いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

疑惑

#save_children 厚生労働省が暫定規制値を緩和?!後退!?疑惑 ? パート2

子どもを守れ


さすがは、NHK!国語力が不足しています!!ゆとり??
子どもは成人より放射線の影響を受けやすい → 粉ミルクなどの乳児用食品の基準値を新たに設定
ヘンだと思わないのか?子どもは、乳児だけではありませんからぁ


今後、新たな食品区分ごとに基準値を設定することになります
ココに注意!
「飲料水」の基準を厳しくすれば、「一般食品」の基準を緩くできます。合計の被ばく線量だけしか言っていませんから当然です。まあ、官僚なら考えそうなマジックですよ。注意してください。


乳児用食品も放射性物質基準設定へ NHKニュース
---全文転載
乳児用食品も放射性物質基準設定へ
11月24日 11時39分

食品に含まれる放射性物質の基準値について、厚生労働省は、子どもは成人より放射線の影響を受けやすいと指摘されていることから、粉ミルクなどの乳児用食品の基準値を新たに設定することになりました。

これは、24日に開かれた厚生労働省の部会で決まったものです。食品の放射性物質は、現在、年間5ミリシーベルトを被ばく量の限度の目安として、すべての食品を「野菜類」「穀類」など5つに区分けし、それぞれ暫定の基準値が設定されていますが、子どもが摂取する食品を対象にした基準は設けられていません。厚生労働省は被ばく量の限度の目安を来年4月をめどに、現在の5分の1の1ミリシーベルトに引き下げる方針ですが、それに合わせ、成人より放射線の影響を受けやすいと指摘されている子ども向けの食品について新たに基準を設けることにしたものです。24日の部会では、5つの区分を国際基準に合わせて再編し、新たに粉ミルクなどの「乳児用食品」の区分を設けるほか、「一般食品」、「飲料水」、「牛乳」の合わせて4つの区分に見直す方針が了承されました。今後、新たな食品区分ごとに基準値を設定することになりますが、厚生労働省は、子どもや妊婦への影響や男女の摂取量の違いなどもきめ細かく反映し、年内にも新たな基準値を決定することにしています。
---転載終わり


参考:毎日食べる日本のお米、500Bq/kgでいいの? (ウクライナ・ベラルーシの基準)
kome



関連ブログ記事:
厚生労働省が暫定規制値を緩和?!後退!?疑惑 ?

8/17 RussiaToday 福島第一・地面から水蒸気が噴き出している エライひとが字幕を入れてくれたお

8/17 RussiaToday 福島第一・地面から水蒸気が噴き出している


元記事
Fukushima in meltdown before tsunami hit — RT
---
Fukushima in meltdown before tsunami hit
permalink email story to a friend print version
Published: 17 August, 2011, 17:40
Edited: 17 August, 2011, 22:42

This handout picture taken by Tokyo Electric Power co (TEPCO) on August 10, 2011 shows a construction site for the cover of the unit one reactor building (seen behind) at TEPCO's Fukushima dai-ichi nuclear power plant at Okuma town in Fukushima prefecture (AFP Photo / TEPCO)

Workers at Japan's Fukushima plant say the ground under the facility is cracking and radioactive steam is escaping through the fissures. They also say pipes and at least one reactor were seriously damaged before the tsunami hit the area in March.
The allegations raise concerns that the facility was doomed even before the earthquake triggered the disaster. Problems with deteriorating pipes at the plant had been reported for years. The cooling system failed to stop reactors going into meltdown after it was hit by the 40-metre-high waves. The plant has been leaking radioactive material ever since, despite efforts to clean it up.
Robert Jacobs of the Hiroshima Peace Institute says that the evidence calls into question Japan's nuclear safety.
“There’s certainly a great deal of evidence that appears to suggest that the first reactor, reactor number one, was melting down by the time the tsunami hit,” he told RT. “So, if that’s the case that the reactor was melting down as a result of the earthquake, and not as a result of the tsunami, a nine-point earthquake is something that has the potential to happen throughout Japan, and that would put the reliability and the design safety of all of these reactors in question,” he said.
Reports of decreasing levels of radiation at the facility, Dr. Jacobs went on to explain, are no reason for optimism. It is more likely to mean that the radioactive material is moving away, making its way through the building structures:
“When you have a fragile structure that’s already suffered a great deal of damage and when you have continual aftershocks at the level of six-point, or there’s been some even higher, what we have now is we have the radioactive core that has melted down into the basement, into the bottom of the containment vessel of these reactors, and if the radiation level is going down, where it’s been monitored inside the buildings, and if the water pressure is going down, and the temperature is going down, it’s not that the radiation is just suddenly going away, it means that the radioactive material, the melted core, is simply moving further away from where it’s been measured,” he explained.
The scientist also pointed out that earthquakes are never single events, even when they occur at a high level, and engineers who designed the Fukushima power plant failed to take this into account.
“We are seeing now that these reactors were not safe for earthquakes, let alone for tsunamis,” Robert Jacobs concluded.
Christopher Busby, a professor with the European Committee on Radiation Risks, believes that the world still does not know the true extent of the nuclear crisis in Japan.
“I’ve actually visited there and I’ve taken quite sophisticated radiation measuring equipment,” Busby said. “The concentrations of the radio nuclides on the ground – even as far as 100 and more kilometers away from the plant – are very much higher than they have been saying…. The concentrations of Cesium 137 – for example, in [car] filters – is more than 100,000 times higher in terms of air concentration than the air concentration at the peak of the weapons fallout in 1963. So we are talking about serious levels of radioactive nuclides. And the fact is that it is effectively being ignored by the authorities, [who are] concentrating on the external dose rates.”
“We found one sample in Tokyo that had levels of radioactivity higher than levels in the Chernobyl exclusion zone,” he added.
---


こちらの情報が先でしたが、、
福島第一原発敷地内で「地割れ、水蒸気が噴出している」情報。再爆発の懸念も。 - 放射能防御プロジェクト 木下黄太のブログ  「福島第一原発を考えます」


確証はありませんが、
比較的信ぴょう性は高そうかな (б_б?)ハテナ?



関連するかわかりませんが、こんなニュースも

時事ドットコム:共用プール建屋地下に水=電線管から9トン流入−福島第1
---全文転載
共用プール建屋地下に水=電線管から9トン流入−福島第1

 福島第1原発事故で、東京電力は15日、各号機共用の使用済み燃料プールがある建屋の地下に電線管から地下水が流入していることが分かったと発表した。判明したのは13日夕で、量は推定約9トン。放射能汚染水用タンクに移送した後、流入を止める工事を行う。
 同原発では事故前まで、各建屋の周囲の地下水をポンプでくみ上げていたが、事故でポンプを動かせなくなったため、周囲の地下水の水位が上がっている。東日本大震災でコンクリート製の電線管にひびが入るなどして地下水が入り込み、プール建屋地下に流入したと考えられるという。(2011/08/15-13:05)
---転載終わり

地下水の水位は上がっています。


110815 東電会見 午前
6:30くらいから
流入した水の放射線量は、高くないそうです。
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード