いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

核燃料プール

地震でボロボロ : 5Fの核燃料プールの水が4Fに漏れた説

ICの配管が壊れた説は保留かなあ
5Fの核燃料プールの水が4Fに漏れた説

結局、地震でボロボロ


20130618_dst13061721120007-n1
福島第1原発1号機、出水は燃料プールから 規制委、地震での配管破損否定 2013.6.17 21:10
 原子力規制委員会は17日、東京電力福島第1原発事故時に1号機の「非常用復水器(IC)」の配管付近であった出水は、ICが地震で破損したために起きたものではないとする見解を示した。国会の事故調査委員会はICの配管が地震で破損した可能性があると指摘していたが、規制委はこれを否定した。

(¬、¬) アヤシイ

 ICは1号機4階にあり、平成23年3月11日の地震後の津波が来る前、現場にいた作業員が南側の壁付近から水が落ちてくるのを目撃。周辺にはICの配管があるため、地震で配管が破損した可能性があるとされていた。

うん。

 規制委は現地調査し出水を目撃した作業員から当時の状況について聴取。作業員は、「バケツの水をバッとまいた感じだった」などと説明したという。

 規制委によると、現地調査ではICの配管に明らかな破損は見つからなかった。また、ICの配管内は水蒸気で満たされているはずで、配管が破損していれば、「バケツの水のような出水でなく、霧状になっていたはず」などとした。

そうなの?

 その上で、1つ上の階にある燃料貯蔵プールの水面が、地震の影響で揺れ、蒸気の吸い込み口に水が入り、4階の空気ダクトにまで流入。ダクトにあった隙間から出水した可能性が高いと判断した。

 東電のこれまでの主張と同様の見解で、専門家からも特段の異論は出なかったが、「プールの水がダクトに流れ込んだ際、破損して水が漏れるかを実験などで検証すべきだ」といった意見が出た。

 ICは事故時に原子炉を冷却するための重要機器。地震で壊れたとなれば、従来の耐震設計に問題があったことになり、他の原発にも影響が及ぶ可能性があった。規制委は先月31日に現地調査していた。

ICの配管をもっと調べるべきですよね。手抜きと言わざるを得ない



福島1号機水漏れ:「使用済み核燃プールから」 規制委 2013年06月17日 20時23分
 原子力規制委員会は17日、東京電力福島第1原発事故の原因を分析する検討会を開き、作業員が「震災直後に水が噴出していた」と証言した1号機原子炉建屋4階の水漏れについて、「5階の使用済み核燃料プールが水源の可能性が高い」と推定した。緊急時に原子炉を冷却する「非常用復水器(IC)」が地震の揺れで破損したかは引き続き議論する。

引き続き議論する。
引き続き議論する。
引き続き議論する。

 ICについては、証言を基に破損の可能性を指摘した国会事故調と政府事故調で見解が分かれている。

 規制委は5月30、31両日に現地調査した。当時の作業員への聞き取りや配管の破損状況の調査、プールの水が地震で揺れる様子などの分析から、水漏れはプールの水が揺れであふれ、空調ダクトを経て4階に漏れた可能性が高いと推定した。

推定した。

断定はできないということですね。

 規制委は、4号機の水素爆発の原因を調べるため、7月までに現地調査を行う方針も示した。【鳥井真平】

続きを読む

東電の広瀬直己社長の謝罪なし!?電源工事の最中にネズミが入って大規模停電事故を起こして核燃料プールの冷却が止まった東京電力本社

オカシイなあ?わたしのニュース検索能力が低いのか?東電社長が雲隠れしています。



東電本社としての謝罪:

見つからないので、コメントできません。


東電の部門の謝罪:

東電の体質変わらず 福島第1原発停電の3時間後に公表、謝罪もほとんどなく 2013年3月20日06時04分
 不安が広がる地元住民などへの謝罪の言葉は、ほとんどなかった。午前10時から行われた1回目の会見。尾野昌之原子力・立地本部長代理は「まず、発生の状況ですが…」と切り出した。住民感情を考えても、まずは謝罪をするのが“常識”。だが、約2時間に及んだ会見終盤にやっと「ご心配をおかけして大変申し訳ない」と短く述べただけだった。

原子力・立地本部長代理が、申し訳程度に謝罪らしき言葉。

 さらに、午後4時30分から行われた2回目の会見でも、尾野氏は自らは謝罪を口にしなかった。報道陣から「午前の会見では一般の人たちへの反省、謝罪の言葉が一言ぐらいしかなかったが」と話が振られた後に「ご心配をおかけしていることには申し訳ないと思っております。現在、復旧に万全を尽くしておりまして、何とぞご理解いただきたい」と淡々と述べた。

報道陣の質問に答える形で、原子力・立地本部長代理が謝罪。

小動物、巨大システム“食う” 東電側が初謝罪 2013.3.22 00:20
 東京電力福島第1原発で停電が発生し、燃料貯蔵プールの冷却装置などが最大で約29時間停止した問題で、東京電力福島復興本社の石崎芳行代表が21日、福島県庁で記者会見し、「大変な心配と迷惑をお掛けし、深くおわびする。一日も早く原因を究明し、対策を講じる」と謝罪した。

東京電力福島復興本社の石崎芳行代表が謝罪。

本社という名前が付いていますが、東電の福島分室のようなものですよねぇ。
東電本社の分室なら、格下の下部組織の責任者の謝罪になります。
東電本社と同格なら、東電本社からの謝罪は無いことになります。


(〃бOб)ノ コラァ〜 広瀬社長!出てこ〜い!!
続きを読む

4号機の”使用済み”核燃料プール:「スキマサージタンク」の水位低下


念のために、警戒


「スキマサージタンク」はココ
20120102_image1440


参考:
核燃料プール
4号機の”使用済み”核燃料プールには、使用済み・使用中・新燃料を合計して1535体の燃料集合体があります。


プール冷却の配管で漏れか 福島第1原発4号機 - 47NEWS(よんななニュース)
---全文転載
プール冷却の配管で漏れか 福島第1原発4号機

 東京電力は1日、福島第1原発4号機の使用済み燃料プールの循環冷却に使っている配管から水漏れが起きている可能性があると発表した。プールの水位に変化はなく冷却を続けている。

 プールからあふれた水がたまる「スキマーサージタンク」の水位が、同日午後2〜5時に毎時約8センチ下がった。これまでも主に自然蒸発で水位は下がっていたが、毎時1・7センチ程度だった。

 水は、このタンクから配管を通って熱や不純物が取り除かれ、再びプールに戻る。東電は、配管の接続箇所などで漏れが起きたとみて原因を調査している。

2012/01/02 00:38 【共同通信】
---転載終わり

福島第1原発:4号機爆発、水の放射線分解も一因か

(*б゛б)ウーン・・・ 核燃料プールを疑うのが普通だと思うのですが、、素人的にはNE!!


この核燃料プールですが、
783体 使用済み燃料
548体 定期検査のために原子炉から取り出した使用中燃料
204体 新燃料
が入っています。(参照心配ですNE!!


20110914_4

福島第1原発:4号機爆発、水の放射線分解も一因か - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
福島第1原発:4号機爆発、水の放射線分解も一因か
2011年9月13日 20時35分 更新:9月13日 20時46分

 東京電力福島第1原発4号機で起きた原子炉建屋の爆発について、沸騰した使用済み核燃料プール内で、水の放射線分解が進んで、水素が大量発生したことが一因との分析を、東京大や日本原子力研究開発機構のチームがまとめた。放射線は、水を水素などに分解する。19日から北九州市で始まる日本原子力学会で発表する。

 4号機のプールには、事故を起こした1〜4号機の中で最も多い1535本の燃料棒が入っていた。東日本大震災発生当時、定期検査で運転停止していたが、津波で電源を喪失。冷却機能が失われ、地震発生から4日後の3月15日に爆発した。

 水素爆発を起こした1、3号機では原子炉内にあった燃料棒が損傷し水素が発生したとされるが、4号機の燃料棒に目立った損傷はなかった。東電は排気筒を共有する3号機から水素が流入して、4号機の水素爆発にいたったと推定している。

 しかし、チームは3号機と4号機の爆発に約20時間の差があることに注目し、他の要因があると推測。フラスコ内の水を室温、97度、沸騰状態の3段階にして、放射線を照射。発生した水素の濃度を調べたところ、97度で室温の1.5倍、沸騰状態で100倍となることが分かった。

 水素は空気中の濃度が4%を超えると爆発の危険性が出てくる。建物上部にたまった水蒸気は壁で冷やされて水に戻るが、水素は気体のままで空気中に占める割合が高まったとみられる。

 チームの勝村庸介・東大教授(放射線化学)は「3号機からの流入に加え、放射線分解が重なったのではないか。今後、実際の原子炉建屋やプールの規模で起こるのかを検証したい」と話す。

 東電は「理屈上はありうるが、爆発させるほど水素が大量発生するかどうかは不明」としている。【比嘉洋、大野友嘉子】
---転載終わり
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード