暗い年の瀬 : 政府、特定避難勧奨地点を解除強行!南相馬市では対象の住民のほとんどが解除に反対

どさくさ紛れにやるのが安倍政権の体質
汚いネ



政府、特定避難勧奨地点を解除 福島・南相馬市で 2014年12月28日 00時42分
 政府の原子力災害現地対策本部は28日、東京電力福島第1原発事故に伴い、放射線量が局所的に高い「ホットスポット」として福島県南相馬市に指定した特定避難勧奨地点142地点(152世帯)の指定を解除した。

福島県南相馬市に指定した特定避難勧奨地点142地点(152世帯)の指定を解除

 避難勧奨地点は2011年6月以降、福島県の伊達市や川内村、南相馬市に指定されたが、12年12月に伊達市と川内村は解除されており今回、避難勧奨地点は全てなくなる。南相馬市では対象の住民のほとんどが解除に反対しており、住民理解が得られないままの強行となった。

今回、避難勧奨地点は全てなくなる

南相馬市では対象の住民のほとんどが解除に反対しており、住民理解が得られないままの強行



20141228_K10043415711_1412281221_1412281223_01
福島の「特定避難勧奨地点」すべて解除 12月28日 12時15分魚拓
原発事故の影響で放射線量が局地的に高く、政府が避難を促していた「特定避難勧奨地点」で、最後まで指定されていた福島県南相馬市の152世帯について、28日、放射線量が基準を下回ったなどとして指定が解除されました。
これで「特定避難勧奨地点」はすべてなくなりました。

これで「特定避難勧奨地点」はすべてなくなりました。

見せかけの復興ですね

「特定避難勧奨地点」は、避難区域とは別に、放射線量が局地的に高く住民に避難を促す場所で、政府が世帯ごとに指定したあと徐々に解除していて、南相馬市の152世帯だけが指定されていました。こうした世帯について、政府は、除染作業を行うなどした結果、各世帯の放射線量が基準を下回ったとして、28日午前0時に指定を解除しました。
これで「特定避難勧奨地点」はすべてなくなりました。

これで「特定避難勧奨地点」はすべてなくなりました。

そもそも、避難勧奨地点などというものが誤魔化しです。
住宅ごとに避難するか?しないか?決める方がおかしいい。その地域は汚染地域です。
近所で避難したりしなかったりする住民がいたら納得出来ないでしょ。住民分断の悪い政治

ただ、南相馬市によりますと、指定されていた世帯の住民のおよそ8割が避難を続けていて、放射線への不安も根強いため、今後も自宅に戻らない住民が多いということです。

住民は明確に避難勧奨地点解除に反対しています。

地元テレビなどでは、解除の撤回を求める運動が始まる気配もありますね。暗い年の瀬になりました。

このうち、南相馬市の仮設住宅に避難している佐藤勝治さん(79)の自宅も指定が解除されましたが、佐藤さんは自宅の隣の畑で除染が行われていないなどとして、当面は仮設住宅での暮らしを続けることにしています。
佐藤さんは「指定を解除されたが、きのうもきょうも変わりはない。震災前には一緒に暮らしていた孫が小学1年生になったが、自宅の周りは今も放射線量が高く、避難先から遊びに連れてくることもできない。周辺も含めて除染し、安心して住めるようにしてもらいたい」と話していました。

南相馬市の仮設住宅に避難している佐藤勝治さん(79) 当面は仮設住宅での暮らしを続ける
「指定を解除されたが、きのうもきょうも変わりはない。震災前には一緒に暮らしていた孫が小学1年生になったが、自宅の周りは今も放射線量が高く、避難先から遊びに連れてくることもできない。周辺も含めて除染し、安心して住めるようにしてもらいたい」

また、現在、東京電力から支払われている1人当たり月10万円の精神的賠償については、国の指針に基づいて来年3月まで支払われることになっています。

東京電力から支払われている1人当たり月10万円の精神的賠償については、国の指針に基づいて来年3月まで支払われる

物は言い様ですね。3ヶ月後に賠償打ち切りです。しかも、突然、解除を強行した結果です。

年間積算線量が20ミリシーベルトが基準です。

緊急時なんですね!馬鹿か!安倍政権