いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

燃料プール

8月2日 : 3号機 燃料プール 巨大がれき撤去。(危険なので)廃炉作業が少ない日曜日を選ぶとともに、撤去作業中はほかの作業を全て中断

福島県民に周知徹底しろよ!実況放送してもいいくらいだ
いるかちゃんは屋内退避





時事ドットコム:大型がれき、8月2日撤去=福島第1、3号機燃料プール−東電 2015/07/30-19:00
 東京電力は30日、福島第1原発3号機の使用済み燃料プールにある重さ約20トンの大型がれきを8月2日に撤去すると発表した。完了すれば、2017年度の実施を目指している燃料プールからの核燃料取り出しに向け前進となるが、がれきを落下させた場合、プールで保管している核燃料が損傷する恐れもあり、同日は他の作業を中断して撤去に集中するなど慎重に実施する。

かなり危険な作業ですね。
事故起こさないでね。お願いね。


 3号機では、事故時の水素爆発で建屋上部が吹き飛び、最上階にある燃料プールやその周囲にがれきが散乱した。プールには核燃料566体が残っている。東電は、大型のがれき撤去をおおむね終えたが、プール内に沈む長さ約14メートル、重さ約20トンの燃料交換機は危険性が大きいため、専用のつり上げ装置を開発するなど撤去方法を検討していた。
 東電によると、現場は放射線量が高いため、2台のつり上げ装置を遠隔操作して実施する。プールの水漏れに備え、給水設備を準備する。

プール内に沈む長さ約14メートル、重さ約20トンの燃料交換機

危険性が大きいため、専用のつり上げ装置を開発
現場は放射線量が高いため、2台のつり上げ装置を遠隔操作
プールの水漏れに備え、給水設備を準備

東電としてはしっかり準備しているようです。でも、東電だからなー。心配だなー。



燃料プール 巨大がれき撤去へ - NHK福島県のニュース 07月30日 19時01分魚拓
20150731-3

東京電力福島第一原子力発電所3号機では爆発で吹き飛んで使用済み燃料プールに落下した重さ20トンの巨大な装置の撤去が急がれていて、東京電力は、これまで準備を進めた結果、来月2日に撤去作業を行う方針を固めました。
しかし、装置が落下すると核燃料が損傷するおそれもあり、慎重に作業を進めることにしています。

8月2日 日曜日

福島第一原発3号機の原子炉建屋の最上階にある使用済み燃料プールには今も566体の核燃料が残されたままとなっていますが、爆発によって吹き飛んだ大量のがれきがプールに落下し、核燃料を取り出す大きな支障となっています。
このため東京電力はおととしからがれきの撤去を進めていて、この中でも長さ14メートル、重さ20トンと最も大きい「燃料交換機」と呼ばれる装置について、来月2日に撤去作業を行う方針を固めました。
現場は放射線量が極めて高く人が直接作業できないため、遠隔操作のクレーン2台を使って燃料交換機をつり上げて運び出す計画で、撤去が終われば核燃料の取り出しに向けた大きな一歩となります。
一方で、万が一、撤去作業中に燃料交換機が落下すれば、核燃料が損傷するおそれがあります。

成功すれば一歩前進ですよね。
原子炉の溶けた燃料は取り出せないと思っていますが、燃料プールの核燃料だけは取り出したい。


失敗すれば、大事故になる可能性もあります。

実際、去年8月には重さ400キロある装置を引き上げようとして誤って水中に落としていて、核燃料の損傷はありませんでしたが、撤去作業が4か月中断しています。

この事故は慢心の可能性もありますね。
今回は準備も慎重に進めているようなので、なんとか成功してほしいです。


このため東京電力は今回の作業に先立ってがれきの状況を詳細に調べて手順を確認するとともに、燃料交換機の形に合わせた専用の工具を開発したり、核燃料の上にクッションを置くなどして準備を進めてきました。
さらに、3号機の燃料プールは外部を覆うものがないため、万が一の際の敷地内の作業員の安全を考慮してもともと廃炉作業が少ない日曜日を選ぶとともに、撤去作業中はほかの作業を全て中断するなど、細心の注意を払って作業を進める方針です。

敷地内だけではなく、広範囲でリスクがあると思います。
福島県民に周知徹底しろよ!




[PR : エアカウンターS 一家に一台放射能測定器は必需品ですね。]

3号機の燃料プールの水をせき止めている鉄製の2重のゲートが本来の位置からずれ : 直ちに水漏れが起きる可能性は低い

ツイているとしか言えない状態ですね。いつゲートが崩壊するかわかりません。



20150327_K10010029141_1503270533_1503270535_01_03

3号機の燃料プールのゲートにずれ 3月27日 4時05分魚拓
東京電力福島第一原子力発電所3号機の使用済み燃料プールの調査で、燃料を冷やすプールの水をせき止めているゲートが、本来の位置からずれていることが分かりました。
今のところ水は漏れていないとみられますが、事故で落下した大型のがれきがゲートに接触しているおそれがあり、東京電力はがれきの撤去が水漏れを誘発しないか詳しく調べることにしています。

東京電力福島第一原子力発電所3号機の使用済み燃料プール
燃料を冷やすプールの水をせき止めているゲートが、本来の位置からずれ
事故で落下した大型のがれきがゲートに接触しているおそれ

ゲートの修理や補強をするまでは、がれき撤去などの振動を与える作業はできないのでは?

福島第一原発3号機では燃料プールにある560本余りの使用済み燃料の取り出しに向けて、水中カメラを使ってプールに落下したがれきの調査が行われています。
東京電力によりますと、この調査で、プールの水をせき止めている鉄製の2重のゲートが本来の位置からずれていることが分かりました。
ゲートはいずれも高さが8メートル程度、横幅が1メートル余りあり、画像から、水と接している内側のゲートは横方向に5センチから10センチほどずれているとみられ、外側のゲートは枠から外れているように見えるということです。
さらに、内側のゲートには、事故で落下した重さ35トンの燃料交換機の一部が接触している可能性があるということです。

福島第一原発3号機
燃料プールに560本余りの使用済み燃料

プールの水をせき止めている鉄製の2重のゲートが本来の位置からずれ
外側のゲートは枠から外れているように見える
内側のゲートには、事故で落下した重さ35トンの燃料交換機の一部が接触している可能性

かなり不安定な状態のように思えます。

東京電力はこれまでにプールの水位に異常はなく、内側のゲートは、プールの水圧で壁面に押しつけられているため、直ちに水漏れが起きる可能性は低いとしていますが、燃料交換機を撤去することで、水漏れを誘発しないか、詳しく調べることにしています。
3号機の燃料プールでは来月から燃料交換機の撤去を始め、ことし9月末までに燃料の取り出しを始める計画ですが、調査の結果しだいでは、計画に影響するおそれもあるということです。

直ちに水漏れが起きる可能性は低い

直ちに(΄✹ਊ✹‵)キェェェエエエエエェェェェエエエエエ



[PR : 日本版SOEKS 01M 一家に一台放射能測定器は必需品ですね。いるかちゃんだよーキュンキュン]

#genpatsu 4号機 燃料プールの水温上昇(水量低下・極めて高い放射線量)

1号機に加えて、4号機が心配になってきた (ノc_,・;)ハア・・・

4号機 燃料プールの水温上昇 NHKニュース

---全文転載
4号機 燃料プールの水温上昇
4月13日 19時40分
東京電力福島第一原子力発電所の事故で、4号機の使用済み燃料プールの水温が、およそ90度と通常よりかなり高くなっていることが分かり、東京電力は、燃料の一部が損傷しているおそれもあるとして、冷却のための水の放水を続けるとともに、プールの水に含まれる放射性物質の分析を進め、燃料が壊れていないか確認を急ぐことにしています。

福島第一原発の4号機の使用済み燃料プールについては、12日、特殊車両のアームを使ってプールの水温を初めて調べた結果、およそ90度と、40度以下という通常の温度よりかなり高くなっていることが分かりました。このため、東京電力は、燃料を冷却するため、13日午前0時半から午前7時前にかけて195トンの水を放水したということです。東京電力によりますと、水温の測定状況からプールの水位を推定すると、本来より5メートルほど下がっていますが、水面は核燃料よりも2メートルほど高い位置にあるとみられ、13日朝の水の放水で、さらに1メートルほど上がったとみられるということです。水温が高くなっていることについて、東京電力は、本来の海水で熱を取り除く循環系の冷却機能が失われているため、水の注入によってプールの水が蒸発するのを抑えている状態で、結果的に温度が高くなっているとみています。一方、水温の上昇と合わせてプールの水面の上の放射線量を調べたところ、通常はほとんど計測されない水面の上で、1時間当たり84ミリシーベルトという高い値が検出されたということです。これについて、東京電力は、使用済み燃料が損傷し、放射性物質がプールの水に漏れている可能性や、隣の3号機で起きた水素爆発で放射性物質が付着したがれきが、4号機の建屋の中に飛び込んできた可能性があるとしています。このため、冷却のための水の放水を続けるとともに、プールの水に含まれる放射性物質の分析を進め、燃料が壊れていないか確認を急ぐことにしています。4号機の燃料プールを巡っては、原子炉の大規模な工事の関係で、炉内の核燃料がすべてプールに移され、福島第一原発の中では最も多い1331体の燃料を束ねた燃料集合体が保管され、1時間当たり200万キロカロリーという高い熱量を持っていることが分かっています。東京電力では、4号機は特に発熱量が多いことから、使用済み燃料の熱で水が蒸発し、燃料が露出するおそれもあるとして、自衛隊などの協力を得て、消防車や特殊な車両を使って水の放水作業を続け、これまでに1800トンを超える水を入れていました。4号機の使用済み燃料プールの水温や放射線量が上がっていることについて、東京大学大学院の岡本孝司教授は「90度というのは、プールの水が一部沸騰しているものの、水によって冷却ができていることを示している。放射線量が高い値を示していることから、核燃料が損傷して、中に閉じ込められていた放射性物質が漏れ出している可能性がある。水のサンプリングの結果から、核燃料にどれくらいの損傷があるかを評価したうえで、今後の処理について検討する必要がある」と話しています。そのうえで、「4号機のプールの核燃料は、原子炉から取り出してまもない燃料も含まれるなど、ほかに比べて発熱量が大きい。核燃料のこれ以上の損傷を防ぐためにも、プールから漏れ出す水の量をなるべく少なく抑えながら継続的に冷やすことが重要で、いずれは長期的な冷却システムを作ることが求められる」と指摘しています。
---転載終わり


水位の下がり方も尋常ではないですねぇ


にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害) 10%割り振り
にほんブログ村 政治・社会問題 30%割り振り
にほんブログ村 時事ニュース 60%割り振り

#genpatsu 無人機で燃料プールの状況確認 東電が福島第1原発で

思っていたヘリコプターの形と違うね^^
目立ったニュースが無いのは良いニュース(・・?

20110110dst11041021410047-n1


【放射能漏れ】無人機で燃料プールの状況確認 東電が福島第1原発で - MSN産経ニュース

---全文転載(原文に上の写真あり)
【放射能漏れ】
無人機で燃料プールの状況確認 東電が福島第1原発で
2011.4.10 21:39

 東京電力は10日、福島第1原発で、米国製小型無人ヘリコプター「T−ホーク」を使い、原子炉建屋内の使用済み核燃料プールなどの確認作業を実施した。同ヘリで、施設の状況を確認するのは初めて。15時59分に離陸し、約30分間、1〜4号機の地上150メートル地点から状況を確認した。画像については、11日に公表する予定という。

 東電によれば、無人ヘリを使うことで、爆発などで原子炉建屋の屋根が吹き飛んだ1、3、4号機のプールの状況確認が行えるほか、プール付近の空中放射線量が測定できるという。

 同ヘリは、米軍がイラクなどでの偵察活動に使っている。無線で遠隔操作ができるうえ、ホバリングや垂直移動が可能で、障害物を避けながらプールに接近することができるという。

---転載終わり


にほんブログ村 躁うつ病(双極性障害) 10%割り振り
にほんブログ村 政治・社会問題 30%割り振り
にほんブログ村 時事ニュース 60%割り振り
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード