いるかちゃんの子どもを守れ。反自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!電力自由化と発送電分離で、コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!マスコミの偏った情報を鵜呑みにしないで公平な情報を収集しよう!アメリカのポチのアベ自公政権に鉄槌を下そう!民主主義と立憲主義を取り戻そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

政権公約

安倍政権 「30年代に原発ゼロ」白紙に!? 民主的な手順を踏んだ政府方針を感情的に転換。政権公約も無視。独裁国家に突き進む危険も・・

安倍首相、民主の「30年代に原発ゼロ」白紙に : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
タイトルだけで良いですよね。
他の新聞等では、少しボカした表現になっているかもしれません。


民主的な手順を無視している点

政権公約を破っている点

百歩譲っても、この2つの視点から許されるハズがありません。




民主的な手続きを無視している点

「30年代に原発ゼロ」という方針は、民主党内での話し合いで決まった方針ではありません。

国家戦略室 - 政策 - 革新的エネルギー・環境戦略 - エネルギー・環境会議
20121229_3

30年の原発割合 「0%」、「15%」、「20〜25%」のシナリオを示した上で、
意見聴取会:平成24年7月14日〜8月4日 全国11ヶ所で開催。
パブリックコメント:平成24年7月2日〜8月12日 募集。

約8万9千件のパブリックコメントでは、
30年の原発割合
「0%」が87%
「15%」が1%
「20〜25%」が8%
となっています。(参照


革新的エネルギー・環境戦略(平成24年9月14日エネルギー・環境会議決定)
 ※革新的エネルギー・環境戦略(概要)
20121229_sennryaku


9月19日 閣議決定

追記 2013/1/23 : 閣議決定は後の内閣に引き継がないと考えたほうが良さそうです (参照




政権公約を破っている点

http://jimin.ncss.nifty.com/pdf/seisaku_ichiban24.pdf
20121216_j01
20121216_j02

・3年間、再生可能エネルギーの最大限の導入、省エネの最大限の推進を図る。
・遅くとも10年以内には将来にわたって持続可能な「電源構成のベストミックス」を確立する。

10年以内に、「ベストミックス」を確立するのでしょ。
工程表でも落書きでも良いですから、「ベストミックス」案を見せてください。15日で仕上がるとは仕事が早い。


少なくとも2回の総選挙で、国民が判断するということです。
続きを読む

来年の7月までは、再稼働ナシ : 自民党政権でも、再稼働できないハズ。政権公約的に



各地の原発運転再開 審査は来年7月以降に 12月19日 16時24分
去年3月の原発事故の影響で、各地で運転が止まっている原発について、国の原子力規制委員会の田中俊一委員長は、運転再開を認めるかどうかの審査を始める時期は、早くても新たな安全基準ができる来年7月以降になるという見解を示しました。

田中委員長:
「できるだけ速やかに明確にし、電力会社に対応してもらうよう、基準の議論はすべて公開で行っている」
「法律ができていない段階で、電力会社から運転再開の申請があっても、審査はできないので、どうしても来年7月以降になる」


規制委:「自民圧勝でも安全規制は変わらず」田中委員長 2012年12月19日 21時39分
 原子力規制委員会の田中俊一委員長は19日の記者会見で、原発ゼロに否定的な自民党が衆院選で圧勝したことについて「安全規制を変えるつもりもないし、変わらない」と述べ、独立性を堅持する姿勢を強調した。一方で、「原発の停止を引き延ばすつもりはない。安全基準ができる来年7月以降、速やかに再稼働について審査する」と述べた。

 自民党が政権公約で、原発再稼働について「3年以内に結論を出す」と明記していることについては、「政治家の言っていることだ」とけん制。その上で、「政治は常にいろいろな意見を言うし、その時々で(言い分も)変わる。しかし、それで安全規制が変わるようでは困る」として、科学的根拠に基づいて安全性を判断する姿勢に徹する考えを改めて示した。【中西拓司】

政治とは関係無いですよね。

規制委 問われる覚悟 原発容認 自民政権へ 2012年12月20日 朝刊
 「2030年代に原発ゼロ」を目指した民主党から、原発容認の自民党に政権が移り、原発政策の見直しは避けられない情勢だ。再稼働や廃炉の命運を握る原子力規制委員会の田中俊一委員長は「(政治的な動きの)影響は受けない」と独立性を貫く姿勢を強調したが、推進側からの圧力も予想され、厳しい安全基準による規制を進められるのかが注目される。 (加賀大介)

原発推進派の圧力に負けるな。



自民党政権はどうする?

原子力規制委、政権交代で混乱も? 委員人事の国会同意控え独立性保てるか 2012.12.19 00:00
 原発の安全審査を担う原子力規制委員会(田中俊一委員長)は19日で発足から3カ月となる。原発存続を否定しない自民党が衆院選で圧勝したことで、廃炉の要求も辞さない厳しい姿勢での安全審査が今後も進められるか注目される。規制委は政治からの独立性と透明性を掲げて設置しており政治の影響を受けることはないとみられるが、先延ばしにされている5人の委員の国会同意人事を控えており、人事をめぐって混乱する可能性も否定できない。

国会同意人事が焦点ですね。

 政治家主導による規制機関を目指した民主党政権が、独立性の高い国家行政組織法第3条に基づく「三条委員会」の設置を求めた自民、公明案を丸のみして設置した経緯がある。政治的に独立させた組織のため、政治判断で再稼働をさせようとしても、規制委の判断を軽視できない。このため、政権交代による影響は少ないとの見方は強い。

おお、自民党と公明党の案で、政治的独立性が高い「三条委員会」になったのですね。
政権を取ったからといって、再稼働を急がせるような政治的圧力を掛けることは無いですね。だぶん



自民党の政権公約:
2012年12月16日22:05 原発政策の論点は「未来の党」も「自民党」も似たようなものとの指摘 : 国民の監視を継続!簡単に再稼働できるような政権公約ではない。
独立した規制委員会による専門的判断をいかなる事情よりも優先する。



おまけ:

続きを読む

【日本維新の会】【動画】政権公約発表 : 石原慎太郎代表と橋下徹代表代行の説明 全動画

特にコメントはありません。ご自身で投票等の判断にお使いください。


石原 橋下維新の会11/29【全】




参考ブログ記事:
2012年11月15日10:18 【民主党】「2030年代に原発稼働ゼロ」という方針は、実は「30年に原発依存度15%」というシナリオだった。
官僚は、既に2030年に原発依存度15%というシナリオを作成しています。政治判断は・・
・2012年09月16日02:00 マスコミはβακα?..._φ( ̄  ̄|||) : 2030年(20年後)の電気料金は、 原発ゼロで2倍、 原発維持で1.8倍。 が正解です。
複数のシンクタンクが、原発0%・原発15%・原発20〜25%の試算をしています。政治判断は・・
続きを読む
クリックしてね!ランクアップしたいぃ



ブログランキングならblogram

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


いるかちゃん | バナーを作成
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード