いるかちゃんの子どもを守れ。反自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!電力自由化と発送電分離で、コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!マスコミの偏った情報を鵜呑みにしないで公平な情報を収集しよう!アメリカのポチのアベ自公政権に鉄槌を下そう!民主主義と立憲主義を取り戻そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

沖縄知事

辺野古承認取り消し : 沖縄知事、新基地認めず。政府、埋め立て続行方針。対立激化、法廷闘争は確実

長期化しますね。来年の参議院選挙の争点の1つになりそう

アベ自公政権は、野党の意見も国民の意見も先住民族の意見も聞く気がない。反民主的な独裁政権だ



東京新聞:辺野古承認取り消し 沖縄知事、新基地認めず 政府、埋め立て続行方針:政治(TOKYO Web) 2015年10月13日 14時13分
200151013-2015101399135759

 沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は十三日午前、県庁で記者会見し、米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う新基地建設予定地になっている名護市辺野古(へのこ)沖の埋め立て承認を正式に取り消したと発表した。防衛省沖縄防衛局が今秋の本体工事開始に向けて進めているボーリング調査は法律上の根拠を失った。政府は近く行政不服審査法に基づく対抗措置を取り、作業を続行する構え。新基地建設をめぐる安倍政権と県の対立は全面対決の局面に入り、法廷闘争に発展する公算が大きくなった。

法廷闘争は確実は確実でしょう

それにしても、アベ自公政権は法廷闘争に持ち込まれることが多いですね。戦争法案も法廷闘争でしょ。
司法の役割が重要です。キッチリと法と正義に基づいた判決を出して欲しいものです。


違憲状態議員たちの違憲状態国会が選んだ違憲状態内閣を作った責任は、司法にもある。
アベ自公政権は司法を舐めてるんだよ。
憲法も法律も自分勝手に解釈しても司法は何もしないと思っているのでしょう。


◆不服審査、法廷闘争へ


 翁長氏の決裁した承認取り消しの通知書を、県の担当職員が沖縄防衛局に提出した。通知書は、政府が普天間飛行場の県内移設を「地理的に優位」としていることについて「時間、距離その他の根拠が何ら示されていない」と指摘。県外に移設させても抑止力は大きく低下しないと反論し「埋め立ての必要性を認めることができない」と明記した。環境保全措置が適切、十分に講じられていないことも理由に挙げた。
 翁長氏は記者会見で、仲井真弘多(なかいまひろかず)前知事による埋め立て承認に関し、県が設置した有識者委員会の検証結果を踏まえて検討した経緯を説明し「瑕疵(かし)があると認められた。取り消しが相当だと判断した」と述べた。その上で「今後も辺野古に新基地を造らせないという公約の実現に向け、全力で取り組む」と強調した。

慎重に承認取り消しをしていますね。

 一方、菅義偉(すがよしひで)官房長官は十三日午前の記者会見で「法的に瑕疵はない」と反論した。
 沖縄防衛局は、埋め立て承認の根拠法を所管する石井啓一国土交通相に不服審査を請求すると同時に、翁長氏による取り消し処分効力の一時停止を申し立てる方針。
 中谷元・防衛相は記者会見で「本日でないが、速やかに行う」と述べた。不服審査請求の結論が出るまで一定の期間を要する見通し。取り消し処分効力の一時停止が認められれば、不服審査請求の審査期間中でも工事を再開できる。

聞く耳保たずの姿勢ですね。

 どのような裁決が示されても、主張を受け入れられなかった側が裁判に訴えるとみられる。


◆翁長氏会見のポイント
・仲井真弘多前知事による埋め立て承認に瑕疵(かし)が認められたため取り消しが相当と判断し、沖縄防衛局に通知した。
・閣僚との意見交換や約一カ月の集中協議などで県の主張は理解してもらえなかった。
・内閣の姿勢として沖縄県民に寄り添って解決しようという思いが薄い。
・今後も辺野古に新基地を造らせない公約実現に全力で取り組む。

そろそろ。沖縄独立についても触れたほうが良いのでは?民族自決権はありますよ。

<普天間移設問題> 沖縄県宜野湾市の市街地に囲まれた米軍普天間飛行場の移設をめぐる問題。1995年の米兵による少女暴行事件を機に、日米両政府が96年に返還で合意した。日本政府は99年に名護市辺野古への移設を閣議決定。仲井真弘多前知事は2013年12月、辺野古沿岸部の埋め立て申請を承認した。だが、14年11月の知事選で初当選した翁長雄志知事は辺野古移設阻止を宣言。「辺野古が唯一の解決策」とする政府との対立が続いた。




関連ブロク記事:
2015年09月23日13:31 人種差別撤廃委員会 : 締約国が,その立場を見直し,琉球を先住民族として承認することを検討し,また彼らの権利を保護するための具体的な措置をとることを勧告する。
2015年09月22日22:26 翁長知事 国連人権理事会で演説「自国民の自由、平等、人権、民主主義を守れない国が、ほかの国々とその価値観を共有できるのか」



[PR : T-fal 電気ケトル 「ジャスティン プレミアム」 オニキスブラック 1.2L お湯がすぐ沸く]

沖縄知事“移設中止” 米大使“唯一の解決策” : 唯一の解決策とか壊れたテープレコーダーみたい。たぶん、血の通った人間ではないな

ケネディ駐日大使だけではなく、「唯一の解決策」と言う人達ね





沖縄知事“移設中止” 米大使“唯一の解決策” NHKニュース 6月19日 12時25分魚拓
沖縄県の翁長知事は、19日、アメリカのケネディ駐日大使と初めて会談し、アメリカ軍普天間基地の移設計画について、選挙で反対の民意は示されているとして中止を求めました。一方、アメリカ大使館によりますと、ケネディ大使は、現行の移設計画が唯一の解決策だという考えを示したということです。

ケネディ駐日大使にも会えました。前進と考えましょう

沖縄県の翁長知事は、19日午前、東京のアメリカ大使館で、ケネディ駐日大使と初めて会談しました。会談は非公開で40分ほど行われ、この中で、翁長知事は、沖縄にアメリカ軍基地が置かれた歴史的な経緯を説明したうえで、「去年行われた名護市長選挙や県知事選挙などからすると、『辺野古に基地は造らせない』という沖縄県の民意は示されており、ご理解いただきたい」と述べ、計画を中止するよう求めたということです。
一方、アメリカ大使館によりますと、ケネディ大使は移設計画は普天間基地の継続的な利用を避けることにつながり、運用面、政治面、財政面および戦略的な懸念に対する唯一の解決策だという考えを示したということです。また、ケネディ大使は、沖縄戦から70年となる今月23日の「慰霊の日」に沖縄県が主催する戦没者追悼式に、ことしも出席する意向を示したということです。
会談のあと、翁長知事は記者団に対し、「一緒に物事を進めていきたいという姿勢は感じたが、用意されたメモを読んでいるような感じで、移設計画を進めるアメリカ政府と同じ印象を受けた」と述べました。

テープレコーダーじゃなくて、メモ読み人か

米大使館「現行の移設計画は唯一の解決策」

ケネディ大使と翁長知事が会談したことを受けて、アメリカ大使館は声明を発表し、「ケネディ大使は東アジアの平和と安定の要である日米同盟に必要不可欠な貢献をしている沖縄に心から謝意を伝えた」としています。
そのうえで、アメリカ軍普天間基地を名護市辺野古沖に移設する計画について「日米両政府は、移設計画に確固たる責任を共有している。普天間基地の継続使用を避けることにつながり、唯一の解決策であると改めて表明した」としています。






時事ドットコム:沖縄知事、米大使と平行線=「民意は反対」「唯一の解決策」−辺野古移設 2015/06/19-18:13
20150619-0150619at15_t

 沖縄県の翁長雄志知事は19日午前、東京都内の米国大使館で、ケネディ駐日大使と約40分間会談した。知事は、日米両政府が進める米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設について「沖縄の民意は、辺野古に新基地を造らせないことであり、反対だ」と伝達。これに対し、大使は「普天間の継続利用を避けることにつながり、唯一の解決策だ」と反論し、両者の主張は平行線をたどった。

権力側は、「唯一の解決策」と答える密約でもあるんだろうなーww

 米大使館の発表文書によると、大使は「辺野古」という地名には言及しなかったが、「翁長知事が訪米した際に米政府高官が述べた(名護市の)キャンプ・シュワブの飛行場建設に対する揺るぎない決意を共有している」と述べ、移設推進の立場を明確に示した。
 知事は会談で、「日本の安全保障は日本国民全体で負担してもらいたい」と述べ、沖縄に集中する米軍基地の負担軽減への協力を要請。大使は「日米同盟に必要不可欠な貢献をしている沖縄に感謝している。地元住民と良好な関係を維持していく」と述べた。 
 また、知事は辺野古沿岸の水域への立ち入りを米軍が規制していることを取り上げ、県が環境調査を実施できるよう求めたが、大使は回答しなかった。
 翁長氏の昨年12月の知事就任以来、両者の会談は初めて。席上、大使は今月23日の沖縄全戦没者追悼式に出席する意向を示した。




[PR : 江崎グリコ ビスコ 保存缶 30枚 非常食にしよう!]

辺野古移設、対話継続で一致 沖縄知事、マケイン氏会談 : 「沖縄の気持ちを伝えることができ、大変有意義だった」

翁長知事、応援してます!



辺野古移設、対話継続で一致 沖縄知事、マケイン氏会談 - 47NEWS(よんななニュース) 2015/06/03 10:04
20150603-onaga

 【ワシントン共同】沖縄県の翁長雄志知事は2日午前(日本時間3日未明)、訪問先の米ワシントンでマケイン米上院軍事委員長、リード同副委員長と会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり対話を継続していくことで一致した。

マケイン米上院軍事委員長
リード同副委員長

 会談は非公開で行われた。会談後、マケイン氏は「知事と建設的な対話を継続したい。在沖縄米海兵隊の現行移転計画は支持する」との声明を出した。翁長氏は記者団に「沖縄の気持ちを伝えることができ、大変有意義だった」と語った。

マケイン氏
「知事と建設的な対話を継続したい。在沖縄米海兵隊の現行移転計画は支持する」

翁長氏
「沖縄の気持ちを伝えることができ、大変有意義だった」



東京新聞:「移設反対 民意示された」 沖縄知事、新聞示し訴え 米議員と面会:国際(TOKYO Web) 2015年6月3日 夕刊
20150603-PK2015060302100163_size0

 【ワシントン=北島忠輔】訪米中の翁長雄志(おながたけし)沖縄県知事は2日、ワシントンで上下両院の議員らと相次いで面会し、米軍普天間(ふてんま)飛行場(宜野湾(ぎのわん)市)の移設に伴い名護市辺野古(へのこ)に新基地を建設する計画の見直しを求めた。

結構、会えてますね。よかった

 午前は、上院軍事委員会の委員長を務めるジョン・マケイン氏(共和党)と筆頭理事ジャック・リード氏(民主党)に面会した。

 マケイン氏は共和党の元大統領候補で、外交・国防政策に影響力を持つ重鎮。翁長氏は、五月に那覇市で開催された移設反対集会に三万五千人が集まったことを報じる新聞を示し、「辺野古についての民意は示されている」と説明した。

 マケイン氏は翁長氏との面会後、「知事との建設的な対話を続けていきたい」とする声明を発表。一方で「米海兵隊の基地を移設する現在の計画を支持する」と辺野古移設を推進する考えを示した。

大物ですよね。

 午後には下院歳出委員会で軍事施設問題を担当するサンフォード・ビショップ下院議員(民主党)を訪問。翁長氏は「地元県民に理解されなければ、いい形にできない」と辺野古移設に反対する民意を尊重するよう訴えた。

 翁長氏によると、ビショップ氏は「沖縄の立場はよくわかるが、(移設は)最高レベルの決定だ。日米政府が方針を変えれば私も従う」と述べ、両政府から代わりの案が示されれば支持する考えを示したという。

政府を尊重するのは仕方ないです。雰囲気が変わればなー

 翁長氏は三日午前九時半(日本時間午後十時半)から国務省、国防総省の高官と面会する。




関連ブログ記事:
2015年04月17日17:14 沖縄知事が安倍首相に辺野古反対を改めて説明 : みずから土地を奪っておきながら、政府は、『老朽化したから。世界一危険だから。沖縄が負担しろ。いやなら代替案を出せ』と言う。



[PR : 江崎グリコ ビスコ 保存缶 30枚 非常食にしよう!]

沖縄知事、防衛相と初会談 辺野古新基地 中止要求 : 沖縄知事「防衛相は高飛車」 防衛相「唯一の解決策と確信」

辺野古「新基地」は、造らせてはなりません。辺野古「移設」という言い方に騙されないでください。

新基地です

現在の沖縄県の基地は、敗戦とアメリカ施政下に接収された土地にあります。不当に占拠された。
新基地を造ってしまったら、正当に造られた初めての基地になります。




20150509-2015050901001044

辺野古新基地 中止要求 沖縄知事、防衛相と初会談 2015年5月9日
 中谷元・防衛相と沖縄県の翁長雄志(おながたけし)知事は九日午前、那覇市の沖縄県庁で互いの就任後初めて約三十分間、会談した。米軍普天間(ふてんま)飛行場(同県宜野湾(ぎのわん)市)移設に伴う名護市辺野古(へのこ)への新基地建設について、翁長氏は「途中で計画が頓挫すれば、全て政府の責任だ。中止を決断してもらいたい」と求めた。 

翁長氏
「途中で計画が頓挫すれば、全て政府の責任だ。中止を決断してもらいたい」

沖縄の民意は新基地反対です。民意を元に中止する決断をして米国に伝えるのが政府の責任です。

 会談で中谷氏は、普天間飛行場の危険性除去や沖縄に駐留する在日米軍の役割の重要性を念頭に「辺野古への移設が唯一の解決策と確信している」と述べた。

中谷氏
「辺野古への移設が唯一の解決策と確信している」

唯一の解決策などという状況はあり得ません。あってはいけません。

3案くらいは用意しておくのが普通の仕事の進め方です。
最適なのを選ぶ。変更可能にしておく。
国の命運を握る防衛相や首相が能無しだと、戦前と同じように、なんとなーく戦線を広げてしまいます。
あ、敗戦の反省をしない人達だったww


 これに対し、翁長氏は辺野古への新基地建設について「不可能である。絶対に反対だ」と強調。同時に「辺野古移設が唯一の解決策としか語れない日本の政治の中で、沖縄があえぎ苦しんでいる」と訴えた。中谷氏がこれまでに「今話し合っても溝が深くなるだけ」などと発言していたことを挙げ「高飛車な発言があった。沖縄に寄り添い、努力したいという政府方針とは程遠い」と批判した。

翁長沖縄県知事 仰るとおり!頑張ってください

 辺野古での工事をめぐり、大型コンクリート製ブロック投入によるサンゴ礁破壊の可能性を調べるため、県が求めている立ち入り調査に関しては「沖縄の調査船が立ち入れないのは理不尽だ。見えないところで現状変更されているのではと思ってしまう」と政府の対応を問題視した。

姑息な安倍政権だから、コソコソやってるかもしれませんね

 政府は四月に菅義偉(すがよしひで)官房長官、安倍晋三首相が翁長氏と個別に会談したが、双方の主張は平行線をたどっている。




防衛相「唯一の解決策と確信」沖縄知事と初会談 2015年05月09日 12時58分
 中谷防衛相は9日午前、沖縄県庁で、翁長雄志おながたけし同県知事と初めて会談した。

初めてというのが、そもそも遅すぎる。こんな決断力がない防衛相や政府首脳では国を守れないぞ

 米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画への理解を求める狙いで、中谷氏は会談の冒頭、「抑止力維持と危険性の除去の点で辺野古移設を決めており、唯一の解決策だと確信している」と述べた。これに対し翁長氏は「辺野古移設は不可能で、絶対に反対だ。中止を決断してほしい」と反発した。

移設という言葉は事実を歪曲しています。新設です。

 安倍首相は、先の日米首脳会談でオバマ大統領と沖縄の基地負担の軽減で合意した。中谷氏は、約35分間の翁長氏との会談で、日米で連携して負担軽減に取り組む考えも伝えた。

基地を新設しては、沖縄の基地負担の軽減になりません。新設は、負担の新しい強化です。

 中谷氏は午後に普天間飛行場を視察するほか、米軍関係者と意見交換する。




沖縄知事「防衛相は高飛車」 辺野古移設要請を拒否 2015年5月9日 13時39分
 中谷元・防衛相と沖縄県の翁長雄志知事は9日午前、県庁で会談した。翁長氏は米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の名護市辺野古移設問題に関する中谷氏のこれまでの言動に関し「高飛車な発言があった。沖縄に寄り添い、努力したいという政府方針とは程遠い」と不信感をあらわにした。中谷氏が移設に理解を求めたのに対し「名護市辺野古への基地建設は不可能だ。絶対に反対していく」と拒否した。

中谷防衛相だけではなく、安倍政権は高飛車です。危険な強権的な政権

 中谷氏は、名護市辺野古移設に関し「唯一の解決策だと確信している」と述べ、移設問題の溝は埋まらなかった。昨年12月に翁長氏が知事に就任して以来、両氏が会談するのは初めて。




翁長沖縄県知事は、アメリカ訪問の予定でしたよね。
アメリカ大統領と直接会って、沖縄の民意と沖縄県の基地の歴史的経緯などを説明して説得すべきです。
オバマ大統領が決断できないなら、アメリカ市民に直接訴えるべきです。
次期大統領選の争点にしてもらう手もあると思います。


敗戦後70年という区切りを利用して、世界の世論に訴える手もあります。
敗戦国とはいえ、70年も占領国が占拠した基地が存在するのは異常です。
さらに、新基地など許さない!




関連ブログ記事:
2015年04月04日18:49 菅長官、沖縄の選挙「基地の賛否の結果ではない」 : ここまで民主主義を否定されると言葉も出ない。沖縄の米軍基地を直接攻撃するしか方法がない。直接民主主義だ
2015年04月09日23:05 村山元首相 「戦後50年談話」文言踏襲を : 「日本の植民地支配と侵略で苦しんだのは中国人や韓国人だけでなく、日本人も同じだ」
2015年04月17日17:14 沖縄知事が安倍首相に辺野古反対を改めて説明 : みずから土地を奪っておきながら、政府は、『老朽化したから。世界一危険だから。沖縄が負担しろ。いやなら代替案を出せ』と言う。
2015年04月28日23:02 4月28日は、「屈辱の日」 沖縄怒り : サンフランシスコ講和条約と日米安全保障条約が発効した日。日本全体の「屈辱の日」でもある



[PR : 井村屋 えいようかん 5本 非常食にしよう!]

沖縄知事が安倍首相に辺野古反対を改めて説明 : みずから土地を奪っておきながら、政府は、『老朽化したから。世界一危険だから。沖縄が負担しろ。いやなら代替案を出せ』と言う。

沖縄はみずから基地を提供したということは一度もない。





沖縄知事:首相に辺野古反対を改めて説明…初会談 2015年04月17日 13時55分(最終更新 04月17日 15時05分)
 安倍晋三首相は17日午後、沖縄県の翁長雄志(おなが・たけし)知事と首相官邸で会談した。昨年11月の知事選後、両氏の会談は初めて。翁長氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する考えを改めて説明。首相は日米合意に基づき移設を進める政府方針に理解を求めた。

翁長氏は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設に反対する考えを改めて説明

 会談冒頭、翁長氏は「16年前に当時の知事と名護市長が受け入れに同意したと言うが、条件が違う」と述べ、首相は「辺野古移設が唯一の解決策。丁寧に説明し、理解を得たい」と語った。

翁長氏は「16年前に当時の知事と名護市長が受け入れに同意したと言うが、条件が違う」

 会談には政府側から菅義偉官房長官、県側から安慶田(あげだ)光男副知事が同席した。翁長氏は5日に菅氏と那覇市内で会談した際、首相との会談を要請していた。首相は26日から訪米し、オバマ米大統領と会談する予定で、政府としては、知事と自ら会談することで移設に本格的に取り組む姿勢を米側に示す狙いがある。

アメリカに行く前に交渉しているふり

 菅氏は17日午前の記者会見で「双方がそれぞれの考え方を説明し、率直な意見交換を行うことになるだろう」と述べた。また「移設問題だけでなく、国と沖縄にはさまざまな重要課題があるので、忌憚(きたん)のない意見交換をする」とも述べ、沖縄に集中する基地負担の軽減や振興策なども話し合われるとの見通しを示し、対話を継続する姿勢を強調した。【木下訓明】






安倍首相と翁長知事が初会談 互いに主張述べ合う 4月17日 14時04分魚拓
安倍総理大臣は沖縄県の翁長知事と初めて会談し、「名護市辺野古への移転が唯一の解決策だ」と述べ、アメリカ軍普天間基地の危険除去に向けて移設計画への理解を求めました。これに対し、翁長知事は「私は絶対に新基地を造らせない」として、計画の撤回を求めました。

翁長知事
「私は絶対に新基地を造らせない」

断固阻止!

沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設計画を巡って政府と沖縄県の対立が続くなか、安倍総理大臣は17日午後、総理大臣官邸で沖縄県の翁長知事と初めて会談しました。

初めてというのがけしからん


この中で、安倍総理大臣は「普天間基地の一日も早い危険性の除去は、われわれも沖縄も思いは同じであろうと考えている。一歩でも二歩でも進めていかなければならないというなかでは、辺野古への移転が唯一の解決策だ。これからも丁寧な説明をさせていただきながら、理解を得るべく努力を進めていきたい」と述べ、普天間基地の危険除去に向けて計画への理解を求めました。そして、安倍総理大臣は「嘉手納基地以南の返還もスタートしており、こうしたアメリカ軍施設の沖縄への返還を順調に進めながら、沖縄の発展に生かしていきたい。沖縄の未来をつくっていくうえでも、国としても一緒に歩みを進めていきたい」と述べ、引き続き、沖縄の基地負担の軽減や振興策の実現に取り組んでいく考えを示しました。

安倍総理大臣の屁理屈は理解できません。論理的に説明してよ。わかんなーい

これに対し、翁長知事は「政府は、普天間基地の県外移設という公約をかなぐり捨てた仲井真前知事が、埋め立てを承認したことを錦の御旗として辺野古移設を進めているが、去年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙で、辺野古への新基地反対に圧倒的な民意が示された」と述べました。そのうえで、翁長知事は「沖縄はみずから基地を提供したということは一度もない。みずから土地を奪っておきながら、政府は、『老朽化したから。世界一危険だから。沖縄が負担しろ。いやなら代替案を出せ』と言う。こんな理不尽なことはない」と述べました。

翁長知事
「政府は、普天間基地の県外移設という公約をかなぐり捨てた仲井真前知事が、埋め立てを承認したことを錦の御旗として辺野古移設を進めているが、去年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙で、辺野古への新基地反対に圧倒的な民意が示された」

公約破りの仲井真前知事の埋め立て承認は民意ではない
去年の名護市長選挙、沖縄県知事選挙、衆議院選挙で、辺野古への新基地反対に圧倒的な民意が示された

翁長知事
「沖縄はみずから基地を提供したということは一度もない。みずから土地を奪っておきながら、政府は、『老朽化したから。世界一危険だから。沖縄が負担しろ。いやなら代替案を出せ』と言う。こんな理不尽なことはない」

強盗が、舞い戻ってきて再度強盗しているようなもの。アメリカも日本政府も民主的ではないならず者

また、翁長知事によりますと、翁長知事は会談の中で、「私は絶対に新基地を造らせない。沖縄県民は移設計画に明確に反対しているということを、アメリカのオバマ大統領に伝えていただきたい」と述べ、計画を撤回するよう求めました。

翁長知事は会談の中で、
「私は絶対に新基地を造らせない。沖縄県民は移設計画に明確に反対しているということを、アメリカのオバマ大統領に伝えていただきたい」

安倍首相がメッセンジャーボーイにもなれなかったら、翁長知事が直接オバマに会うべきです。

17日も作業続き抗議活動も

名護市辺野古沿岸部では、先月、埋め立て工事の前提となる海底のボーリング調査が再開され、17日も朝から3つの足場を使って海底の掘削作業が続けられています。
これに対し計画に反対する市民グループなどは、カヌーやボートおよそ10隻を沖に出して抗議活動を行いましたが、海上保安庁のゴムボートおよそ20隻が取り囲み、立ち入り禁止の区域に近づかないよう警告していました。
また、埋め立て予定地に隣接するアメリカ軍基地キャンプシュワブのゲート前では、およそ80人が集まり、抗議の座り込みを続けています。集まった人たちは、基地に向かって「県民の声を政府に」などとシュプレヒコールを上げていました。
那覇市の60代の男性は「この小さな島にこれ以上の新たな基地負担はいらない。政府は、知事から伝えられた沖縄県民の思いをしっかりと受け止めてほしい」と話していました。
また、60代の女性は「移設問題の解決策は、政府が沖縄の民意を尊重して、計画を見直す以外ないと思っています」と話していました。




関連ブログ記事:
2015年01月09日17:29 沖縄 : 自民党の国家主義的本性が顕になってきたね。選挙で選ばれた知事を冷遇。小選挙区では議席なし。この状態が続くなら、テロ攻撃をするひとの気持ちもわかる
2015年01月15日17:13 安倍政権の上層部は沖縄県知事に会う勇気もないのか?腰抜けめ : 翁長知事「辺野古容認できず」 杉田官房副長官と会談 : 翌日に、辺野古の海底調査再開
2015年02月07日18:29 安部首相と菅官房長官は、沖縄県の翁長雄志新知事から逃げるな!辺野古周辺では死人が出そうな過剰警備。海上保安本部は説明拒否



[PR : 大塚製薬 カロリーメイト ブロック チョコレート 4本×10個 非常食にしよう!]
クリックしてね!ランクアップしたいぃ



ブログランキングならblogram

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


いるかちゃん | バナーを作成
検索してショッピングしてね☆


いるかちゃんのほしい物リスト。誰かくれ^^
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード