いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

福島市

#save_children 【タイトル詐欺?】6割が0.1ミリシーベルト?6割が0.2ミリシーベルト未満

子どもを守れ


下のグラフと見て、どう思いますか??わたしには、0.2ミリシーベルト未満に見えます。

さて、
月間0.2ミリシーベルト未満とすると、年間2.4ミリシーベルト未満。64%
9月の測定ですから、空間線量は減少しています。
1年目に関しては、多すぎる印象。
2年目以降に関しては、内部被ばくがゼロなら許容限度か?と個人的な印象。
月間0.3ミリシーベルト未満とすると、年間3.6ミリシーベルト未満。17%
9月の測定ですから、空間線量は減少しています。
1年目に関しては、容認できない印象。
2年目に関しては、多い印象。


呼吸を含めた内部被ばくを防ぐ必要があるでしょうね。
放射性物質が飛散すると思われる”除染”が完了するまで、集団疎開などで対応するのが良いでしょう。


20111103_sagi

福島、6割が0.1ミリシーベルト ガラスバッジ測定結果(福島民友ニュース)
---全文転載
福島、6割が0.1ミリシーベルト ガラスバッジ測定結果

 福島市は1日、中学生以下の子どもと妊婦を対象に9月に行った、約1カ月にわたる積算線量測定結果を明らかにした。回収した3万6478人のうち、64.4%に当たる2万3539人は0.1ミリシーベルトで、適切な測定を行った中で最も線量が高かったのは、同市蓬莱地区の小学生が測定した1.7ミリシーベルトだった。市は、同日までに測定結果などを全対象者に配布、「健康に影響はないレベル」としている。

 市は、8月27日から希望者3万6989人に小型線量計(ガラスバッジ)を配布した。市は、0.6ミリシーベルト以上を測定した16人の対象者に対し聞き取り調査などを行った。市によると、適切な測定を実施しなかった5人を除き、1.7ミリシーベルト、1.6ミリシーベルト、0.9ミリシーベルトを測定したのが各1人、1.4ミリシーベルトは2人、0.6ミリシーベルトは6人だった。市内で比較的線量が高い大波、渡利の両地区や自宅付近に高線量地点があるなどの居住環境が影響しているほか、自転車の利用が多い、高い線量の地区に外出したなどの行動が要因とみられる。適切ではない測定の理由は、屋外に放置していた―など。
(2011年11月2日 福島民友ニュース)
---転載終わり

#save_children 良いニュース 福島県人口流出止まらず 前月比2900人減

子どもを守れ


福島市が725人減
郡山市が697人減

住民票をそのままにして引っ越したりする人の数は含まれない。


河北新報 東北のニュース/福島県人口流出止まらず 前月比2900人減
---全文転載
福島県人口流出止まらず 前月比2900人減

 福島第1原発事故による福島県内の人口流出が、依然止まる気配をみせていない。県が9月1日現在でまとめた推計人口は199万1506人で、前月より2900人減少した。特に県内でも放射線量が高めの中通り地方で流出が目立ち、県統計調査課は「子どもを持つ家族が夏休みに合わせて避難したのではないか」と分析している。
 地域別の減少数では、中通り地方の29市町村で2009人に上り、県全体の約70%を占めた。市町村別では福島市が725人減で最も多く、次いで郡山市が697人減となった。
 原発に近い浜通り地方の13市町村は前月比847人の減少。事故直後の3月に4572人、4月に5327人がそれぞれ流出したが、落ち着きつつあるとみられる。会津地方の17市町村は44人減で前年並みの水準にとどまっている。
 推計人口は各市町村の住民基本台帳を基に調べるため、住民票をそのままにして引っ越したりする人の数は含まれない。実際には、さらに多くの人が県外に流出しているとみられる。

2011年11月03日木曜日
---転載終わり

#save_children 福島市教委 放射性物質検出なし (。б_б。)ノハイ 福島県産の食品を殆ど使用していない?測定していない??ようです

子どもを守れ


(。б_б。)ノハイ 福島県産の食品を殆ど使用していない?測定していない??ようです


給食の食材 初検査 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
給食の食材 初検査

福島市教委 放射性物質検出なし

 福島市教委は1日、市立小学校3校の給食で使用する食材の放射性物質を初めて検査し、結果を公表した。いずれの食材からも、放射性物質は検出されなかった。

 同市教委では、これまでも各自治体が行う測定結果で国の暫定規制値を超えずに流通している食材を使用。ただ、保護者の要望があり、給食に出される食材を直接検査することにした。

 この日の検査では、飯坂と福島第一、福島第三で使用する鶏肉や白菜などの食材12品を測定し、いずれも放射性セシウムとヨウ素は検出されなかった。

 同市では、今後も順次、給食のある平日の午前中に検査を行い、結果を市のホームページで公開することにしている。

(2011年11月2日 読売新聞)
---転載終わり


学校給食用食材の放射性物質の測定結果【市測定】をお知らせします | 福島市震災関連情報サイト
平成23年11月1日使用分測定結果【PDFファイル:127KB】
20111102_f01

20111102_f02

#save_children #NHK あさイチ 【速報】よいこと:福島市の小学生の避難は、いまも増え続けています 追記:最後に番組に批判的なファックスを4つ紹介

子どもを守れ


NHKのあさイチを見ています。

福島市の小学生の避難がジワジワと進んでいます。もっと、加速させなければ


2011/11/02 09:20:58
#NHK あさイチ。。おお、避難者が増えてますね 良いこと


002



追記:10:10 最後に番組に批判的なファックスを4つ紹介

003

004

005

006

福島市で大規模除染開始 NHK vs ANN

日本放送協会とテレビ朝日を並べてみた


福島市 大規模除染作業始まる NHKニュース
---全文転載
福島市 大規模除染作業始まる
10月18日 11時55分

東京電力福島第一原子力発電所から拡散した放射性物質を取り除くため、福島市で、18日から大規模な除染作業が始まりました。

福島市は市内全域を除染する計画を掲げていて、18日から市内でも比較的放射線量が高い大波地区で作業を始めました。18日は住宅1棟を庭なども含めて除染する作業が行われ、市が委託した業者が、高圧洗浄機を使って屋根や雨どいを洗浄したり、庭に植えられた樹木や土の表面を取り除いたりする作業に当たりました。福島市は、来年度までに市内全域の11万世帯のほか、公共施設や通学路などを中心に除染することを目指していて、大波地区をモデルケースとして、除染のノウハウなどを蓄積していきたいとしています。福島市は、放射線量が比較的高い地域については除染を業者に委託する予定ですが、それ以外は住民やボランティアに協力を求めていて、協力してくれる人を確保できるかどうかや、除染で出る土などの処分場所がほとんど決まっていないことなど、課題が多く残されています。福島市で除染を担当している草野利明防災専門官は、「いよいよ作業が始まりましたが、まだまだ第一歩です。業者の数に限りがあるし、今後計画している山林の除染など、経験していないことも多く、いくつも超えなければならない壁がたくさんあります。これから長い戦いになると思います」と話していました。
---転載終わり

20111018_nhk01

除染というより、洗浄ですね。お掃除

20111018_nhk02

雨どいを洗浄するのは、効果がありそうです。
屋根は、葺き替える必要があります。

20111018_nhk03

そうですね。除去するのです。屋根も同じように除去すべきなのです。

20111018_nhk04

(。б_б。)ノハイ 遅いですね。

20111018_nhk05

そんなには、期待できないでしょうね。
周辺の放射線量くらいまでは下がる可能性があると思います。

おじさん!マスクしてね どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。



首相 福島市の除染作業を視察 NHKニュース
---全文転載
首相 福島市の除染作業を視察
10月18日 12時24分

野田総理大臣は、18日、福島市を訪れ、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて拡散した放射性物質を取り除く、大規模な除染作業を視察しました。

原発事故によって拡散した放射性物質を取り除くため、福島市では18日から、比較的放射線量が高い大波地区で大規模な除染作業を始めています。野田総理大臣は、午前11時半ごろに大波地区に到着し、担当者から説明を受けながら、高圧洗浄機を使って住宅の屋根や壁を洗浄している様子や、庭の土の表面を削り取る除染作業を、およそ20分間視察しました。野田総理大臣は、福島県大玉村に設けられた仮設住宅なども視察することにしています。
---転載終わり


20111018_nhk11

君たちにはマスクあげないもん。。ってか、ホントに無知なのか (б_б?)ハテナ?


【原発】福島市で大規模除染開始 野田総理が視察
---全文転載
【原発】福島市で大規模除染開始 野田総理が視察(10/18 11:49)

 福島市では、原発事故に伴って18日から11万世帯を対象に大規模な除染作業が始まりました。野田総理大臣が視察に訪れています。

 野田総理は、昼前に除染現場を後にしました。20分ほどの視察でしたが、その内容に手応えを感じた様子でした。福島市にある住宅では、高いところで毎時34マイクロシーベルトで、年間の被ばく線量は5ミリシーベルトを超えています。そのため、高圧洗浄機などを使って除染作業を進めていますが、野田総理はその様子を食い入るようにして見ていました。18日から始まった大規模除染ですが、視察をする野田総理をよそに、地元住民からは批判の声が上がっています。
 地元の住民:「できれば、夏休み前に子どもたちがいるうちにやってほしかった。なかなか除染作業が進まなくて、転校していった子どもたちもいますから」「本当にどこまで(除染が)できるのか心配です」
 福島市では除染対象となっている全11万世帯のうち約4万世帯について、少なくとも2年以内に除染を完了したいとしています。野田総理は除染を視察することによって、地元の協力について理解を得ようとする狙いもありますが、地元自治体からは、廃棄物の中間貯蔵施設や最終処理が整備されないと除染が進まないという声も上がっています。
---転載終わり


20111018_ann01

放射能つけちゃうぞ

20111018_ann02

遅すぎですよね。

20111018_ann03

(*б゛б)ウーン・・・ 除染は失敗しますから、転校して正解です。

20111018_ann04

洗浄すれば少しは放射線量が減ると思いますが、山林を放置すれば放射性物質がやって来ます。

20111018_ann05

(*б。б)(*_ _)ウン♪ 思っていたより防護していますが、ヘルメットとカッパのあたりは違うっしょ

#save_children 渡利地区の特定避難勧奨地点指定除外に関する住民説明会

子どもを守れ


11/10/8【IWJ福島1】渡利地区住民説明会中継つぶやきまとめ - Togetter
10月8日19時〜
渡利地区の特別避難勧奨地点指定除外に関する住民説明会 [説明者] 福島県現地対策本部。

【IWJ福島1中継】
渡利地区住民説明会中継(前半)約3時間
http://www.ustream.tv/recorded/17748603
渡利地区住民説明会中継(後半)約2時間
http://www.ustream.tv/recorded/17751050


渡利地区住民説明会中継(前半)約3時間


Video streaming by Ustream

渡利地区住民説明会中継(後半)約2時間


Video streaming by Ustream


参考:(わたしのWiki)
放射線量の自然減衰
除染の限界
ふくしま市政だより:10月号


参考:(わたしの過去のブログ記事など)
福島市2011061720 - Google マップ より6月の渡利地区の線量(福島市測定)
右下付近が渡利地区
2.00〜2.50 オレンジ、2.50〜3.00 ピンク、3.00〜3.50 黄色、3.50〜 黄色ポチ(すべて、μSv/h)
20111009_watari

【マスク】除染の被ばく 安全基準新設へ
福島市 ピント外れだよね
福島市内で高セシウム=3カ月前より濃度上昇地点も−NGO (。б_б。)ノハイ 当然です。
1101003 自主避難にも賠償を求める院内集会・交渉
放射線測って安心 10万円以下でも自衛に効果

#save_children 福島市 ピント外れだよね

子どもを守れ


福島市渡利、小倉寺、南向台を指定せず 避難勧奨地点
---全文転載
福島市渡利、小倉寺、南向台を指定せず 避難勧奨地点
2011年10月 5日 | カテゴリ: 福島第一原発事故

 政府の原子力災害現地対策本部は4日までに福島市渡利、小倉寺、南向台の3地区を住民に自主的な避難を促す特定避難勧奨地点に指定しない方針を固めた。渡利、小倉寺両地区の住民へは8日の説明会で正式に伝える。南向台地区の説明会の日程は調整中。
 8月に渡利、小倉寺両地区の計1038地点で実施した詳細調査の結果、地上1メートルで毎時0・21〜3・1マイクロシーベルトが計測されていた。
 今回の調査では積算線量が年間20ミリシーベルトに達する基準値は毎時3・0マイクロシーベルト(地上1メートル)で、最大値は渡利地区が毎時3・0マイクロシーベルト、小倉寺地区が毎時3・1マイクロシーベルトとそれぞれ1地点で基準以上になった。
 国と市が同日までに対象2地点の住民から「避難しない」との意向を直接確認し、除染による放射線量の低減で年間被ばく量を減らすことにした。南向台地区は二丁目と三丁目の計674地点を調査した結果、地上1メートルの線量が毎時0・32〜2・0マイクロシーベルトと基準値を下回った。
---転載終わり


18日から本格除染 福島市大波
---全文転載
18日から本格除染 福島市大波
2011年10月 5日 | カテゴリ: 福島第一原発事故

 市内全域での除染を計画している福島市は18日から大波地区で本格的な除染を始める。12月下旬までに放射性物質を含む土を地区内に設けた仮置き場に搬入し、埋設する予定。
 市が全額費用負担して実施する放射線量が毎時2・5マイクロシーベルト以上と、18歳以下の子どもがいる毎時2・0マイクロシーベルト以上の世帯から始める。環境に優しい洗剤を使用した屋根や壁、敷地内側溝の高圧洗浄、表土剥ぎ取りや草むしりなど当面は2日かけて1戸の除染を完了させる。除染の前後には放射線量を測定する。
 基準を下回った住宅も高圧洗浄は市が業者に委託して26日から始める。人手が必要な表土除去や草むしりなどの作業はボランティアの協力を得て土・日曜日に取り組む。
 周囲に山林がある住宅は20メートルの範囲で、間伐や落ち葉拾いをする予定。
---転載終わり


福島市内で高セシウム=3カ月前より濃度上昇地点も−NGO (。б_б。)ノハイ 当然です。
一方、市民は既に検査済み。

(〃бOб)ノ コラァ〜 政府・行政は2周遅れくらいです

#save_children 福島市内で高セシウム=3カ月前より濃度上昇地点も−NGO (。б_б。)ノハイ 当然です。

子どもを守れ


(。б_б。)ノハイ 当然です。風雨で多少は移動しますから、増えたり減ったりです。
除染しても良いですが、永遠に除染が必要ですからね。1ヶ月ごと?季節ごと?は不明ですが、、
簡単に除染できるならチェルノブイリで25年も苦しんでいるハズがありません。

避難すべきです


福島市ふるさと除染計画
20111005_fukushimacity

放射性物質の物理的減衰及び風雨などの自然要因による減衰(ウェザリング効果)によって、2年を経過した時点における推定年間被ばく線量は、現時点より約 40%減少するという試算を示しています。

ウェザリング効果 ヾ(бoб;o) ォィォィ


時事ドットコム:福島市内で高セシウム=3カ月前より濃度上昇地点も−NGO
---全文転載
福島市内で高セシウム=3カ月前より濃度上昇地点も−NGO

 東京電力福島第1原発事故の影響を調べているNGO「FoE Japan」などが5日、東京都千代田区永田町の参院議員会館で会見し、福島市内で高濃度のセシウムに汚染された地域があることを明らかにした。
 NGOによると、調査は9月14日に実施。神戸大大学院の山内知也教授(放射線工学)に依頼し、福島市小倉寺と渡利の計5カ所で土壌のサンプル調査を行った。
 この結果、最も濃度が高かった地点では1キロ当たりセシウム134と137が計30万ベクレルを超えた。3カ月前と比較して濃度が5倍以上になっている場所や、学童保育が行われている建物の近くで15万ベクレルを超えていたケースもあった。
 山内教授らの調査では既に、これらの地域では放射線量が高い「ホットスポット」があることが分かっている。同教授は「時間がたってセシウムの濃縮が進み、汚染が進行している地域もある」と指摘。「泥を除いたり、水で洗い流したりするだけでは線量が下がらない場所もある。子どもと妊婦を避難させた上で、アスファルトやコンクリートの除去なども考える必要がある」と訴えた。(2011/10/05-12:38)
---転載終わり


録画日時 : 2011/10/05 10:00 JST
111005 福島市渡利における土壌汚染調査結果と避難区域の設定の問題点

Video streaming by Ustream


関連:除染の限界

#save_children ふくしま市政だより 10月号 “φ(б_б*)゛ 添削とコメント

子どもを守れ


福島県福島市ホームページ 広報紙 市政だより 平成23年10月1日発行分

表紙
20111004_f00

進めています 食の安全確保

(。б_б。)ノハイ 期待を持たせる特集ですね。。
安全と言ってしまって良いのですか?安心だけじゃないよね。


2ページと3ページ
20111004_f0102

2ページ
それぞれ指定した日に測定します。
ヽ(бoб; オイオイ 毎日測定してください!

3ページ
農産物の放射能測定の図解に関して
充分に水洗いする過程が書いてありません。洗ってから測定しているなら悪質な印象操作です。

一日10検体程度を週3回検査。
ヽ(бoб; オイオイ そんなチョビットしか検査しないから不信感が有るのですよ!

食品中の放射性物質に関する指標値【各国との比較】に関して
各国の輸入規制値と比較しています。そんな数値は比較対象ではありません。
コーデックスの数値は、輸入比率を10%として国内食品の汚染は無い前提です。
世界各国の政策当局にしてみれば、汚染食品を10%も輸入することはありませんから、軽い気持ちでコーデックスに準拠しても問題ないでしょうね。
比較するなら、ウクライナ・ベラルーシの規制値だけです。

世界の食品規制値 - 放射能 (б▽б;;)げ〜 - livedoor Wiki(ウィキ)
も参照してください。


4ページと5ページ
20111004_f0405

4ページ下
各ご家庭で、比較的高い線量が測定された地点の再測定を行います
(。б_б。)ノハイ 良いことです

一般的に、簡易測定器の測定値は目安程度なのが常識です。食品などの測定はできません。
国民生活センターがテストしたのは、すべて中国製の安い測定器です。印象操作と言われても仕方ないですよ。
参照:比較的安価な放射線測定器の性能(発表情報)_国民生活センター

ネットでの評価が高い測定器は、ロシア製のようです。
放射線測って安心 10万円以下でも自衛に効果
放射線測定器 - 放射能 (б▽б;;)げ〜 - livedoor Wiki(ウィキ)
も参照してください。

「ホールボディーカウンター」そ独自に導入
(。б_б。)ノハイ 良いことですが、注意点があります。

一般的に、バックグラウンド(周囲の)放射線量が高いほど検出限界が高く(緩く)なります。測定時間が短いほど検出限界が高く(緩く)なります。

福島県などの調査では、検出限界が高すぎるという批判があります。
県民健康管理調査 - 放射能 (б▽б;;)げ〜 - livedoor Wiki(ウィキ)
WBC測定結果の見方 ベラルーシ基準 - 放射能 (б▽б;;)げ〜 - livedoor Wiki(ウィキ)
も参照してください。


5ページ
Q1とQ2に関して
飯舘村でプルトニウム、白河市でストロンチウムが検出されています。
福島市や郡山市を測定したかは不明です。十分な調査はされていないと思われます。
尚、プルトニウムとストロンチウムの検出は難しく、専門機関で何日もかかる作業です。
プルトニウムやストロンチウムが、福島県内のアチコチにあるようです
も参照してください。

Q3に関して
(。б_б。)ノハイ 数年程度までは急激に減衰します。その後はなかなか減らないです。
放射線量の自然減衰 - 放射能 (б▽б;;)げ〜 - livedoor Wiki(ウィキ)
も参照してください。

Q4に関して
(。б_б。)ノハイ 外部被ばく(空間線量)については、その通りです。
しかしながら、内部被ばくでの健康被害の主要な要因はベータ線によるものと言われています。


6ページと7ページ
20111004f0607

6ページ

子どもたちの心のケアに関して
年間20ミリシーベルトなどは、とんでもなく高い被ばくです。
毎時0.6マイクロシーベルトなら、放射線管理区域です。
子どもが生活できるような環境ではありません。

危険なのですから不安な気持ちになるのは、正常な精神状態です。
安心してしまうことが、精神的に異常な状態です。


追記:16:25 ページ数の誤りを訂正しました

#save_children 除染は水撒きじゃないしぃぃ。。5ミリシーベルトは1マイクロシーベルトじゃないしぃぃ。。福島市の測定地点を誤魔化してるしぃぃ。。

子どもを守れ


まあ、水撒きすればキレイになるよね。放射性物質は落ちないかもですけどね。
ゴシゴシ

財政支援を年間被ばく線量5ミリシーベルト(毎時0.99マイクロシーベルト)以上とする方針。
5ミリシーベルト/年 = 0.57マイクロシーベルト/時です。これでも、放射線管理区域相当だ。

福島市の測定地点を誤魔化して1マイクロシーベルト/時以下に見せかけてます。
参照:ズルして福島市の放射線量を1μSv/h未満にした理由はこれ (б_б?)ハテナ?


20110930_mainichi

福島第1原発:南相馬市役所で初の除染実施 - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
福島第1原発:南相馬市役所で初の除染実施
2011年9月30日 12時26分 更新:9月30日 13時22分

 東京電力福島第1原発から20〜30キロ圏の「緊急時避難準備区域」が解除される30日、福島県南相馬市は、市役所の敷地の除染を初めて実施した。市民に除染活動をアピールするとともに、財政支援に消極的な国への働きかけも兼ねている。

 午前5時半、職員約50人が庁舎前の駐車場に集合。雨がっぱやマスク、帽子を身に着け、約1時間半かけて駐車場や植え込みなど約3000平方メートルを、高圧洗浄機やデッキブラシなどで洗い流した。排水溝に流れたごみは乾かしてシートに包み、敷地内で保管する。

 環境省は、地域の全面的除染への財政支援を年間被ばく線量5ミリシーベルト(毎時0.99マイクロシーベルト)以上とする方針を示しており、県内自治体は反発を強めている。南相馬市の西谷地勝利財務課長は「市役所の除染で市民に安心安全の取り組みを伝えたかった。5ミリシーベルト未満でも健康に影響ないと実証されているわけではなく、国の全面支援が必要だ」と話している。【高橋秀郎】
---転載終わり


参考:
除染の限界

#save_children 福島市 全世帯対象に除染計画 ヽ(бoб; オイオイ 住民に意味のない被ばくをさせるな!!

子どもを守れ


(〃бOб)ノ コラァ〜 「住民に協力してもらう」となっています。
ヽ(бoб; オイオイ 住民に意味のない被ばくをさせるな!!

市民団体の実施調査では除染はムリと結論が出ています。
除染とは、避難をさせたくない為の茶番でしかありません


20110928_nhk

福島市 全世帯対象に除染計画 NHKニュース
---全文転載
福島市 全世帯対象に除染計画
9月27日 19時12分

福島市は、市内全域の放射線量を大幅に減らすため、11万世帯すべてを対象に除染を進めるとした計画をまとめ、27日に発表しました。

これは、福島市の災害対策会議で27日に発表されたものです。それによりますと福島市は、今後2年間で市内全域の大気中の放射線量を1時間当たり1マイクロシーベルト以下に減らすため、重点的に除染を進めるとしています。このうち、放射線量が比較的高く高校生以下の子どもがいる住宅などについては、市が業者に委託して屋根や側溝など住宅全体の除染を行うとしています。さらに、それ以外の住宅についても住民に協力してもらい、11万世帯すべての除染を進めるとしています。放射線量が比較的低いとされる場所の住宅の屋根や側溝の除染は、当初、原則として市から委託を受けた業者が行うとされていましたが、国の財政的な支援がどの程度見込めるかがはっきりしないため、「委託業者による除染」は計画には盛り込まれず、「住民に協力してもらう」となっています。また、公園や公民館など公共施設の除染は市が行う一方、住宅の除染などで人手が足りなかった場合は、全国から募集するボランティアを派遣するとしています。福島市によりますと、2年間で重点的に除染したうえで、さらに3年をかけて市内全体の除染を完了させたいとしています。福島市では、一部の地域で避難が求められる国の目安に近い放射線量が計測され、住民からは早急な対策を求める声が上がっていました。しかし今回の計画では、市の7割を占める山林や田畑の除染は、国の指針が示されていないため、具体的にどうするかが盛り込まれなかったほか、除染で出た放射性物質を含む土などの処理方法も決まっておらず、福島市は今後、住民への理解を求めたいとしています。
---転載終わり


詳細資料は福島市のサイトから どぉぞっ♪ヽ(*б-б*)。
福島市ふるさと除染計画・除染マニュアルを策定しました | 福島市震災関連情報サイト

#save_children ズルして福島市の放射線量を1μSv/h未満にした理由はこれ (б_б?)ハテナ?

子どもを守れ

本来は、避難してから除染です。


【注意】福島市の放射線量は捏造(?)されています
で指摘済みです ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!

福島市の放射線量は、測定地点の変更によって10%ほど下がっています。
最近の福島県やテレビでの発表値は1μSv/h未満になることが多いのですが、
旧測定地点なら1μSv/h以上になるのは確実です。

ま、10%違うだけとも言えるのですが、、1μSv/hが重要なのかもしれません。


asahi.com(朝日新聞社):除染対象、福島全土の7分の1 専門家が最大値試算 - 東日本大震災
---全文転載
2011年9月15日5時48分
除染対象、福島全土の7分の1 専門家が最大値試算

 東京電力福島第一原発事故に伴い、放射性物質の除染対象になる可能性のある地域は、最大で福島県全体の7分の1に当たる約2千平方キロに及ぶことが専門家の試算で分かった。除染土壌の体積は東京ドーム80杯分に相当する1億立方メートルに上る計算だ。中間貯蔵施設の規模と建設費に影響することから、政府は今後、除染地域の絞り込みや技術開発などによる大幅な減量化を迫られそうだ。

 森口祐一東京大教授(環境システム工学)が試算した。森口教授は、除染の考え方や手順などを盛り込んだ除染基準をまとめるために環境省が14日に初会合を開いた有識者による「環境回復検討会」のメンバー。

 森口教授によると、年間の追加被曝(ひばく)線量を1ミリシーベルト以下に抑える目安として、毎時1マイクロシーベルト以上の分布域を、6月下旬に測定された空間線量のマップから抜き出した。警戒区域と計画的避難区域計1100平方キロを含む約2千平方キロにのぼった。その全体を、セシウムをほぼ除去できるとされる深さ約5センチまではぎ取ると、体積は約1億立方メートルになる。

 原発敷地内で生じた使用済みの作業服や金属類などの最終処分場である低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ケ所村)と同じ構造の中間貯蔵施設を造ると仮定すると、センターの建設費は20万立方メートル分で約1600億円なので、この試算をそのままあてはめれば建設費は500倍の約80兆円になる。

 ただ、試算では土地の用途は考慮していない。対象面積の約6〜7割を占める森林で人家から遠い山間部や、市街地の舗装路などを除けば、数千万立方メートル程度に抑えることも可能とみられる。森口教授は「実際にすべてを除去することはないだろうが、除染の大変さと、そのしわ寄せをだれが負担するのかを考える参考にしてほしい」と話す。試算結果は環境省の職員も参加した勉強会で報告されたという。

 環境省などは土壌の量を減らすため、除染対象を人家に近い地域や農地などを中心に絞り込んだり、はぎ取る深さを工夫したり、放射性物質を土壌から分離する技術開発などを急ぐことにしている。

 環境省はこうした数字も念頭に、除染する範囲とそれによって生じる土壌の量などの試算値を検討会に示し、議論のたたき台とする方針。8月に成立した特別措置法の施行に合わせて、来年1月から除染を本格的に始めるため、11月中には除染基準の原案を固める。(森治文)
---転載終わり

年間の追加被曝(ひばく)線量を1ミリシーベルト以下に抑える目安として、毎時1マイクロシーベルト以上の分布域を、6月下旬に測定された空間線量のマップから抜き出した。
毎時1マイクロシーベルト
そもそも、毎時1マイクロシーベルト=年間8.76ミリシーベルトですからね。オカシイでしょ
しかし、文部科学省の校庭の除染基準もこれでしたね。


http://www.reconstruction.go.jp/topics/05jyosen.pdf
20110916_josen

こちらの資料には、毎時1マイクロシーベルトとは書いてありません。
8月26日付ですね。
ズルして福島市の放射線量を1μSv/h未満にしたのは、9月1日からです。


除染もしたくないのでしょうか?

年間最大68ミリシーベルトの外部被曝 浪江町の住民 (б▽б;;)げ〜

事故から2カ月間に約50ミリシーベルト被曝
福島市への避難者は57〜68ミリシーベルト (o*б ゛б)o ・・ショボーン... プラス7〜18シーベルト
郡山市への避難者は57〜59ミリシーベルト
二本松市の避難者は59〜64ミリシーベルト


20110911_namie

asahi.com(朝日新聞社):年間最大68ミリシーベルトの外部被曝 浪江町の住民 - 東日本大震災
---全文転載
年間最大68ミリシーベルトの外部被曝 浪江町の住民

 東京電力福島第一原発から約30キロ離れた福島県浪江町赤宇木(あこうぎ)地区の一部住民は、事故から2カ月間に約50ミリシーベルト被曝(ひばく)し、福島市などに避難後を含めた年間被曝量は最大68ミリシーベルトに上ると推計されることが、弘前大などの研究でわかった。同地区にとどまった場合、年間被曝量は約190ミリシーベルトに達すると試算された。7日の英科学誌ネイチャーのサイエンス・リポートに論文が発表された。

 弘前大被ばく医療総合研究所の床次眞司(とこなみ・しんじ)教授らは4月中旬、原発から20キロ以上離れた北西方向1623カ所の大気中の放射線量を測定。住宅地で最も高かったのは、浪江町赤宇木小阿久登(こあくと)の毎時32マイクロシーベルトだった。

 周辺住民が1日8時間を屋外で過ごしたと仮定し、セシウム134や137の半減期などを考慮すると、1年間の外部被曝量は計約190ミリシーベルトに上ると試算した。

 原発30キロ圏外の赤宇木地区は4月中旬に計画的避難区域に指定され、住民は5月末までの避難を求められた。床次さんらは事故から2カ月後に避難したと仮定し、年間被曝量を推計。福島市内には毎時3.2マイクロシーベルトの地域もあり、同市への避難者は57〜68、郡山市の避難者は57〜59、二本松市の避難者は59〜64ミリシーベルトと推計された。

 文部科学省によるモニタリング調査によると、浪江町内でも赤宇木地区は、高い放射線量が計測されている。一般の人が人工的に浴びる放射線量の上限は年間1ミリシーベルト、業務に従事する男性は50ミリシーベルト。今回の原発事故では、年間20ミリシーベルトを超える地域に避難を求めた。床次さんは「避難することで、被曝量を3分の1に減らすことができた。放射線防護の点から、政府の避難指示は妥当だった」と話す。

 事故当時、赤宇木地区には約360人、うち小阿久登には約20人が暮らしていた。(岡崎明子)
---転載終わり

#save_children 【注意】福島市の放射線量は捏造(?)されています

子どもを守れ


まさか、ここまで、なめたマネをするとは・・ (б▽б;;)げ〜
わたしも騙されていました (;б。б)ゞ ゴメンネェ...


2011/09/08 22:18:41
『〔放射能〕福島市の測定値が急に下がった背景に「トリック」あり
』低気温のエクスタシーbyはなゆー|http://t.co/LbeNfxP



福島市の放射線測定値は、測定地点が変更になった為に下がりました。


福島市|各地の放射線量
20110909_f_nhk

8月31日 1.13マイクロシーベルト毎時
9月 1日 1.02マイクロシーベルト毎時
測定地点の変更によって、約10%ほど下がったことになります。


ロクな告知もされていません
福島県内各地方 環境放射能測定値(暫定値) (第4087報)
20110909_f4087

↑ いちおう、記載はあります

福島県内各地方 環境放射能測定値(暫定値) (第4088報)
20110909_f4088

↑ すぐに、記載はなくなっています


そもそも、県北保健福祉事務所は妙に放射線量が低いです
福島市2011061720 - Google マップ
20110909_ff

6/17〜6/20の福島市による測定値(青ポチ地点が県北保健福祉事務所)
福島市2011061720
0.00〜0.50 水色
0.50〜1.00 緑
1.00〜1.50 青
1.50〜2.00 紫
2.00〜2.50 オレンジ
2.50〜3.00 ピンク
3.00〜3.50 黄色
3.50〜   黄色ポチ


過去からの継続性を考えるなら、福島市の放射線量は10%増しで考えてください。
そもそも、あの地点は妙に放射線量が低いことも頭に入れておいてください。

#save_children (〃бOб)ノ コラァ〜 ふくしま市政だより(9月号) 安易な除染によって、健康被害を拡大しそうです

子どもを守れ


ふくしま市政だより(9月号) 安易な除染によって、健康被害を拡大しそうです


除染の功罪

1.除染は危険な作業です
まるで清掃作業のように考えているフシがありますが、全く違う作業です。本来なら専門家が行う作業ですが、100歩譲っても管理された作業員が行うべきです。通常時の原発作業と同等以上の作業ですから、キチンとした装備が必要です。線量管理、特に内部被ばくの管理が必須です。

2.除染自体が空中に放射性物質を飛散させます
決めつけていますが未知です (б。б;A)゛アセアセ
厳密な測定が必要ですが、測定された形跡が乏しいと思われます。精度の粗い測定による不検出ではなく、検出できる精度で、作業前・作業中・作業後の空中の放射性物質を測定すべきです。
参照ブログ記事:チェルノブイリ周辺では、粉塵による内部被ばくを避けるために作付けをしません
【デマ】大気中に放射性物質は無いからマスクは不要 (〃бOб)ノ コラァ〜 福島市では放射性物質が浮遊していることが確定しました
マスクは必要!?1000倍の1000倍単位が違っています

3.除染により避難が不要のような錯覚を引き起こします
20ミリシーベルト/年などの法外に高い基準をクリアするために除染が利用されています。
5ミリシーベルト/年を超えるような地域は居住不適です。除染しても居住不適なことに変化はありませんが、避難を遅らせてしまいます。

功が無いけど、気にしないでくださいNE!!


少なくとも子ども妊婦避難させるのが先です。


ふくしま市政だより(9月号) 2〜5ページ
20110905_f1

20110905_f2

まあ、興味のある方は読んでください。


除染で線量を下げることはできない事は実証済みです
20110905_f4

”除染率”などの用語を使用して効果があるような書き方ですが、除染後の線量は高いですね。
マスコミも同じトリックでミスリードしています。
内部被ばくを測定しているようには見えません。


安全確保ができるのか心配です
20110905_f3

気象研究所のシミュレーションから、福島市などへの放射性物質の拡散を考えてみるお

20110711_2011031517

20110711_2011031521

上の画像は、
気象庁気象研究所:東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う放射性物質の移流拡散について
のシミュレーション動画から抜粋しました。
---
※グラフ・動画をご覧になる前に
 ここで示す放射性物質の移流拡散は、地表面や海面への沈着(大気からの除去)を考慮しないなど様々な仮定に基くシミュレーションであることに注意してください。
動画 シミュレーションによる1時間ごとのヨウ素131の移流拡散状況。ヨウ素131が一定量放出され続けると仮定した、地表付近の濃度(下記のシミュレーション条件参照)。計算対象期間は日本時間3月10日09時〜3月25日09時。単位は、このシミュレーションによる福島第一原発付近の濃度に対する比率(%)。福島第一原発からの放出は、計算期間中において一定と仮定しているため、現実と異なり、事故以前から放出され続けている図となっていることに注意
---
気象研究所の注意書きのように、安易に判断しないでくださいね。


福島市の放射線量が急上昇したのは、3月15日16:00 くらいからだから(参照)、
2011/03/15 17:00 くらいの風向きが問題だったのですね (o*б ゛б)o ・・ショボーン...

2号機と4号機の水素爆発は、3月15日 06:10 くらいだから、
風向き次第では、放射性物質は来なかったですね (o*б ゛б)o ・・ショボーン...

http://www.shippai.org/images/html/news559/YoshiokaMemo26.pdf
20110711_1234



雨が降らなければ、放射性物質は通り過ぎたかもですね (o*б ゛б)o ・・ショボーン...

http://www.weather-eye.com/weatherchart/src/1103_47595.htm
20110711_201103




と、福島市民としてはツキがなかったとも言えるのですが、冷静に参照元の動画を見て下さい。
今回のふくいちの原発事故は、最悪の事態では無く、偶然ツキがあったのですよ。
偏西風の影響だと思いますが、大部分の放射性物質は海側に流れています。

次の原発事故では、位地が悪ければ、3桁低い放射線物質の放出でも同程度の汚染を引き起こします。
ふくいちの原発事故も収束していませんから、次に放射性物質の大規模な放出があれば、
放射能汚染の地域や汚染度は、風まかせです。

#save_children マスクは必要!?1000倍の1000倍単位が違っています

子どもを守れ


以前から内部被ばくに注意すべきだと考えています。

現在のチェルノブイリでは、こんな状況らしいです。
2011/07/05 02:30:45
プライムニュースの録画を見ています φ(..)メモメモ

2011/07/05 02:33:35
農林水産副大臣 篠原孝氏。厚生労働副大臣 大塚耕平氏。北海道がんセンター院長 西尾正道氏。医療ジャーナリスト 伊藤隼也氏。

2011/07/05 02:39:49
篠原氏:チェルノブイリに研究者を送り込んで、自らも視察。現地で除染状況を質問したら、40%との答。あと5年で50%になる。セシウム137の半減期30年だから自然に減るのを待っている状況。

2011/07/05 02:45:38
篠原氏:チェルノブイリでは、甲状腺癌についていうと10年後くらいに10倍になった明白は事実はあるが、体がだるい・風を引きやすい・疲れやすいとか、こういったのは数字に現れない。

2011/07/05 02:54:21
篠原氏:内部被ばくについて。「食品」のことも気にしているが、現地では、それよりも神経を使っていたのは、「吸引」による内部被ばく。作付け制限をする理由は、汚染作物しかできないこともあるが、農作業による粉塵による内部被ばくが問題。ただし、チェルノブイリは乾燥地帯なので、影響は異なる。

2011/07/05 03:05:42
篠原氏:通訳の女性。キエフにいたけど、数日後から3ヶ月は保養地にいた。キエフ市の24万人の小中学生全員が、強制的に原発学童疎開。

現地では、「吸引」による内部被ばくに神経を使っているようです。


7月4日のNHK福島のローカルニュース
http://www.nhk.or.jp/fukushima/furusatonews/movie/chapter_0704.html
18分くらいからの「放射線調べ隊」:
要約すると、「空気中の放射性物質が不検出だから半袖で良い」「マスクはしたほうが良い」との結論になっています。わたしには理解出来ないのですが、皆さんは理解できますか。
空気中に放射性物質があるのでしょうか?ないのでしょか?


文部科学省
東京電力株式会社福島第1及び第2原子力発電所周辺のダストサンプリング、環境試料及び土壌モニタリングの測定結果:文部科学省
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/07/05/1306615_070510.pdf
20110706_mext_0705

福島市杉妻町では不検出が続いています。他の地点も同じですね。

CTBT
財団法人日本国際問題研究所 軍縮・不拡散促進センター
http://www.cpdnp.jp/pdf/110701Takasaki_report_Jun25.pdf
20110706_CTBT

高崎では検出されています。

オカシイですよね。高崎で検出されて福島で不検出!
直ぐに理由が判明しました。高崎の単位は、μBq/m3。福島の単位は、Bq/m3。
1000倍の1000倍単位が違っています。


「モニタリング」「モニタリング」と言って、モニタリング好きな文部科学省は、モニタリングも出来ていない訳ですが、、
群馬県高崎市にあるのですから、福島市にも空気中に放射性物質があるのは確実ですよね。
問題は、どの程度の健康被害があるのか?ですが、判断できずに難儀しています。

#save_children 2011/6/30 <共同プレスリリース>「福島市の子供たちの尿からセシウム検出」 平均 1.80Bq/l のセシウムを検出

子どもを守れ


<共同プレスリリース>より
20110630_内部被ばく

10人全員から、セシウムが検出されました。
最高 2.32Bq/l
最小 0.84Bq/l
平均 1.80Bq/l

生活パターンよって約3倍の開きがあり、部活などの運動で被ばくを大きくした可能性もありそう。
政府・文部科学省福島県広報福島市広報の責任も問われるべきです。


プレスリリース:2011/6/30 <共同プレスリリース>「福島市の子供たちの尿からセシウム検出」 | 国際環境保護NGOグリーンピース
---全文転載
2011/6/30 <共同プレスリリース>「福島市の子供たちの尿からセシウム検出」

プレスリリース - 2011-06-30

子供たちの内部被ばく検査の強化を国や県に要請

子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
国際環境NGO FoE Japan
グリーン・アクション
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
国際環境NGOグリーンピース・ジャパン

上記6団体は本日6月30日、参議院議員会館(東京都千代田区)で「福島の子どもたちの尿検査結果について」会見し、検査の結果、福島市に在住の子供たちの尿からセシウムが検出されたことを発表しました。(注1)

検査対象者は6歳から16歳の男子6名、女子4名の合計10名で、すべての対象者が、東京電力福島第一原子力発電所の事故当時、福島市内に在住。3月23日に山形県へ避難した1名を除き、採尿時まで福島市内に在住しています。

5月20日から22日の間に350から500ミリリットルを採尿し、フランス原子力安全機関(ASN)認定を受けているアクロ研究所(フランス)で高純度ゲルマニウム半導体によるガンマ・スペクトロ・メトリでガンマ線分析をしました。

その結果、10人中10人の尿からセシウム134(半減期2年)、セシウム137(半減期30年)が検出されました。このことは、福島市周辺の子どもたちにきわめて高い確度で内部被ばくの可能性があることを示しています。しかし今回の検査結果から、内部被ばく量を推定することは難しいことから、6団体は、尿検査、ホールボディカウンター等を用いた内部被ばく検査を、国や県の責任で行うことを要望しました。

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」代表の中手聖一さんは会見で、「東電の原発事故で、福島の空気、水、土が汚染されたことはわかっていた。今回、人間が、子どもたちが汚染されていたことがわかり、覚悟はしていたもののショックだ。今回の検査結果を今後の子ども被ばく低減化に生かしていきたい。国による内部被ばく検査も始まるが、検査の目的は被曝低減化でなければならない」と訴えました。

またベラルーシの子どもたちのホールボディカウンター検査なども関わってきたアクロ研究所理事長のデービット・ボアイエ氏は「尿の検査だけでは被ばく量を推定することはできない。ホールボディカウンターによる包括的な組織的な検査が必要だ。そのとき、食生活や行動の習慣を聞き取ることで被ばくの低減に役立てることができる」と述べました。

「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」では、アクロ研究所の協力により、1か月後に再度尿検査を行い、その後の状況を経過観察し、内部被ばく軽減化に役立てるとしています。そして6団体では、日本政府と福島県に対し、福島県内の希望者全てに対して尿検査およびホールボディ検査を行うこととその結果の本人・保護者への提示を求めています。

注1) 福島の子どもたちの尿検査結果
http://p.tl/0I5k

福島の子どもたちの尿検査結果について

検査対象者
「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」(略称:子ども福島)のメーリングリストで応募した6歳~16歳、男子6名、女子4名の合計10名(先着順受付)。
全ての対象者が福島原発事故当時、福島市内在住。1名(3/23に山形県内へ避難)を除き採尿時まで福島市内に在住。
検査方法
5月20日~22日の間で採尿(350~500ml)
仏ACROで高純度ゲルマニウム半導体によるガンマ・スペクトロ・メトリにてガンマ線解析(2011年)
検査結果
別紙ACRO報告書を参照(http://p.tl/QOK8

20110630_内部被ばく

検査結果を受けての保護者からの意見・要望

[Aさん]
一番言いたい事は、被爆している実態があるのだから避難させてほしいということです。チェルノブイリでの高濃度汚染地帯と同じ福島市は移住の権利が与えられると思います。子供を家族と離して疎開させるのは反対です。何かあった時にそのまま一生会えないかもしれない。大人も一緒に生きて子供の成長を見守りたいです。どんな言葉で伝えればいいかわかりません。でも、避難させてほしい!それだけです。

[Bさん]
結果を息子に説明したところ、あんなに嫌がっていた転校もなぜ必要か納得しました。部活もなぜ危険か理解したようです。数字は残酷でもありますが、現実を受け入れること、先を考えるためには重要な要素です。多くの部活に熱中している中学高校生に検査を受けてほしいです。学校関係者にもしっかり理解していただき、必要以上の屋外活動を即刻やめてほしい。
このままの学校活動では1瀬-ベルトなんてすぐに超えます。科学的な数字での説得が多くの方を救うと実感しました。うまくまとめられませんが、よろしくお願いします。多くの子供達に夢ある未来を残してあげたい

[Cさん]
たった一人でも、子供を不幸にしない為には疎開しかないと思いました。被曝からの安全を宣言出来ない場所に子供を居させられない。毎日、近所の通学路で子供達を見るのが苦痛です。自主避難に対して、国,県,市がサポートすべきです。
今回の検体10人の親御さんは、かなり意識の高い方達だと思いますが、10人とも内部被曝しています。この結果に、我が子が心配になるのが親の心理でしょう。避難、疎開を考えるキッカケになるので良いんですが。もっと気にして、調べて、悩んでいきましょう。大きな声も出してみなきゃ。
息子達を疎開先で、放射能排出の為に良さそうな事は何でもやって見ます。でも、疎開も避難も出来て無い子供はどうなるでしょう?地産地消の給食なんか当然無料、通学路も校舎も放射能は安全の保障無し。そして、確実に内部被曝しています。今までも、これからも…。親御さん達は、今の時点ではホールボディカウンターよりも尿検査したいでしょうね。

[Dさん]
福島第一原発が爆発した日、官房長官は『直ちに影響はありません』と言い張りました。あれからまだ3ヶ月しかたっていません。国の言葉を信じた私がバカでした。おかげで一番愛してやまない子供達に内部被爆という恐ろしいものをさせてしまいました。今回の尿検査でガンになる確率は低いにしてもバッチリ影響がありました。10人の子供達が受け10人と言う確率!国は福島県の子供達を100%保証し避難させるべきです。
そして県知事は野菜や風評被害ばかりに目をむけて子供達のことは後回ししていました。これからの福島の未来をしょって立つ子供達をなぜ放っておくのでしょう?今も子供達の身体にはどんどんたまっていってしまいます。未来を守る子供達が少なくなってしまいます。知事は直ちに福島の子供達を保証し避難、疎開させるべきです。 もし、我が子になにかあったら私はあなたを許しません。
菅総理!政府の皆さん直ちに影響が出ないなら福島に住んでみるなりしてみたらどうでしょう?もちろん貴方一人ではありません。家族全員連れてです。会見でそこまで安全宣言だすのなら明日にでも福島に引っ越ししてください。そうしたらきっともっと理解するでしょう。自分の身さえ守られればなんて国を守る長として情けない話です。

[Eさん]
この度は検査の機会に恵まれて本当に感謝いたします。セシウムとかまさか福島市まで来ているとは思いたくないのと、検出されないことを祈っていたのが本心でした。検出された事実がわかり、ショックですが受け止めたいです。事実がわかった以上、ほかにも何か物質がないか、詳細な検査も希望します。もし日本の機関がダメなのであれば、海外(飛行機だと被曝してしまうのがネックですが)もアリかもしれません。チェルノブイリの事例を引き合いに、私たちの置かれている立場をはっきりさせ、福島の無関心な親の目を被曝問題に向ける為にも派手なアクションが必要です。結果的に子供が疎開できるようになれば、福島の子供たちの未来ひいては日本の未来につながり、いまが踏ん張りどきだと思います。一ヶ月でもいいから、学校ごと友達と一緒に合宿のような感覚で各地の廃校や空きクラスなど借りて、放射能から身を守ることが必要と考えています。政府が目を反らしている問題に、このまま風化させてはいけないと思います。福島市は60キロ離れていましたが、距離は関係なく、被曝の量も1であれ10であれ取り込んだことには変わりなく、圏内の浪江だけではなくて北西方向のホットスポットがあることも考慮するならば私たちの子供もホールボティカウンターを受ける権利があるはずです。

お問い合わせ:国際環境NGOグリーンピース・ジャパン
---転載終わり


子どもの尿から微量の放射性物質 福島市の10人 - 47NEWS(よんななニュース)
---全文転載
子どもの尿から微量の放射性物質 福島市の10人

 福島県内の保護者らでつくる市民団体「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」などは30日、福島第1原発事故の影響調査で福島市内の6〜16歳の男女10人の尿を検査した結果、全員から微量の放射性物質が検出されたと発表した。

 検査を担当したフランスの放射線測定機関「アクロ研究所」のデービッド・ボアイエ理事長は記者会見で「福島市周辺の子どもらに極めて高い確度で内部被ばくの可能性がある。事故前の数値はほぼゼロだったと考えられる」と話した。

 発表によると、尿は5月下旬に採取。放射性セシウム134の最大値は8歳の女児で尿1リットル中1・13ベクレルだった。

2011/06/30 13:46 【共同通信】
---転載終わり

#save_children 「放射線量1ミリ・シーベルト超は福島県東部のみ」 正しい積算値と不当に低い積算値のカラクリ

子どもを守れ


まずは、正しい積算値
地域によって違いますが、福島市として公表されている放射線量の積算値です。(福島市から 参照)
5月12日まで 4.62ミリシーベルト
6月13日まで 5.68ミリシーベルト
この積算値は、「県北保健福祉事務所事務局東側駐車場」に1日24時間屋外にいる場合です。実際の被ばく量は、もう少し低いです。
木造家屋の低減係数は、放射性物質が沈着した状態で 0.4 、放射性物質が浮遊した状態で 0.9 です。(ブログ記事 参照)
0.4を掛けても2ミリシーベルト前後です。1日24時間屋内にいる場合ですから、外出すれば高くなります。また、放射線量が高かった初期には放射性物質が浮遊していましたので、さらに高くなります。
「県北保健福祉事務所事務局東側駐車場」は、福島市としては妙に低い値です。不思議ですね。
福島市にしては安心な地点(0.6μSv/h未満)
福島市の放射能汚染マップ(2.0μSv/h 以上の地点)
福島市の放射線量マップ 福島市のお手伝いを勝手にやってみた^^ (入力完了)
多くの地点では、もっと高くなります。低い地点もあります。


不当に低い積算値
放射線量1ミリ・シーベルト超は福島県東部のみ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
放射線量1ミリ・シーベルト超は福島県東部のみ
福島原発

 日本原子力研究開発機構は28日、東京電力福島第一原子力発電所事故発生から2か月間で一般の人が被曝した放射線量の概算結果を国の原子力委員会に報告した。

 一般人の年間の線量限度の1ミリ・シーベルトを超えたのは、立ち入りが制限されている警戒区域など福島県東部の一部にとどまっている。

 一方、その10分の1から100分の1の水準(0・10〜0・01ミリ・シーベルト)の地域は、岩手県から静岡県付近にかけての広い範囲に及んだ。同機構では「試算は、1日24時間野外にいるとの仮定で求めており、実際の被曝線量はこれよりも相当低い」と説明している。

(2011年6月28日20時27分 読売新聞)
---転載終わり

2011/06/28 23:16:53
(Yomiuri引用) 「放射線量1ミリ・シーベルト超は福島県東部のみ」http://bit.ly/kN5zYF と報じられた,元の資料はこれ→ http://bit.ly/l5sT9L

情報がありました。


カラクリ
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2011/siryo23/siryo1-2.pdf 1ページ
20110629_1ミリ1

計算期間 :平成 23 年 3 月 12 日〜5 月 12 日
本計算結果は、1 日 24 時間野外に人がいることを仮定した計算
原子力安全委員会に報告した放射性物質の放出率推定値は、3 月 12〜14 日に起きた 1 号機、3 号機の水素爆発等による短時間の放出評価が含まれておらず、本解析の過小評価につながる。但し、この期間は海側に放射性物質が放出されていた時間が長い。
爆発は無かったことになっています ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!
放出量は、4月15日以降一定としているが、現実にはさらに放出率は減少していると考えられ、
若干の過大評価になるが、積算線量に大きな影響はない。
放出が続いていることは、認めています。

http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2011/siryo23/siryo1-2.pdf 2ページ
20110629_1ミリ2

WSPEEDI の計算精度は、これまでの検証研究で、正確な放出率が入力された場合、ファクター5(真値の 5 倍から 1/5)程度と評価されている。
5倍までは誤差の範囲らしい

#save_children 福島市にしては安心な地点(0.6μSv/h未満)

子どもを守れ


福島市にしては安心な地点(0.6μSv/h未満)

より大きな地図で 福島市にしては安心な地点(0.6μSv/h未満) を表示


いちおう、放射線管理区域にはならないかなあ??という地点


尚、全データはこちらです
#save_children 福島市の放射線量マップ 福島市のお手伝いを勝手にやってみた^^ (入力完了)
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード