いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

村井嘉浩知事

女川原発(宮城県)の点検記録不備、1号機102件 2号機4188件 3号機372件 : 村井嘉浩知事としては、再稼働は「立地自治体の判断で十分」なんだって

お粗末すぎて、あれ



女川1、3号機も点検不備=東北電 2015/05/13-16:48
 東北電力は13日、東日本大震災で被災した女川原発(宮城県)の1、3号機で、点検記録の記載漏れなどの不備が計474件あったと発表した。これまでに2号機で4188件の不備が発覚しており、同社は点検記録のチェック体制を強化し、再発防止に取り組む方針。
 内訳は1号機が102件、3号機が372件。点検記録の記載漏れが計274件と最も多く、実在しない箇所を点検済みとしたケースも計22件あった。

東北電力も潰そう。てか、原発廃炉なら債務超過で潰れそうなんでしょ?



女川原発1・3号機でも400件余の不備見つかる 5月13日 18時40分
東北電力女川原子力発電所の2号機で、実際には存在しない機器を点検したとするなどの不備が4000件余り見つかった問題で、東北電力は、1号機と3号機でも合わせて400件余りの不備があったと発表しました。

まあ、2号機だけが不備ということはないわな。ん?1号機と3号機は少ないね?何かした??

この問題は、女川原子力発電所の2号機で去年9月、原子力規制庁が定期的に行う保安検査で、実際には存在しない機器を点検したと記録したり、記録の訂正を誤った方法で修正したりする記録の不備が4000件余り見つかり、原子力規制委員会は安全確保の取り組みを定めた保安規定に違反しているとして再発防止を求めました。
これを受けて、東北電力は、1号機と3号機についても調べた結果、同じような不備が合わせて474件見つかり、原子力規制庁に報告しました。

んー、2号機に比べて少ないよね。なぜ?

東北電力は、記録の不備を受けて、点検の方法を周知する部門と点検を客観的にチェックする監査部門に、新たに責任者を配置するなどの再発防止策を来年度までに行うことにしています。
東北電力の小笠原和徳原子力運営課長は「点検を行いながらミスに気付き、修正できなかったことを反省している。ただし、原発の再稼働とは直接関係する問題ではなく、審査にしっかりと対応して再稼働につなげたい」と話していました。




先月の記事

<女川再稼働>知事「立地自治体の判断で十分」 2015年04月28日
 東北電力女川原発(女川町、石巻市)の半径30キロ圏の登米、東松島、涌谷、美里、南三陸5市町と、東北電が締結した原子力安全協定に立地自治体並みの権限が盛り込まれなかったことをめぐり、村井嘉浩知事は27日の定例記者会見で「(再稼働に必要な地元同意は)立地自治体の判断で十分だと思う」と述べ、従来の考えを繰り返した。
 原発から30キロ圏は東京電力福島第1原発事故後、重大事故に備える防災重点区域「緊急防護措置区域(UPZ)」に含まれた。
 地元同意の範囲について村井知事は「線引きにUPZ圏も含めると、外側に際限なく広がっていく。原発に一番近い立地自治体は最も危機感を持つ。その意見を聞けば周囲の考えも十分反映できる」と説明した。
 女川原発の再稼働の是非については「まったくの白紙」と強調。「まずは国が再稼働させる原発に女川を位置付けるかどうか。地元で同意するかどうかは、有識者検討会の結果を見ながら石巻市や女川町と調整して判断するが、その段階に至っていない」と語った。




[PR : エアカウンターS 一家に一台放射能測定器は必需品ですね。いるかちゃんだよーキュンキュン]

宮城県<指定廃棄物>栗原市長「県外処理あり得ぬ」 : 村井嘉浩知事、県議会会派「自民党・県民会議」の有志が旗揚げした「考える会」は、福島に集約を

2014年12月04日21:04 絆www宮城県の村井知事、放射性物質を含む指定廃棄物について、「福島県に集約して処理するよう、国に働きかけている」

自民党は福島を何だと思ってるんだ!総裁出て来い!



<指定廃棄物>栗原市長「県外処理あり得ぬ」 2015年01月08日
 佐藤勇栗原市長は7日の定例記者会見で、福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物を県外で処理する意見について「あり得ない話だと思う」と述べ、現実的ではないとの認識を示した。

佐藤勇栗原市長
福島第1原発事故で発生した放射性物質を含む指定廃棄物を県外で処理する意見について
「あり得ない話だと思う」

当たり前です。

 県外処理を主張する県議らが福島への集約を念頭に置いていることを踏まえ「福島の人たちが許すか。私が福島県民だったら怒る。原発の受益者は東京など関東の人たち。こっち(東北)は被害者だ」と強調した。

県外処理を主張する県議らが福島への集約を念頭に置いていることを踏まえ
「福島の人たちが許すか。私が福島県民だったら怒る。原発の受益者は東京など関東の人たち。こっち(東北)は被害者だ」

宮城県に宣戦布告したいくらいだ。こっちは、放射性物質が豊富にあるんだぞ。戦うか?

 村井嘉浩知事は、県外集約の選択肢を検討するよう国に要求。県議会会派「自民党・県民会議」の有志が旗揚げした「考える会」は、指定廃棄物を各県内で処理すると定めた国の基本方針の見直しを求めている。

村井嘉浩知事
県議会会派「自民党・県民会議」の有志が旗揚げした「考える会」

バカタレ共が ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!

 佐藤市長は「最終的にどうするかは国の責任。放射性物質汚染対処特措法と、それに基づく国の基本方針見直しを機に、国会で議論するのも一つの方法だと思っている」と述べるにとどめた。


福島に造るのは中間貯蔵施設ですから、最終貯蔵施設の議論を始めるべきです。
超高濃度の使用済み核燃料の最終処分場も必要です。議論してください。
廃炉作業で出る高濃度の放射性廃棄物の最終処分場も必要です。議論してください。

議論した上で、再稼働の話を始めろ!(〃бOб)ノ コラァ〜
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード