いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

環境相

中間貯蔵:「3月11日までに開始」環境相、搬入延期表明 : 福島県、大熊町、双葉町は、いずれも廃棄物を施設の予定地に搬入することは認めていない

何か進展でもあったの?
福島県、大熊町、双葉町は、いずれも廃棄物を施設の予定地に搬入することは認めていないでしょ
安全協定の締結などが搬入受け入れの条件です。

日付だけ決めちゃっていいの?
安倍政権は、311の復興が進んでる見せかけのアピールなどの政治イベントにでもするつもりなの?



中間貯蔵:「3月11日までに開始」環境相、搬入延期表明 2015年01月16日 11時15分(最終更新 01月16日 12時32分)
 望月義夫環境相は16日の閣議後記者会見で、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土を福島県内に最長30年間保管する中間貯蔵施設について、政府が目標としてきた1月中の施設への搬入開始を延期し、東日本大震災から5年目となる今年3月11日までに開始すると発表した。合わせて、汚染土を予定地内に仮置きする「保管場」について、来月上旬にも着工することも明らかにした。

福島県内に最長30年間保管する中間貯蔵施設
東日本大震災から5年目となる今年3月11日までに開始すると発表
汚染土を予定地内に仮置きする「保管場」について、来月上旬にも着工

 望月氏は「目標からは若干遅れることになったが、搬入開始の見通しが立てられる段階に至った」と事業が前進していることを強調した一方、「すべての土壌を一度に施設に搬入することは困難。この先数年にわたり仮置き場での保管をお願いせざるを得ないのは誠に申し訳ない」と陳謝した。

 搬入開始には保管場の整備と共に、県が求める汚染土輸送時の安全性確保や、国と地元自治体との安全協定締結などの条件をクリアする必要があり、同省は調整を急ぐ。

望月氏
「目標からは若干遅れることになったが、搬入開始の見通しが立てられる段階に至った」と事業が前進していることを強調
「すべての土壌を一度に施設に搬入することは困難。この先数年にわたり仮置き場での保管をお願いせざるを得ないのは誠に申し訳ない」と陳謝

搬入開始には保管場の整備と共に、県が求める汚染土輸送時の安全性確保や、国と地元自治体との安全協定締結などの条件をクリアする必要

クリアできる見通しが立っているということですよね?具体的な内容は極秘裏に調整してるの?ぼく知らない

 中間貯蔵施設の建設予定地は、福島第1原発に接する同県大熊、双葉両町にまたがる計16平方キロで、貯蔵容量は約2550万立方メートル(東京ドーム約20杯分)。汚染土などは現在、県内各地の仮置き場や除染現場に保管されたままで、除染が進まない一因になっている。

東京ドーム約20杯分

東京にさ、ドームをさ、あと19個作ってさ、そこで保管するのが良いと思うんだ

 政府が2011年10月に示した工程表では、14年7月に本体着工、15年1月から汚染土搬入を始める計画だった。建設受け入れを巡る県側との交渉は、最終処分場化の懸念などから長期化。14年8月末に佐藤雄平知事(当時)が建設容認を表明後も、2000人を超す地権者との用地取得交渉は難航している。

 用地契約に至らない中、当面は予定地内の企業などから無償借用した土地に保管場計約2万平方メートルを整備し、約1年かけて県内43市町村の仮置き場から1000立方メートルずつ試験搬入する方針だ。【渡辺諒、阿部周一】




参考ブログ記事:
2015年01月13日19:24 双葉町が受け入れ表明=3自治体足並みそろう−中間貯蔵施設。昨年8月末に佐藤雄平知事(当時)が受け入れを表明。大熊町は昨年12月に容認。搬入は認めていない

2014年09月03日11:19 内閣改造に合わせて拙速な見せかけの決着?中間貯蔵施設の受け入れと廃棄物の搬入受け入れの判断は別。住民への説明会は不調。用地交渉の進捗はゼロ。

佐藤雄平福島県知事と石原伸晃環境相が暴走!地権者との交渉もなく、福島県と国で上意下達で中間貯蔵施設の建設に合意か?金目発言は住民抜きという意味だったんだね

テレビで怒ってる地権者が多数。ローカル放送だけですか?全国放送では流していない?



20140829_ch442ann

中間貯蔵施設、福島県知事が容認 政府、地権者2千人交渉へ 2014/08/29 17:27
 東京電力福島第1原発事故による除染の廃棄物を保管する中間貯蔵施設について、福島県は29日、佐藤雄平知事が出席して関係部局長会議を開いた。終了後、佐藤知事は「国が示した安全性と地域振興策を県として精査、確認した」と述べ、政府が候補地としている大熊町と双葉町での建設を事実上容認した。

佐藤知事
「国が示した安全性と地域振興策を県として精査、確認した」

 佐藤知事が、週明けの9月1日にも石原伸晃環境相と根本匠復興相に会い伝える。知事が官邸で安倍晋三首相にも面会する方向で調整している。

佐藤雄平知事
石原伸晃環境相
根本匠復興相
安倍晋三首相

地権者をバカにしている政治家リストです

 政府は来年1月までに廃棄物の搬入を始めたい考えで、今後、用地の取得に向け約2千人の地権者と個別交渉に入る。

来年1月www

地権者・住民説明会が先だろう。実効性のある説明会は未だに行われていないのが現実。

用地の取得に向け約2千人の地権者と個別交渉

個別交渉???多数の役人で取り囲んで密室でハンコを押させるのか!暴力団みたいだなあ



中間貯蔵施設巡り双葉、大熊両町民代表に説明 2014年08月28日
 東京電力福島第一原発事故で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の計画を巡り、環境省の井上信治副大臣と県の担当者らは27日、建設候補地の双葉、大熊両町の住民代表の会合で、地域振興策の交付金や用地補償などを説明した。

環境省の井上信治副大臣と県の担当者
双葉、大熊両町の住民代表の会合で、地域振興策の交付金や用地補償などを説明

 会合は、いわき市の双葉町仮役場と会津若松市の大熊町仮役場で、それぞれ非公開で行われた。

非公開


 環境省は、総額3010億円の財政支援策のうち850億円を両町に直接交付する方針や、買い取り以外の用地取得策として所有権を地権者に残したまま利用できる地上権を設定することなどを説明。県は、事故後に下落した土地の価格分を補填する措置などを示した。

環境省
総額3010億円の財政支援策のうち850億円を両町に直接交付する方針
買い取り以外の用地取得策として所有権を地権者に残したまま利用できる地上権を設定することなどを説明


事故後に下落した土地の価格分を補填する措置

そもそも、国の買取額を低く抑えて福島県が補填するなどあり得ません。
粉飾決算ですね。原発事故の処理コストが小さくなりますね。

筋が通らない政策をゴリ押しする政府・自治体は消滅してしまえ

 会合後、双葉町の石田翼・行政区長会長は「明確な反対や異論はなく、国の回答に一定の理解はできると感じた」と話した。地権者が多い大熊町夫沢1区の杉本征男区長は「買い取り額が示されていないのに買うと言われても(判断できない)。地権者説明会をしっかり開いてほしい」と求めた。

双葉町の石田翼・行政区長会長
「明確な反対や異論はなく、国の回答に一定の理解はできると感じた」
地権者が多い大熊町夫沢1区の杉本征男区長
「買い取り額が示されていないのに買うと言われても(判断できない)。地権者説明会をしっかり開いてほしい」

なんとなく見えてきたぞ。
地権者は、買取額も提示されていないのに判断できない。
地権者以外の周辺住民は、カネに目が眩んだんだね。

 双葉町の伊沢史朗町長は「地権者説明に入るかどうか、県や大熊町と相談してなるべく早く判断したい」と話した。井上副大臣は「互いの理解が深まり、有意義だった」と述べた。

双葉町の伊沢史朗町長
「地権者説明に入るかどうか、県や大熊町と相談してなるべく早く判断したい」
井上副大臣
「互いの理解が深まり、有意義だった」



地権者との交渉や価格提示が先ですよね。
順番をすっとばして、国と県が合意するなど自民党の国家主義が地方にも広がっているのでしょうか?



関連ブログ記事:
2014年08月26日13:58 中間貯蔵施設 : 住民不在の政府と自治体の政治遊び。金目だな〜
2014年08月27日19:55 中間貯蔵施設 : NHKニュース7でデマ!受け入れるかもしれないのは佐藤雄平福島県知事だけだ。大熊町も双葉町も受け入れる段階ではなく、「地権者への説明会」を要求。
2014年08月29日19:07 佐藤雄平福島県知事と石原伸晃環境相が暴走!地権者との交渉もなく、福島県と国で上意下達で中間貯蔵施設の建設に合意か?金目発言は住民抜きという意味だったんだね
2014年08月30日20:25 福島県が中間貯蔵施設の建設受け入れ方針 : 交渉の決着へ加速度的になだれ込む展開に、「国や県が先に決めるな」「結論ありきなのか」などと反発や戸惑いの声
2014年09月01日16:50 中間貯蔵施設受け入れ : 内閣改造に間に合わせるためか?住民不在でバタバタと決める政治ごっこ。国家主義者のあべちゃんニッコリ
続きを読む

真っ当なことを言った!石原伸晃環境相 : 中間貯蔵施設で住民に帰還断念要請も 生活補償条件に

20130222_nobuteru2
貯蔵施設で住民に帰還断念要請も 環境相、生活補償条件に 2013年02月21日木曜日
 石原伸晃環境相は21日、福島県内の除染で出た汚染土壌を保管する中間貯蔵施設に関連し、用地取得に伴って一部の住民に帰還を断念するよう求める可能性について「しっかり話をして、お金だけでない生活補償ができれば、そういうことが可能になってくる」と述べた。民放ラジオ番組での質問に答えた。

たぶん、この番組だと思います
TBSラジオ「荒川強啓デイキャッチ」 石原伸晃大臣登場!|株式会社TBSラジオ&コミュニケーションズのプレスリリース

 石原氏は「地元紙のアンケートでは『帰りたくない』『帰れない』という数字が7割だ」と述べ、帰還を望まない避難住民が多くいることも指摘した。政府は福島県大熊、双葉、楢葉の3町に貯蔵施設設置を求めている。

そうです。
避難住民の多くは「帰れない」と思っているのに、政治は何もして来なかった。なんとか、進展させて欲しいです。


環境相、帰還断念「致し方ない」 中間貯蔵施設めぐり発言 2013/02/22 12:57
 石原伸晃環境相は22日、福島県内の除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設をめぐり「施設の場所が決まれば、そこに住んでいた方々は施設がある以上帰ることはできない。物理的な問題として致し方ない」と述べ、施設設置に伴い帰還できなくなる住民が出る可能性にあらためて言及した。閣議後の記者会見で答えた。

はい、物理的な問題です。セシウム134セシウム137の半減期は30年です。

 石原氏は「当然適切な補償で国が土地を買うことになる。そこに住居があれば、その地域の方々が住めなくなるのは一般論として当然だ」とした上で「地権者や地元の方の理解を得るため、丁寧な説明をしなければならない」と強調した。

丁寧な説明が必要です。


前政権のように、期待を抱かせることを並べて先送りすべきではありません。
苦しみを大きくするだけです。



ビミョウな表現もありますから、定例会見も見て☆〜(ゝ。б)ネ

2013/02/22 石原伸晃環境・原子力防災担当大臣 定例会見 | IWJ Independent Web Journal



訂正:20:00
半減期30年は、セシウム137でした。間違えました・・続きを読む

#save_children 細野環境相 除染 ”5ミリシーベルト未満でも対応”

子どもを守れ


NHKローカル:細野環境相 除染 "5ミリシーベルト未満でも対応" 10/2


環境省(先月末)
年間5ミリシーベルト未満の地域 局所的にしか財政措置をしない方針を示す

佐藤知事:
本来なら国・事業者が それぞれの個人の家まで
迷惑をかけたということで 除染するということが筋だろう

細野大臣:
”除染は国の責任でやるべきこと 財政・技術措置講じることを約束したい”

細野大臣:
1〜5ミリの除染 国が責任をもってやっていく
どれくらい徹底して除染できるかは 政府としての姿勢 国のあり方が問われる


当然です ウソつかないでね

あらら、7時のニュースでもやってますね
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード