いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

福島県知事

福島県知事候補に対する市民団体の質問と回答 : ふくしま希望会議、「生業訴訟」原告団。




ふくしま希望会議

http://www.fukushima-kibou-kaigi.jp/



「生業訴訟」原告団

http://www.nariwaisoshou.jp/

佐藤雄平福島県知事と石原伸晃環境相が暴走!地権者との交渉もなく、福島県と国で上意下達で中間貯蔵施設の建設に合意か?金目発言は住民抜きという意味だったんだね

テレビで怒ってる地権者が多数。ローカル放送だけですか?全国放送では流していない?



20140829_ch442ann

中間貯蔵施設、福島県知事が容認 政府、地権者2千人交渉へ 2014/08/29 17:27
 東京電力福島第1原発事故による除染の廃棄物を保管する中間貯蔵施設について、福島県は29日、佐藤雄平知事が出席して関係部局長会議を開いた。終了後、佐藤知事は「国が示した安全性と地域振興策を県として精査、確認した」と述べ、政府が候補地としている大熊町と双葉町での建設を事実上容認した。

佐藤知事
「国が示した安全性と地域振興策を県として精査、確認した」

 佐藤知事が、週明けの9月1日にも石原伸晃環境相と根本匠復興相に会い伝える。知事が官邸で安倍晋三首相にも面会する方向で調整している。

佐藤雄平知事
石原伸晃環境相
根本匠復興相
安倍晋三首相

地権者をバカにしている政治家リストです

 政府は来年1月までに廃棄物の搬入を始めたい考えで、今後、用地の取得に向け約2千人の地権者と個別交渉に入る。

来年1月www

地権者・住民説明会が先だろう。実効性のある説明会は未だに行われていないのが現実。

用地の取得に向け約2千人の地権者と個別交渉

個別交渉???多数の役人で取り囲んで密室でハンコを押させるのか!暴力団みたいだなあ



中間貯蔵施設巡り双葉、大熊両町民代表に説明 2014年08月28日
 東京電力福島第一原発事故で出た汚染土などを保管する中間貯蔵施設の計画を巡り、環境省の井上信治副大臣と県の担当者らは27日、建設候補地の双葉、大熊両町の住民代表の会合で、地域振興策の交付金や用地補償などを説明した。

環境省の井上信治副大臣と県の担当者
双葉、大熊両町の住民代表の会合で、地域振興策の交付金や用地補償などを説明

 会合は、いわき市の双葉町仮役場と会津若松市の大熊町仮役場で、それぞれ非公開で行われた。

非公開


 環境省は、総額3010億円の財政支援策のうち850億円を両町に直接交付する方針や、買い取り以外の用地取得策として所有権を地権者に残したまま利用できる地上権を設定することなどを説明。県は、事故後に下落した土地の価格分を補填する措置などを示した。

環境省
総額3010億円の財政支援策のうち850億円を両町に直接交付する方針
買い取り以外の用地取得策として所有権を地権者に残したまま利用できる地上権を設定することなどを説明


事故後に下落した土地の価格分を補填する措置

そもそも、国の買取額を低く抑えて福島県が補填するなどあり得ません。
粉飾決算ですね。原発事故の処理コストが小さくなりますね。

筋が通らない政策をゴリ押しする政府・自治体は消滅してしまえ

 会合後、双葉町の石田翼・行政区長会長は「明確な反対や異論はなく、国の回答に一定の理解はできると感じた」と話した。地権者が多い大熊町夫沢1区の杉本征男区長は「買い取り額が示されていないのに買うと言われても(判断できない)。地権者説明会をしっかり開いてほしい」と求めた。

双葉町の石田翼・行政区長会長
「明確な反対や異論はなく、国の回答に一定の理解はできると感じた」
地権者が多い大熊町夫沢1区の杉本征男区長
「買い取り額が示されていないのに買うと言われても(判断できない)。地権者説明会をしっかり開いてほしい」

なんとなく見えてきたぞ。
地権者は、買取額も提示されていないのに判断できない。
地権者以外の周辺住民は、カネに目が眩んだんだね。

 双葉町の伊沢史朗町長は「地権者説明に入るかどうか、県や大熊町と相談してなるべく早く判断したい」と話した。井上副大臣は「互いの理解が深まり、有意義だった」と述べた。

双葉町の伊沢史朗町長
「地権者説明に入るかどうか、県や大熊町と相談してなるべく早く判断したい」
井上副大臣
「互いの理解が深まり、有意義だった」



地権者との交渉や価格提示が先ですよね。
順番をすっとばして、国と県が合意するなど自民党の国家主義が地方にも広がっているのでしょうか?



関連ブログ記事:
2014年08月26日13:58 中間貯蔵施設 : 住民不在の政府と自治体の政治遊び。金目だな〜
2014年08月27日19:55 中間貯蔵施設 : NHKニュース7でデマ!受け入れるかもしれないのは佐藤雄平福島県知事だけだ。大熊町も双葉町も受け入れる段階ではなく、「地権者への説明会」を要求。
2014年08月29日19:07 佐藤雄平福島県知事と石原伸晃環境相が暴走!地権者との交渉もなく、福島県と国で上意下達で中間貯蔵施設の建設に合意か?金目発言は住民抜きという意味だったんだね
2014年08月30日20:25 福島県が中間貯蔵施設の建設受け入れ方針 : 交渉の決着へ加速度的になだれ込む展開に、「国や県が先に決めるな」「結論ありきなのか」などと反発や戸惑いの声
2014年09月01日16:50 中間貯蔵施設受け入れ : 内閣改造に間に合わせるためか?住民不在でバタバタと決める政治ごっこ。国家主義者のあべちゃんニッコリ
続きを読む

中間貯蔵施設 : NHKニュース7でデマ!受け入れるかもしれないのは佐藤雄平福島県知事だけだ。大熊町も双葉町も受け入れる段階ではなく、「地権者への説明会」を要求。

天下のNHKさんですから、ニュースウオッチ9で謝罪と訂正があるよね。あるよね。

佐藤雄平知事は、10月26日投開票の福島県知事選への出馬も不出馬も表明していない死に体です。
そんな知事と政府が握手をしても後で荒れるだけですよ。
自民党の火事場泥棒的で国家主義的な政治手法は、目に余ります。



20140827_phpThumb_generated_thumbnail

地権者向け説明会を 中間貯蔵めぐり大熊、双葉町と両町議会 2014/08/27 10:18
 26日に開かれた大熊、双葉両町議会の全員協議会では、中間貯蔵施設について出席した議員から「(受け入れ判断を)町や議会だけで決めるべきではない」とする意見が相次いだ。両町議会は政府と県に対し、早急に地権者を対象とした説明会の開催を求めた。

大熊、双葉両町議会の全員協議会
「(受け入れ判断を)町や議会だけで決めるべきではない」とする意見が相次いだ。
両町議会は政府と県に対し、早急に地権者を対象とした説明会の開催を求めた。

 全員協議会終了後、双葉町の伊沢史朗町長は「地権者の理解が最優先で、町が受け入れるかどうか言える状況ではない」、佐々木清一議長は「建設を容認するかは町や議会が決めるのではなく地権者が決めることだ」と語った。
 大熊町の渡辺利綱町長は「地権者の理解を得て初めて前に進む。しっかりと協議したい」、千葉幸生議長は「地権者への説明会などを経て国と協議する必要がある。(受け入れに関して)軽々に判断できない」と話した。

双葉町の伊沢史朗町長
「地権者の理解が最優先で、町が受け入れるかどうか言える状況ではない」
佐々木清一議長
「建設を容認するかは町や議会が決めるのではなく地権者が決めることだ」

大熊町の渡辺利綱町長
「地権者の理解を得て初めて前に進む。しっかりと協議したい」
千葉幸生議長
「地権者への説明会などを経て国と協議する必要がある。(受け入れに関して)軽々に判断できない」

 両町議会への説明を終えた石原伸晃環境相は、両町議会が要求した地権者への説明会について「持ち帰り検討させてもらう」と述べた。

石原伸晃環境相
両町議会が要求した地権者への説明会について「持ち帰り検討させてもらう」と述べた

今になって出てきた要求ではありません!検討して結果を持ってこい!

■地権者2000人以上 開催準備に相当期間
 中間貯蔵施設の建設候補地の地権者は両町に2000人以上いるとされる。
 大熊、双葉両町議会は全員協議会で、受け入れ判断の前に地権者への説明会の開催を政府に要求したが、開催に向けた日程調整などの準備には相当期間を要するとみられる。




関連ブログ記事:
2014年08月26日13:58 中間貯蔵施設 : 住民不在の政府と自治体の政治遊び。金目だな〜
2014年08月27日19:55 中間貯蔵施設 : NHKニュース7でデマ!受け入れるかもしれないのは佐藤雄平福島県知事だけだ。大熊町も双葉町も受け入れる段階ではなく、「地権者への説明会」を要求。
2014年08月29日19:07 佐藤雄平福島県知事と石原伸晃環境相が暴走!地権者との交渉もなく、福島県と国で上意下達で中間貯蔵施設の建設に合意か?金目発言は住民抜きという意味だったんだね
2014年08月30日20:25 福島県が中間貯蔵施設の建設受け入れ方針 : 交渉の決着へ加速度的になだれ込む展開に、「国や県が先に決めるな」「結論ありきなのか」などと反発や戸惑いの声
2014年09月01日16:50 中間貯蔵施設受け入れ : 内閣改造に間に合わせるためか?住民不在でバタバタと決める政治ごっこ。国家主義者のあべちゃんニッコリ
続きを読む

金目の石原伸晃環境大臣は首長(福島県知事・大熊町長・双葉町長)に寄り添って絆を深めたらしい : 相変わらず住民無視の姿勢

関連ブログ記事:
2014年06月17日12:03 石原環境相は住民説明会に一度も出席していない : 誤解してないですよ。カネ以外の問題が山積してるじゃないですか。何のために説明会をやったの? 



石原伸晃氏は、
役場に入る映像では、コソコソと逃げるように入っていったよ。
役所内の映像では、付き人に警護されているように見えたよ。

相変わらず住民無視の姿勢
住民とは会う気もないんだろうなあ。何しに来たの?



石原環境相「金め発言」で福島県知事らに陳謝 6月23日 18時14分魚拓
福島県内の除染で出た土などを保管する中間貯蔵施設の建設を巡って、「最後は金めでしょ」などと発言したことについて、石原環境大臣は23日、福島県を訪れ、佐藤知事や建設候補地の2つの町の町長に陳謝しました。

佐藤知事や建設候補地の2つの町の町長に陳謝

石原環境大臣は中間貯蔵施設の建設を巡り、今月16日に「最後は金めでしょ」などと発言したことについて、19日に参議院環境委員会で陳謝したうえで、みずからの発言を撤回しました。
石原大臣は国会の会期が終わったのを受けて、23日に謝罪のため福島県を訪れ、佐藤知事や建設候補地の大熊町と双葉町の町長と相次いで会談しました。
このうち、福島県庁で行われた佐藤知事との会談で石原大臣は「私の発言について心から深くおわびを申し上げます。
品位を欠く表現によって、お金で解決すると受け止められ、現在も厳しい意見をもらっていることについて深く反省している」と陳謝しました。
これに対し佐藤知事は、「陳謝をしっかりと受け止めて、住民の心に本当に寄り添い、誠心誠意対応してほしい」と述べたうえで、国の住民説明会で出された建設用地の買い取り以外に賃貸借も認めてほしいといった要望などについて、迅速に回答するよう求めました。会談のあと、石原環境大臣は佐藤知事の要望について、「政府を挙げて、できるだけ速やかに回答させていただきたい」と述べ、政府内での調整を急ぐ考えを示しました。
国は福島県と2つの町の了解を前提に中間貯蔵施設を建設し、来年1月から除染で出た土などを搬入することを目指していて、今後、自治体や住民の理解を得られるかが焦点になります。

これ、何かの儀式ですか?

大熊町長「謝罪深く受け止める」
石原環境大臣が発言を陳謝したことについて、福島県大熊町の渡辺利綱町長は「中間貯蔵施設の計画案についての住民説明会が行われた直後の大臣の発言は、交渉にとっても大きなマイナスであり、気持ちを踏みにじられたと不快に思っている町民は多くいる。
しかし、けじめをつけたということで、いつまでも引きずらずに謝罪を深く受け止めたい。
国は住民の気持ちを真摯(しんし)に受け止め、これからの対応に力を尽くしてもらいたい」と話しています。

これ、何かの儀式ですか?

双葉町長「要望に具体的回答なく不満」
石原大臣と会談した双葉町の伊澤史朗町長は「中間貯蔵施設の説明会では住民の意見や要望に対して国から具体的な回答がなく、町民は不満を持っている。
大臣もなるべく早く回答したいと発言していたので今後、具体的な回答があることを期待している」と話していました。

これ、何かの儀式ですか?



石原環境相、福島訪れ「深くおわび」 「金目」発言で 2014年06月23日月曜日
(一部転載)
 会津若松市の仮設住宅に避難している大熊町の斎藤重征さん(69)は「金目発言が出たのは(石原氏が)心に思っていたからだ。首長にだけ謝罪しても伝わらない。大臣は仮設に足を運んで、避難生活が4年目になるわれわれの声を聞くべきだ」と注文を付けた。

続きを読む

福島県産米、全量検査へ体制整備 知事方針、測定器に全額補助

厳しい基準が必要ですが、記事では数値は出ていません。

2012/01/05 14:31:01
県産米、全量検査へ体制整備 知事方針、測定器に全額補助 - 東日本大震災|福島民報 http://t.co/qNNxh3gy 全袋は当然です。検出限界が10ベクレル以下かつ濃度表示なら受け入れられるかもしれません。 #save_children #fukushima


当然ですが、確実に全袋検査する必要があります。
数十ベクレルなどの甘い検出限界では混乱します。数ベクレル程度の検出限界が必要です。


20120105_IP120105AA0000285000_0002_COBJ

県産米、全量検査へ体制整備 知事方針、測定器に全額補助 - 東日本大震災|福島民報
---全文転載
県産米、全量検査へ体制整備 知事方針、測定器に全額補助
2012年1月 5日

 県は、県産米の放射性物質の全量(全袋)検査を生産、流通業者が実施する体制を平成24年産米の出荷分から整える。各JAなどが精度の高い測定機器を導入する場合、全額を補助する方針で百数十台の導入を見込んでいる。米袋に放射性セシウムの濃度を知らせるQRコードを付けて販売し、消費者に県産米への安心感を高める。佐藤雄平知事が4日、年頭記者会見で考え方を示した。
 県が導入を想定しているのは機械メーカーが現在、開発を急いでいるベルトコンベヤー式の最新機器。食品に含まれる放射性物質濃度の基準値が4月に厳格化され1キロ当たり100ベクレルに引き下げられるが、メーカー各社は基準値以下についても短時間で精密に検査できる機器の実用化を目指している。
 JAや流通業者が玄米を出荷する際、袋ごとに検査し基準値を下回った分だけを市場に出す。消費者に販売する際には、1袋ごとにQRコードを付け、それぞれの放射性物質の有無や濃度が分かるようにする。
 検査機器の価格は1台千数百万円程度で、県は県内全域の検査をカバーするためには百数十台が必要になると試算。新たに設ける「原子力被害応急対策基金」で財源を確保する方針だ。
 県は現在、郡山市の県農業総合センターに備えた10台のゲルマニウム半導体測定器と各農林事務所に置く計10台の簡易測定器、国や他県の協力でコメを検査しているが、1日約1200検体(袋)が限度。今年産米の35万6千トンを例に取ると、全量検査には数十年かかる。このため、県内のJAや全農県本部、流通業者は簡易測定器で独自に自主検査を行ってきた。
 県は、JAや流通業者が果樹や野菜など園芸作物を検査する簡易測定器を購入する場合にも補助する方向で調整を進めている。
 佐藤知事は年頭会見で、「農林水産業の再生に向け、検査体制の強化により食の安全を確保する」と述べた。
 県は県産米が出荷される「水際」で放射性物質の濃度検査を行い、安全性を確認する方針。しかし、複数の農家のコメが集まるカントリーエレベーターで基準を超えた場合、問題の農家を特定できないなど課題もある。
 ただ、検査される袋ごとに放射性物質の濃度が判明するため、各JAや流通業者は独自の出荷基準を設けることも予想され、生産現場が混乱する懸念もある。
---転載終わり

【安全宣言】福島市で暫定規制値超えの”コメ”が見つかった件

10月12日に安全宣言を出した 佐藤雄平福島県知事
20111012_chiji


2011/11/16 21:29:33
時事ドットコム:福島市のコメ、規制値超えるセシウム=全国初、630ベクレルを検出 http://t.co/7Zg8aFBI 【安全宣言】 http://t.co/Xthx0Iv5 #hibaku http://t.co/F4AVYcgJ

2011/11/16 22:23:16
福島県産コメから規制値超すセシウム 流通せず  :日本経済新聞 http://t.co/3hu608KD 関係者への取材でわかった ヽ(бoб; オイオイ 発表したんじゃなくて発覚したのか #hibaku

2011/11/16 22:32:49
福島市産コメに基準超えセシウム NHKニュース http://t.co/pGXRDGox 大波地区は「特定避難勧奨地点」に指定して貰えなくて、一般住民は困っています。つまり、放射線量が高い事を皆んなが知っています。 #save_fukushima #hibaku #hinan



20111117_kome

福島市のコメ、規制値超セシウム…出荷自粛要請 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
福島市のコメ、規制値超セシウム…出荷自粛要請

 福島県は16日夜、福島市大波地区で生産されたコメから国の暫定規制値(1キロ・グラムあたり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表した。同県産のコメが規制値を上回ったのは、10月12日の佐藤雄平知事による県産米の安全宣言以来初めて。県は同地区の稲作農家全戸について調査を実施する方針で、コメを出荷しないよう要請した。政府は、同地区で生産されたコメの出荷停止を検討している。

 県によると、11月14日に同地区で生産されたコシヒカリをJA新ふくしま(福島市)が簡易検査したところ規制値を上回ったため、15日に県が検査した結果、玄米から1キロ・グラムあたり630ベクレルが検出された。出荷されてはいないという。

 同地区の稲作農家は154戸で、水稲作付面積は42ヘクタール、生産量は約192トン。86戸については聞き取り調査を終えており、4戸が地元米穀店などに出荷していることがわかった。県が流通状況を調べている。

 同地区では比較的高い放射線量が測定され、政府が特定避難勧奨地点の指定を検討し9月に、当面、指定しない方針を決めている。

(2011年11月17日01時37分 読売新聞)
---転載終わり

地図でわかるように、危険を予想できる地域です。
住民が特定避難勧奨地点し指定するように要望しても、政府・自治体は聞く耳を持ちません。
参考:ICRP Pub.111 的な政府の義務と住民の権利
「影響を受けた人々が当局の定める措置の策定及び実施に関与すること」と、されています。日本政府は一方的に根拠の薄い決定を押し付けています。


福島県ホームページ - 組織別 - 本調査の結果
平成23年10月5日公表(PDF形式)
20111117_kome_ogunimura

福島市(旧小国村)が、大波地区に該当します。
セシウム134 と セシウム137 の合計で、33ベクレル/kg ・ 28ベクレル/kg です。2地点共に検出されています。(調査地点数は、旧市町村毎に2地点です。)


◆暫定規制値を超えた放射性セシウムが検出された玄米について (平成23年11月16日)
20111117_kome01

20111117_kome02

11月14日:JA新ふくしまの簡易分析器で検出。
11月14日:福島市放射線モニタリングセンターでも検出。
11月15日:福島県農業総合センターでも検出。

11月16日 夜:
20111117_kome_kaiken

福島市産コメで初の基準値超 放射性セシウム検出  - 47NEWS(よんななニュース)
---全文転載
福島市産コメで初の基準値超 放射性セシウム検出 

 福島市内の農家1戸が生産したコメから、国の暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたことが16日、関係者への取材で分かった。出荷前で市場には流通していないという。東京電力福島第1原発事故後、コメの基準値超えは初めて。

 関係者によると、同じ農家の複数の検体が基準値を超えた。数値はいずれも500〜千ベクレルの間という。

 福島県産コメをめぐっては、9月に同県二本松市での予備調査で基準値と同じ500ベクレルが検出されたが、本調査では基準値を下回った。

2011/11/16 21:04 【共同通信】
---転載終わり


3日間も隠匿していたということ
コンプライアンス精神が、決定的に欠如しています。
安全宣言を出した佐藤雄平福島県知事のコメントはないのでしょうか?
佐藤知事が、責められるような場面に出てきた映像を見たことがありません。
弱みもある政府要人と会見するのが、お好きなようです。

#save_children 『夏休み避難がダメに(;_;)』 (〃бOб)ノ コラァ〜 佐藤知事でてこぉぉーーい

子どもを守れ


201107116_福島県知事

佐藤雄平 福島県知事

2011/07/16 01:58:37
(1/5)『夏休み避難』 http://t.co/g1frWmN

2011/07/16 02:00:28
(2/5)『夏休み避難がダメに(;_;)』 http://t.co/MGsGLsm

2011/07/16 02:01:26
(3/5)『夏休み避難不可 詳細』 http://t.co/IXPW398

2011/07/16 02:02:44
(4/5)『避難がダメになった真相と今後』 http://t.co/F7679Dt

2011/07/16 02:03:39
(5/5)『避難不可の背景に』 http://t.co/sb0W27P

#save_children 福島県知事への要望書 FGF 福島大学原発災害支援フォーラム のブログ

子どもを守れ


福島大学 准教授さん がんばれ (*゜▽゜)*。_。)*゜▽゜)*。_。)ウンウン

福島県知事への要望書 FGF
---全文転載
福島県知事への要望書
みなさま

福島大学の石田葉月です。

さて、このたび、FGFメンバーの有志により、福島県知事宛に、以下のような要望書を提出致しましたので、ここにお知らせ致します。

-------------------------

2011年6月6日


福島県知事 佐藤雄平 殿



荒木田岳(福島大学 准教授)
石田葉月(福島大学 准教授)
井本亮 (福島大学 准教授)
遠藤明子(福島大学 准教授)
熊沢透 (福島大学 准教授)
後藤忍 (福島大学 准教授)
小山良太(福島大学 准教授)
澁澤尚 (福島大学 准教授)
中里見博(福島大学 准教授)
永幡幸司(福島大学 准教授)
村上雄一(福島大学 准教授)
森良次 (福島大学 准教授)



要望書


 この度は、東日本大震災という未曾有の災害のなか、不眠不休で復旧作業をされている知事以下県職員のみなさま方には、心より敬意を表します。震災、津波の被害に加え、福島第一原子力発電所の爆発事故にともなう広域の放射能汚染は、福島県の浜通りのみならず、中通り、さらに会津地方にまで及んでおります。その汚染レベルは、一部の地域を除き、年間被ばく量が20mSvを下回るとされておりますが、本来、公衆の被ばく線量限度は年間1mSvであり、この基準を適用すると、中通りをはじめとする多くの地域について、早急に被ばく線量低減のための手立てを講じる必要があります。
 年間100mSvを下回る、いわゆる低線量被ばくがもたらす健康影響については、専門家のあいだでも意見が分かれています。したがって、行政としては、予防原則に則り、低線量被ばくは危険であるという前提にたち、県民ができるだけ無用な被ばくを避けられるよう諸策を講じることが急務であると思われます。以上を踏まえ、我々は、以下のことを要望します。これらの要望は、一時的には、福島県民に不安を与え、県に対するイメージを悪化させるような内容かもしれません。しかし、被ばくの健康影響を矮小化しようとせず、むしろ、予防原則に則って危険の可能性を公に認め、被ばく線量を低減するための措置を積極的に講じることこそが、県民から信頼され愛される福島県を再び取り戻すための唯一の道であると、我々は確信します。よろしくご検討くださいますようお願い申し上げます。




【要望1】


 福島県は、低線量被ばくの健康影響に詳しい専門家として、次の二つの立場の学識者をそれぞれ放射線健康リスク管理アドバイザーとして招聘してください。

(1)被ばく量が少なくなればリスクは減るものの、どんな低線量でもリスクはゼロでないとする立場 
(2)内部被ばくのリスクを重視し、低線量であっても決してリスクは小さくないとする立場

 この二つの立場は、低線量被ばくの健康影響はほとんどないと主張する現アドバイザーの山下俊一氏、高村昇氏、神谷研二氏とは異なるものです。低線量被ばくの健康影響についての様々な見解を県民に示すことは、県民をいたずらに不安にさせるという懸念があるかもしれません。しかしながら、一面的な情報だけを流し、見せかけの「安心」を作り出しても、長い目でみれば、県民の健康を守ることにつながるとは思えません。低線量被ばくの健康影響に関する専門家の見解は定まっていないという事実がある以上、県民ひとりひとりがその事実を受け止め、考え、議論していかなくてはなりません。そのための下地を作ることは、県行政の重要な役割であるはずです。医療現場におけるセカンド・オピニオンの重要性が指摘されているように、様々な立場のリスク管理アドバイザーに意見を求める機会を県民に与えることは、むしろ、県民の健康を守るうえで有効であると考えます。




【要望2】


 福島県は、県民の被ばくによる長期の健康影響を疫学的に明らかにするために調査検討委員会を発足させ、その座長には、低線量被ばくの健康影響はほとんどないと主張してきた山下俊一氏が就任しました。この人選のプロセス及び根拠を説明してください。




【要望3】


 先の調査検討委員会を含め、今後行われる疫学調査につきましては、研究計画、データ、分析過程を細やかに公表するとともに、調査結果の正当性に対する第三者による評価体制を整えてください。疫学調査の結果が、仮に、これまで健康リスク管理アドバイザーが発言してきた内容と食い違うものになったとしても、その結果が正しく公開されるよう透明性を確保することが重要であると考えます。第三者によるチェック機能により透明性を確保することの重要性については、今回の事故における原子力安全・保安院や原子力安全委員会の独立性に関する教訓などからも明らかです。
 なお、長期の疫学調査の必要性は否定しませんが、県民の健康チェックは、何よりもまず、県民の被ばく線量を少しでも低減し、健康を維持するために行われるべきであると、我々は考えます。




【要望4】


 福島県は、公衆の被ばく線量が年間1mSv以下に収まることを短・中期的な目標とし、それに基づいた具体的な除染計画(表土の除去、高圧洗浄など)を迅速に作成し、公表してください。
 国際放射線防護委員会(ICRP)が福島原発事故を受けて表明したコメントでは、公衆の被ばく線量限度は年間1mSvであり、20mSvはあくまで非常時に暫定的に許容されるレベルであることが示されています。つまり、行政は、子供が長時間過ごす学校などを優先的に除染するのはもちろんのこと、すべての地域に住むすべての住民の被ばく線量が年間1mSvを下回るように努力し続けなければなりません。
 ただし、余計な被ばくは少なければ少ないほどよいという観点から、我々は、究極的には、平常時のバックグラウンドの放射線レベルに戻すことが理想であると考えております。県としても、長期的には、医療を除く人工線量をゼロにすることを目標に据え、諸策を講じてください。




【要望5】


 福島県は、県民が外部被ばくをどれだけ受けているかチェックできるような体制を早急に整えてください。具体的には、モニタリングポストの拡充、ホットスポットマップの作成、バッジ式線量計の配布、サーベイメータ式線量計の配布または貸与、といった策を迅速に講じてください。




【要望6】


 福島県は、県民が内部被ばくをどれだけ受けているかチェックできるような体制を早急に整えてください。具体的には、ホールボディカウンター(WBC)の県内病院への設置及びその支援、ならびに無料検診サービスの整備を、迅速に進めてください。



【要望7】


 福島県は、県民が日常生活を送るうえで余計な被ばく(内部、外部とも)を避けることができるように、県民に向けたガイドラインを作成してください。また、被ばくを避けるためのマスク等の日常品を配布してください。




以上



------------------------------

なお、PDFファイルはこちら。


---転載終わり

NHK福島 ローカルニュース 3/21夕方 福島県知事が避難所を視察

NHK福島 ローカルニュース 3/21夕方
福島県知事が避難所を視察している映像です。

@福島市 福島県知事の会見:この動画は、全国で流れていますか?

全国の皆様へ、この会見を見た事があるか?教えてください。

『福島県知事の会見』が、NHK福島で時々流れています。
全国で流れているのか?心配になって動画をアップロードしました。

宜しくお願いします m(__)m


4時間かかって動画をアップロードしたら、朝になってしまった^^
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード