いるかちゃんの子どもを守れ。反自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!電力自由化と発送電分離で、コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!マスコミの偏った情報を鵜呑みにしないで公平な情報を収集しよう!アメリカのポチのアベ自公政権に鉄槌を下そう!民主主義と立憲主義を取り戻そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

核燃サイクル

破綻してる核燃サイクルの金食い虫!原発利権の象徴 : 「もんじゅ」巡り 原子力規制委が聴取

百人寄れば文殊の知恵 というけれど

近未来の用語辞典
もんじゅ : 集団無責任体制で決断ができない様。詭弁による無駄遣い。金食い虫。
とかに、なるんじゃね?




「もんじゅ」巡り 原子力規制委が聴取 NHKニュース 10月21日 12時58分(魚拓)
20151021-K10010277341_1510211307_1510211309_01_03

大量の点検漏れなどで事実上の試験運転の禁止命令を受けている福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」を巡り、原子力規制委員会は、監督官庁の文部科学省から事業者の組織運営などについて説明を聞きました。委員からは「実態が全く改善していない」といった厳しい意見が相次ぎ、今後も議論することになりました。

文部科学省っていう名称が皮肉だよね。科学音痴ww

高速増殖炉「もんじゅ」は、大量の点検漏れが見つかり、おととし、原子力規制委員会が事実上、試験運転を禁止する命令を出すとともに、文部科学省が事業者の日本原子力研究開発機構の組織改革を指導してきました。
しかし、その後も安全管理上の問題が相次いだため、規制委員会は文部科学省の幹部から説明を聞きました。この中で文部科学省の田中正朗研究開発局長は「改善は着実に前進しているが、根本的な見直しまで十分手が回っていない」と述べました。そのうえで、もんじゅの運営については「膨大な研究成果が蓄積されている」などとして、今後も原子力機構に任せるべきだという考えを示しました。

文部科学省の田中正朗研究開発局長
「改善は着実に前進しているが、根本的な見直しまで十分手が回っていない」
「膨大な研究成果が蓄積されている」

改善して、これか!w
必要のない膨大な研究成果の値段はいくらなの?目が飛び出しそうなんだろうな


これに対して、田中知委員は「ナトリウム漏れ事故から20年たつのに、依然として問題が根深く存在している。安全管理は及第点に達しておらず、今後、同じような対応をしても成果を期待するのは無理があるのではないか」と指摘しました。
田中俊一委員長も「文部科学省は最善の努力をしているのは理解できるが、実態が全く改善していない。原子力機構がもんじゅを運転管理する実施主体として適合しているのか、根本的な疑問を持たざるをえない」と述べました。厳しい意見はほかの委員からも相次ぎ、21日の説明だけでは納得が得られないとして、今後も議論する考えを示しました。
規制委員会は来月、原子力機構の児玉敏雄理事長からも組織の改革などについて、聞き取りを行うことにしています。

田中知委員
「ナトリウム漏れ事故から20年たつのに、依然として問題が根深く存在している。安全管理は及第点に達しておらず、今後、同じような対応をしても成果を期待するのは無理があるのではないか」

田中俊一委員長
「文部科学省は最善の努力をしているのは理解できるが、実態が全く改善していない。原子力機構がもんじゅを運転管理する実施主体として適合しているのか、根本的な疑問を持たざるをえない」

田中俊一さん、わりと凄いことを言ってるね(笑)
文部科学省は最善の努力→実態が全く改善していない つまり、文部科学省は無能という意味でしょ


文部科学省 これまでの対応は
高速増殖炉「もんじゅ」の事業者、日本原子力研究開発機構を監督する文部科学省は、組織の抜本的な改革を指導してきました。
「もんじゅ」の大量の点検漏れなどを受け、文部科学省はおととし5月、「原子力機構改革本部」を設置したのに続き、その年の11月には、組織改革の指導や監視を行う「もんじゅ改革推進本部」を設置しました。さらに去年4月には、「もんじゅ改革監」という役職を設け、審議官クラスの職員を現地に常駐させるという異例の監視強化に乗り出しています。ことし3月、文部科学省は原子力機構からもんじゅを理事長直轄とし、運転と保守管理に専念させるなど、管理体制を強化する組織改革を行ったと報告を受けました。
その改革ができているか、文部科学省はその後も原子力機構から聞き取りなどを行っているとしています。しかし、その後も、もんじゅでは点検の方法や計画に不備が見つかるなど、安全管理上の問題が相次ぎ、規制委員会は文部科学省の幹部を呼んで、効果的な指導ができているかや、もんじゅの運営を今後も原子力機構に任せることが適切かについて、説明を聞くとしていました。

原発は安いんでしょ
原発を保有している大手電力会社にやらせろよ。国費を使うな


「納得したわけでなく何らかの措置必要」
文部科学省の幹部から説明を聞いたあとの会見で、原子力規制委員会の田中委員長は、今後のもんじゅへの対応について、「今の段階では何も決めてないが、きょうの文部科学省の説明で納得したわけではないので、何らかの措置は必要だ」と述べました。
設置許可の取り消しも含めてさまざまな選択肢を排除しないということかと問われると、「法律上、そういう立てつけになっているので排除しない。大事なのは、安全の確保が十分確認できるかで、そこの視点が最も重要だ」と述べました。国のエネルギー基本計画でもんじゅの研究を推進するとしていることについては、「エネルギー基本計画の政策があるから安全をないがしろにしてよいという判断はできないし、するつもりもない」と述べました。




[PR : [TARO WORKS] スマホ 車載ホルダー iPhone GALAXY 専用 360度回転 真空吸盤式 携帯 フォルダー 格 スマートフォン 対応 ブラック 黒 スマホの固定に]

<原発中間整理>核燃サイクルに苦言続出 : 破綻してるのに、まだ議論してるの?ヒマなんだね

トイレのないマンションのに原発関係者を住まわそうよw
てか、霞ヶ関のトイレ撤去ww




<原発中間整理>核燃サイクルに苦言続出 2014年12月25日木曜日
 経済産業省の総合資源エネルギー調査会原子力小委員会は、24日の「中間整理」の取りまとめで議論を実質的に終えた。会合では委員から核燃料サイクルへの苦言や注文が最後まで相次いだ。

経済産業省の総合資源エネルギー調査会原子力小委員会「中間整理」
会合では委員から核燃料サイクルへの苦言や注文が最後まで相次いだ

 増田寛也元総務相は、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の完工時期が10月に22回目の延期となった点を「あってはならない。今後も許しては駄目だ」と批判。「明らかにおかしなことを一つ一つ検証することが必要」と強調した。
 山名元・京大原子炉実験所教授は「(再処理から高レベル放射性廃棄物最終処分までの)バックエンドなどの各論は審議できなかった。突っ込んだ議論が必要だ」と指摘。服部拓也日本原子力産業協会理事長は「サイクルへの海外の関心が非常に高い」として中間整理の英訳版作成を求めた。

増田寛也元総務相
使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の完工時期が10月に22回目の延期となった点
「あってはならない。今後も許しては駄目だ」
「明らかにおかしなことを一つ一つ検証することが必要」

再処理はしないほうが良いんだよ。危険じゃん

山名元・京大原子炉実験所教授
「(再処理から高レベル放射性廃棄物最終処分までの)バックエンドなどの各論は審議できなかった。突っ込んだ議論が必要だ」

服部拓也日本原子力産業協会理事長
「サイクルへの海外の関心が非常に高い」として中間整理の英訳版作成を求めた

海外は日本の核武装を心配してるんですね。わかります

 抽象的な文言が目立つ中間整理の中で、再処理事業に対する電力会社の負担は、従来の積立金方式から拠出金方式に変更する具体的提言を盛り込んだ。吉岡斉九大教授は「拠出金を支払う枠組みが決まっただけで、ほかは(政府が4月に閣議決定した)エネルギー基本計画とあまり変わらない」と不満を述べた。

吉岡斉九大教授
「拠出金を支払う枠組みが決まっただけで、ほかは(政府が4月に閣議決定した)エネルギー基本計画とあまり変わらない」

 電源開発大間原発(青森県大間町)などから出る使用済みMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料の処理はエネルギー基本計画で言及がなかったが、中間整理は「処理技術の確立に取り組む」と踏み込んだ。伴英幸原子力資料情報室共同代表は「小委員会での議論もなく記載された」と不快感を示した。

電源開発大間原発(青森県大間町)などから出る使用済みMOX(プルトニウム・ウラン混合酸化物)燃料の処理はエネルギー基本計画で言及がなかったが、中間整理は「処理技術の確立に取り組む」と踏み込んだ

伴英幸原子力資料情報室共同代表
「小委員会での議論もなく記載された」と不快感



もう、安倍政権の暴走が始まってるんですね。
原発を動かすのが目的と化しています。エネルギー源なんて何でも良いのにね。

狂気の沙汰ですね。核燃サイクルを維持する=原爆の製造能力を維持することだけが目的の大間原発です。軍事立国を目指すなら必要な原発。

大間原発はフルMOX燃料ですね。福島第1原発では3号機が一部MOX燃料を使用していました。

MOX燃料とはhttp://www.jnfl.co.jp/business-cycle/mox/about-mox.html
20141114_XX


MOX燃料はプルトニウムを消費するための燃料であり、それが、大間原発です。

MOX燃料を活用する核燃サイクルを放棄するとどうなるでしょう?
日本は、原発とは関係ない大量なプルトニウム保有国になります。
今の技術では、ほぼ原爆の材料であり、日本には核兵器開発の技術もあります。ロケットもある。
核兵器を製造するつもりはないと世界にアピールするためには、核燃サイクルを放棄できない状態です。
保守派の一部は核兵器を製造する技術を保持したいと考えています。製造可能なだけで威嚇になります。





大間原発:函館市が反発 「21年度稼働」Jパワー表明 毎日新聞 2014年11月13日 22時15分(最終更新 11月13日 22時29分)
 Jパワー(電源開発)は13日、青森県大間町で建設している大間原発の運転開始時期について、同町や津軽海峡を挟んだ30キロ圏の北海道函館市などに2021年度中を目指すと初めて表明した。同社は地震・津波対策を強化すると説明したが、建設差し止めを求めて係争中の函館市は「従来の基準はでたらめだったことが分かった」と強く反発した。

Jパワー(電源開発)
青森県大間町で建設している大間原発
運転開始時期について、同町や津軽海峡を挟んだ30キロ圏の北海道函館市などに2021年度中を目指す

建設差し止めを求めて係争中の函館市
「従来の基準はでたらめだったことが分かった」と強く反発

大間のマグロ食いてーなー

 大間町と青森県には同社の北村雅良社長が訪問。函館市には浦島彰人常務らが説明に訪れた。

 同社によると、耐震設計で想定する最大の揺れ「基準地震動」を現在の450ガルから650ガルに引き上げ、最大の津波の高さ「基準津波」も4.4メートルから6.3メートルに見直す。これまで「未定」としていた原発の完成時期は「20年12月」とし、年内にも原子力規制委員会に安全審査を申請する。

年内にも原子力規制委員会に安全審査を申請

 函館市の工藤寿樹市長は、同社の説明後に記者会見し「今の基準に合うよう変えたというが、何を今更と言うほかない」と述べた。また津軽海峡は国際海峡のため外国船が頻繁に通過すると指摘。「テロ対策として占拠される場合を想定していない。あんな場所に(原発を)造る国はほかにない。クレージー」と激しい表現で批判した。

函館市の工藤寿樹市長
「今の基準に合うよう変えたというが、何を今更と言うほかない」
また津軽海峡は国際海峡のため外国船が頻繁に通過すると指摘。「テロ対策として占拠される場合を想定していない。あんな場所に(原発を)造る国はほかにない。クレージー」

 同原発は、使用済み核燃料の再処理で取り出したプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を全炉心で使う世界初の「フルMOX」商業炉。08年に着工し、東日本大震災後に工事を一時中断したが、12年10月に再開した。【鈴木勝一、森健太郎】






大間原発、21年度運転開始 電源開発提示 2014年11月14日
 電源開発(Jパワー)の北村雅良社長は13日、青森県大間町や県庁などを訪れ、同町に建設中の大間原発(出力138万3000キロワット)の運転開始時期が2021年度ごろになるとの見通しを明らかにした。原発の新規制基準への適合性審査(安全審査)を年内に申請する。

運転開始時期が2021年度ごろ
原発の新規制基準への適合性審査(安全審査)を年内に申請

 同原発は全炉心でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使える世界初の商業炉で、審査期間を約1年と想定。新基準が設置を求めるテロ対策などのための特定重大事故対処施設を15年11月に着工し、20年12月に全ての工事が完了するとの工程を示した。その後、燃料集合体を原子炉に装荷して行う負荷試験など使用前検査に約1年を要すると見込んだ。

全炉心でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使える世界初の商業炉

 同原発をめぐっては、北海道函館市が国やJパワーを相手に建設中止などを求める訴訟を起こしている。北村社長は取材に「燃料を装荷するまでには関係自治体と協定を結んでいく。函館市も関係するエリアであり、ルールなりガイドラインなり何らかの形で互いに合意できる方法を考えたい」と述べた。
 一方、函館市の工藤寿樹市長は市役所で記者会見し「根本的な(安全面の)疑問に何ら答えず、都合のいい対策を持ってきただけだ」と批判した。函館市にも、同社役員が訪れて説明した。

北村社長
「燃料を装荷するまでには関係自治体と協定を結んでいく。函館市も関係するエリアであり、ルールなりガイドラインなり何らかの形で互いに合意できる方法を考えたい」

函館市の工藤寿樹市長
「根本的な(安全面の)疑問に何ら答えず、都合のいい対策を持ってきただけだ」と批判

 同社によると、申請に向け、耐震設計の前提となる基準地震動は従来の450ガルから650ガルに引き上げ、想定する津波の高さも海抜4.4メートルから6.3メートルに見直した。新規制基準に対応するための追加工事費用は約1300億円の見通し。
 北村社長は三村申吾青森県知事と県庁で面会し、「より優れた安全技術を積極的に導入していきたい」と説明。三村知事は「国の基準を満たすだけでなく、安全性向上に必要な対策に自らの責任と使命感を持って取り組んでほしい」と求めた。

北村社長
「より優れた安全技術を積極的に導入していきたい」

三村知事
「国の基準を満たすだけでなく、安全性向上に必要な対策に自らの責任と使命感を持って取り組んでほしい」

原燃の認可法人化検討 政府 核燃サイクル延命図る



原燃の認可法人化検討 政府 核燃サイクル延命図る 2014年9月14日
 核燃料サイクルを担う日本原燃(青森県六ケ所村)について、電力会社が出資する株式会社から、政府が認可し民間企業の拠出金で事業を行う「認可法人」への変更を、政府が検討していることが十三日、分かった。

電力会社が出資する株式会社
から
政府が認可し民間企業の拠出金で事業を行う「認可法人」への変更を、政府が検討

姑息な。だから保守は嫌いだ

 電力自由化でサイクル事業存続に影響が出かねないため、国の関与を強めて維持を図る狙いだが、国営化は選択しない方針。

国の関与を強めて維持を図る狙い

核燃サイクル延命など許せません

 十六日の総合資源エネルギー調査会原子力小委員会で議論を本格化させる。二〇一五年の通常国会での改正電気事業法案提出までに、政府は方向性を示したい考えだ。
 ただサイクル事業は費用が巨額で核兵器に転用可能なプルトニウムを扱うため、曲折も予想される。

サイクル事業は費用が巨額
核兵器に転用可能なプルトニウムを扱う

日本の保守は核装備したいんだよ。
少なくても、すぐに核装備できる技術とプルトニウムを保有する理由が必要。
続きを読む
クリックしてね!ランクアップしたいぃ



ブログランキングならblogram

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


いるかちゃん | バナーを作成
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード