、「国には、『国が定めた方針に沿って、責任を持ってしっかり対応してほしい』と伝えている。その考え方は、福島県の方針としては変わっていない」と述べ、受け入れは難しいという考えを示しました。

内堀知事
受け入れは難しい

会談のあと、内堀知事は「指定廃棄物の処分は、国が定めた基本方針、閣議決定されたものなので、国が責任をもって直接、対応していただきたい」と述べ、他県からの受け入れは難しいとの考えをしました。

内部被曝が止まらない!岩手県と宮城県は福島県より多く内部被曝している。関東地方も福島県の半分以上の内部被曝をしている。

内部被ばくでは、100〜1000倍のリスク
と考えていますから、
マスコミさんや厚生労働省さんとは違う解釈になります。
彼らの基準では、チェルノブイリで健康被害は発生していませんし、日本でも健康被害は発生しません。





国際基準の0.6%以下=食品セシウム推計−厚労省 2013/06/21-18:25
 厚生労働省は21日、福島など13都道府県のスーパーで販売されている食材で放射性セシウムの1年間の内部被ばく線量を推計した結果、国際基準である年間1ミリシーベルトの0.6%以下で、極めて低いと公表した。2012年3〜5月の前回調査では1%未満で、さらに低下した。
 調査は昨年9〜10月実施。セシウムの年推計平均値は、0.0057〜0.0009ミリシーベルト内に収まった。

セシウムの年推計平均値は、0.0057〜0.0009ミリシーベルト
年間0.0057ミリシーベルトは、多いですね。
年間0.0009ミリシーベルトは、どうなんでしょう?わたしには判断出来ません。



元データは厚生労働省ですね。

食品から受ける放射線量の調査結果(平成24年9〜10月調査分)|報道発表資料|厚生労働省
20130622_m01

放射性セシウムと放射性カリウムを比較している時点でデマ確定です。
内部被曝なのですから、違う核種を比較しても意味がありません。

セシウムと健康被害の関連を調査した結果を元資料としてリスクが高いと言っています。
自然放射性物質であるカリウムと健康被害の関連を調査した資料なんて知らないよ。あるのか?


資料 (別添) 食品からの放射性物質の摂取量調査結果(PDF:131KB)
20130622_m11

放射性セシウムと放射性カリウムを比較するな!安全安心デマ野郎 ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!
低下傾向なのは良いことですね。

20130622_m12
ちょっと、衝撃的ですね

北海道 0.0010
岩手 0.0040
宮城 0.0057

福島(浜通り) 0.0018
福島(中通り) 0.0038
福島(会津) 0.0038

栃木 0.0032
茨城 0.0035
埼玉 0.0024
東京 0.0022
神奈川 0.0021

新潟 0.0017
大阪 0.0012
高知 0.0013
長崎 0.0009

岩手県宮城県は福島県より多く内部被曝している。
関東地方も福島県の半分以上の内部被曝をしている。
続きを読む

震災がれき広域処理 : 環境省の広報活動は何だったの??「必要量は半減」「宮城県では1年短縮」

はじめに、がれき焼却は放射性物質の拡散の懸念があり反対です。


利権が絡んでいるという情報もあり 「ああ、やっぱりかあ」と思っていました。
環境省などが広報を盛んに行なっていましたが、必要量も水増しだったのですね。
(ツイッター等の情報で知ってましたが、ブログ記事にはしてなかったので書いておこう)





震災がれき、広域処理の必要量が半減 可燃物の8割は年内終了 2013.1.25 14:38
 環境省は25日、東日本大震災で発生したがれきの処理に関し、被災地以外の自治体で代行する広域処理が必要な量は、従来の約半分の69万トンに減ったと発表した。岩手、宮城両県内で処理できる量を見直したためで、広域処理のうち、両県からの木くずと可燃物の約8割が2013年内に終了する見通しとなった。

昨年の広報活動のときの半分!酷過ぎないか ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!

 広域処理の必要量は昨年11月末時点で136万トンとしていた。被災地で焼却炉の本格稼働が始まり、処理効率が向上したため、広域処理の必要量が減った。

広域処理の必要量が、136万トンから69万トンに減ったという事ですね。
これは、想定できたはずです。

 環境省は今回の見直しで、新たに岩手県の木くずは3月末、同県の可燃物も12月末までに広域処理の作業をほぼ終了できるとした。宮城県は、北九州市などで実施している可燃物の広域処理を3月末で打ち切る方針を表明している。調整中の宮城県の木くず9万トンを除き、両県の可燃物と木くず計35万トンの広域処理は年内に完了する見通しが立ったことになる。

そもそも、北九州まで運んで、がれきを焼却するという発想が理解出来ません。


2週間前の記事:

宮城の可燃がれき広域処理 1年短縮、年度内終了 県方針 2013年01月11日金曜日
 宮城県は10日、東日本大震災で発生した県内のがれきのうち、東京都、北九州市、茨城県に委託している可燃がれきの広域処理を年度内に終了させる方針を決めた。当初、がれき処理完了期限の2013年度末までを予定していたが、可燃がれきの推計量が大幅に圧縮され期限内に完了するめどが立ったため、計画を1年前倒しした。
...以下、参照省略



がれき処理が進むのは良いことですね。手法が間違えていた(いる)と思います。


がれき処理関連で、最近 気になった記事:
静岡市の震災がれき試験焼却で明らかになった 広域処理での放射能拡散増加の可能性 |放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」|ダイヤモンド・オンライン
震災がれき広域処理反対で相次ぐ逮捕 いまだ拘束続く大阪の異常な状況(1)|放射能、アスベスト、有害ゴミ……「環境汚染大国ニッポン」|ダイヤモンド・オンライン
続きを読む

牧草自粛 セシウム新基準値で対応 岩手県13市町村に拡大 宮城県少なくとも10市町


農林水産省:
牧草など牛用飼料の基準値をこれまでの1キログラム当たり300〜5000ベクレルから100ベクレルに減らす



牧草自粛13市町村に拡大 セシウム新基準値で対応 岩手県
---ここから
牧草自粛13市町村に拡大 セシウム新基準値で対応 岩手県

 食品中の放射性セシウムの基準値が4月から厳格化されることを受け、宮城県が畜産農家による牧草利用の自粛を再開し、少なくとも10市町に求めることが22日、分かった。岩手県も自粛対象を現在の4市町から13市町村の一部に拡大する。乳用牛などに与える牧草の基準値も大幅に引き下げられるためで、増加する汚染牧草の処分問題への対応も迫られる。
 厚生労働省が4月からの適用を検討する食品中の放射性セシウムの新基準値案によると、肉や野菜など一般食品は1キログラム当たり500ベクレルから100ベクレル、牛乳は200ベクレルから50ベクレルへと厳格化される。
 農林水産省はこれを受けて3月末までに、牧草など牛用飼料の基準値をこれまでの1キログラム当たり300〜5000ベクレルから100ベクレルに減らすことを決定した。
 2011年産牧草は宮城では昨年9月以降、全県で300ベクレルを下回ったため利用可能とし、岩手は一関市など4市町のみで利用自粛としていた。
 岩手県は21日、新たに盛岡市など9市町村に、新基準値の100ベクレルを超過しているとして自粛を要請。宮城県も「近く、県南を中心に少なくとも10市町に自粛を求める」(畜産課)という。
 新基準値適用で不安視されるのが、増加する汚染牧草の処理。一関市は現在約1600トンを保管しており、この焼却・埋め立てだけでも1年半かかると見込んでいる。
 宮城県の担当者は「汚染牧草がどれぐらいあるのか、把握できていない。焼却したいが、住民の不安の声があり、全く手を付けられないでいる。さらに増えても対処できない」と頭を抱える。
 岩手県内の畜産関係者は「国が牧草の基準値を減らすのはいいが、代替飼料の確保や処分方法まで一体で考えてほしい」と話している。

2012年02月23日木曜日
---ここまで

宮城県 放射性物質 「健康に影響なし」 「100ミリシーベルト以下」 「年間5ミリシーベルト程度」


ヽ(б0бヽ)Ξ(/б0б)/ えー

宮城県の有識者会議の報告書
「100ミリシーベルト以下の低線量被ばくの場合、発がんへの影響は他の要因に隠れるほど小さい」
「福島県境付近の被ばく線量が年間5ミリシーベルト程度である」
「健康に及ぼす影響はない」



放射性物質「健康に影響なし」 県有識者会議が報告書
---ここから
放射性物質「健康に影響なし」 県有識者会議が報告書

 福島第1原発事故で拡散した放射性物質が健康に与える影響を探る宮城県の有識者会議(座長・久道茂県対がん協会長)は14日、「科学的、医学的に健康への悪影響は考えられず、健康調査の必要性はない」とする報告書を公表した。
 丸森町筆甫、耕野両地区で行った甲状腺超音波検査、ホールボディーカウンターによる内部被ばく検査についても「甲状腺がんの心配はなく、食品中の放射性物質も多くの品目で定期的に測定している」と指摘。両検査の継続は不要と判断した。
 報告書は「100ミリシーベルト以下の低線量被ばくの場合、発がんへの影響は他の要因に隠れるほど小さい」とする広島と長崎の原爆被爆者の追跡調査結果を提示。県内で比較的線量が高い福島県境付近の被ばく線量が年間5ミリシーベルト程度であるとして「健康に及ぼす影響はない」と結論づけた。
 健康不安を払拭(ふっしょく)させる対策としては、放射線に関する普及啓発の強化やがん検診の受診勧奨を挙げた。
 報告書は県のホームページ「放射能情報サイトみやぎ」にも掲載した。
2012年02月15日水曜日
---ここまで

航空機モニタリング:福島県・山形県・宮城県・栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県 プラス 東京都・神奈川県

文部科学省(米国エネルギー省との共同を含む)による航空機モニタリング結果 | 文部科学省
文部科学省による東京都及び神奈川県の航空機モニタリングの測定結果について(PDF:1705KB)

土壌汚染
20111006_mext02


空間線量
20111006_mext01



航空機モニタリング
チェルノブイリの避難基準

航空機モニタリング:福島県・山形県・宮城県・栃木県・茨城県・群馬県・埼玉県・千葉県

文部科学省(米国エネルギー省との共同を含む)による航空機モニタリング結果 | 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092917_1.pdf

20110929_mext03



航空機モニタリング
チェルノブイリの避難基準

航空機モニタリング:福島県・栃木県・茨城県・山形県・宮城県

広範囲になってきましたね。


文部科学省(米国エネルギー省との共同を含む)による航空機モニタリング結果 | 文部科学省
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_0912.pdf
20110914_mext


参照:チェルノブイリの避難基準
1480-3700 kBq/m2 Confiscated/Closed Zone(居住禁止区域)
555-1480 kBq/m2 Permanent Control Zone(移住必要区域)
185-555 kBq/m2 Periodic Control Zone(移住権利区域)
37-185 kBq/m2 Unnamed Zone

さだまさしが、教えてくれたから調べてみた^^ 『新燃岳 支援物資 震災 高原町』で検索

さだまさしが、教えてくれたから調べてみた^^

新燃岳支援物資を宮城へ、宮崎・高原町が送る 最新ニュース特集 九州発 YOMIURI ONLINE(読売新聞)

---全文転載
新燃岳支援物資を宮城へ、宮崎・高原町が送る

 霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)の麓にある宮崎県高原町は18日、噴火災害で全国から寄せられた支援物資の一部を宮城県へ送った。

 町では噴火のため町民の一部が避難所で約2週間生活。全国から降灰対策のマスクなどを受け取った。今も噴火は続くが住民に配り終えたため、マスク20万枚、軍手2000組、カイロ1300個、缶入りパン1600缶を送ることにした。

 日高光浩町長は「全国から心温まる支援をいただいた。今度は少しでも早く被災地に届けたい」と話した。

(2011年3月19日 読売新聞)
---転載終わり

宮城へ「新燃」支援物資 宮崎・高原町 マスク20万枚など - 西日本新聞

---全文転載(原記事には、積み込み作業をする町長の写真あり)
宮城へ「新燃」支援物資 宮崎・高原町 マスク20万枚など
2011年3月19日 00:36

 宮崎県高原町は18日、霧島連山・新燃岳(しんもえだけ)の噴火で全国から寄せられた支援物資の一部を東日本大震災被災地の宮城県へ送った。

 支援物資は、マスク20万枚、缶入りパン1600食、使い捨てカイロ1300個、軍手2千組で、これらが入った段ボール約250個を日高光浩町長や職員が陸上自衛隊のトラックに積み込んだ。都城駐屯地などを経由し、陸自の輸送用ヘリコプターなどで空輸されるという。

 日高町長は「新燃岳噴火では全国から心温まる支援をいただいた。被災者に1分、1秒でも早く必要な物資を送るべきだと思った」と話した。

=2011/03/19付 西日本新聞朝刊=
---転載終わり


にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害) 10%割り振り
にほんブログ村 政治・社会問題 30%割り振り
にほんブログ村 時事ニュース 60%割り振り
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード