いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

減少

セシウム137のことしの降下量は去年の10分の1まで減少しているものの、冬から春にかけてはほかの季節に比べて比較的、高い濃度が観測される

減ってるようですが、冬から春は警戒しなくちゃ



20141124_hisan
放射性物質の拡散予測を対策へ 11月24日 10時06分魚拓
原発事故のあとの放射性物質の飛散状況を調べている専門家が23日、福島市で講演し、大気中の放射性物質の拡散シミュレーションを今後の住民の安全対策に活用する必要性を訴えました。

大気中の放射性物質の拡散シミュレーションを今後の住民の安全対策に活用する必要性を訴えました

放射性物質は今も飛んでます

これは日本気象学会などが開いたもので、福島市の「コラッセふくしま」にはおよそ50人が集まりました。
この中で福島大学の渡邊明特任教授は東京電力福島第一原発から放出された放射性物質がさまざまな気象条件の中でどのように拡散するかについて、実際の観測データをもとに研究結果を報告しました。

福島大学の渡邊明特任教授
東京電力福島第一原発から放出された放射性物質がさまざまな気象条件の中でどのように拡散するかについて、実際の観測データをもとに研究結果を報告

渡邊教授はセシウム137のことしの降下量は去年の10分の1まで減少しているものの、冬から春にかけてはほかの季節に比べて比較的、高い濃度が観測されるなどとして放射性物質が再び飛散している可能性を地球規模で検証する必要があると指摘しました。

渡邊教授
セシウム137のことしの降下量は去年の10分の1まで減少しているものの、冬から春にかけてはほかの季節に比べて比較的、高い濃度が観測されるなどとして放射性物質が再び飛散している可能性を地球規模で検証する必要がある

その上で、原発事故の際、大気拡散のシミュレーションのSPEEDIが活用されなかったことを教訓に、避難などの住民の安全対策にシミュレーションを活用する体制を早急につくるべきだと訴えました。
さらに今後、原発の廃炉作業や中間貯蔵施設への廃棄物の輸送などに伴って、放射性物質の飛散を監視し続けていく必要性を指摘しました。

渡邊教授
SPEEDIが活用されなかったことを教訓に、避難などの住民の安全対策にシミュレーションを活用する体制を早急につくるべき
原発の廃炉作業や中間貯蔵施設への廃棄物の輸送などに伴って、放射性物質の飛散を監視し続けていく必要性を指摘



完全に無視されている感がありますが、空中の放射性物質について注意する必要があります。

福島原発周辺で鳥が減少 寿命が短くなったり、オスの生殖能力が低下したりしている


14種類の鳥について分析:
寿命が短く
オスの生殖能力が低下


福島原発周辺で鳥が減少 日米などの研究チーム調査
---ここから
福島原発周辺で鳥が減少 日米などの研究チーム調査

 【ロンドン共同】3日付の英紙インディペンデントは、東京電力福島第1原発の事故による環境への影響を調べている日米などの研究チームの調査で、同原発周辺で鳥の数が減少し始めていることが分かったと報じた。調査結果は来週、環境問題の専門誌で発表される。

 研究チームは、1986年に事故が起きたウクライナのチェルノブイリ原発と福島第1原発の周辺で、放射性物質放出による生物への影響を比較調査するため、両地域に共通する14種類の鳥について分析。

 福島の方が生息数への影響が大きく、寿命が短くなったり、オスの生殖能力が低下したりしていることが確認された。

2012/02/03 20:50 【共同通信】
---ここまで

#save_children 医師の研修 被災地希望が減少:医師も減少

医師にも放射能から避難する権利がありますから、非難するつもりはありません。

”専門家”は、放射能の危険性を知っている。ということです。


004

医師の研修 被災地希望が減少 NHKニュース
---全文転載
医師の研修 被災地希望が減少
10月31日 6時36分

医学部を卒業した医師が、2年間、現場の病院で研修を行う臨床研修制度で、来年度は東日本大震災で被害が大きかった被災地の病院を研修先として希望する医師が減少していることが分かり、厚生労働省は支援策を検討しています。

医師の臨床研修制度は、免許を取ったばかりの医師に現場の病院での診療経験を積ませるため、2年間、研修を義務づけるものです。医師は研修先の病院を選ぶことができますが、来年4月からの研修では東日本大震災で大きな被害を受けた東北の病院を希望する医師が、去年と比べて減少していることが分かりました。このうち、宮城県の病院を希望する医師は98人で、去年より12人、率にして15%減少しています。福島県では、146人の定員に対し希望者は61人で充足率は40%にとどまり大幅な定員割れとなっています。震災のあと、厚生労働省は被災地の病院に限定して病院の見学会の情報を厚生労働省のホームページに掲載するなど支援してきましたが、被害の大きかった東北3県の病院を希望する医師は、去年より合わせて10%減少する結果となりました。厚生労働省は「今後も2次募集の情報をホームページで発信するなど、被災地の支援を検討していきたい」と話しています。
---転載終わり

福島県では、定員の40%のみです。壊滅状態ですね。


上は研修医ですが、医師・看護師も同じです。
【福島原発事故後】福島県内の24病院で常勤医師の12%に当たる125人・42病院で看護師407人が自主退職していた…原発から避難? | SAVE CHILD
20111031_yomiuri

読売新聞の記事が削除されているので、引用させていただきました。



はじめに書きましたが、医療関係者も被ばくしない権利があります。
しかし、それだけが理由とも思えないのです。医療関係者の志が、こんなに低くはないと思うよ。

福島県で医師などをする場合には、
山下俊一が率いいる福島県立医科大学の影響を受けないわけがありません。支配下ともいえるでしょう。

人類史上稀に見る”人体実験”に参加したくない医療関係者も多いのではないだろうか (б_б?)ハテナ?

体重が急降下には、歯止めがかかった模様

お馴染みの、体重とBMIのグラフですが、、
BMI20110223

こんな感じで、体重減少には歯止めがかかった模様です
このくらいの体重で筋肉が付けばイイのですが・・

最後の急落で筋肉痛になって、ジェイゾロフトの副作用で食欲も無いのに、無理に食べる量を増やした結果です。筋肉痛は収まっています。

例の関節痛も体重の減少が原因なら、ちょっと安心できます。

そう言えば、整形外科の医師に肩近くの骨の間隔が狭いことを指摘されました。そこは、筋肉が詰まっている場所らしいく筋肉も減っているようです。

なにか、運動をした方が良いと思われますが、、関節が悪い状態で運動をするのは、マズイかなあ?と思っています。ってか、運動は嫌いだしぃ


にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害)

お久しぶりで御座います

BMI20101011


お久しぶりで御座います。。
体重の方は、目標の66kgを達成して、、なお減少中です。
急に下がり過ぎか?

ずっと更新していませんでしたが、ちゃんと生きています(^ω^)
ただぁ、
アルバイトの時間以外は寝てばかりです。。
で、、ちょっと下痢気味の日が多いです。。



↓↓↓どれか1つクリックお願いしますm(__)m
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 睡眠障害へ
にほんブログ村 健康ブログ 禁煙へ

クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード