いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

細野豪志

最悪シナリオ:東京から人がいなくなった可能性があった。


(。б_б。)ノハイ 外国の大使館は逃げてたよね。


関連:
福島事故直後に「最悪シナリオ」 半径170キロ強制移住
半径170キロなら、福島県は全て入ってしまいます。
半径250キロなら、東京都の大部分が入ってしまいます。
20120112_8597dbb53eba1293


これも関連:
隠蔽体質:震災・原発関連会議の議事録不作成
記録を破棄した可能性もある☆〜(ゝ。б)ネ



最悪シナリオ閲覧「数人」に限定 「混乱恐れて」と細野氏
---ここから
最悪シナリオ閲覧「数人」に限定 「混乱恐れて」と細野氏 

 細野原発事故担当相は29日までに、共同通信のインタビューに応じ、最近まで公開しなかった東京電力福島第1原発事故の「最悪シナリオ」に関し、情報漏えいによる国内の混乱を恐れて、当時の菅直人首相はじめ閲覧を「数人」に限った経緯を明らかにした。

 その上で「シナリオの内容は現実にあり得ないもの。当時公開していたら、東京から人がいなくなった可能性があった。そうなれば、事故対応は危うかった」と言明。事故対応を優先した結果、菅氏ら政権中枢のごく一部の政治家でしか情報共有を図らなかったと説明した。

2012/01/29 16:34 【共同通信】
---ここまで

警戒区域 除染効果の現実

20111224_mca1107110825003-p1

環境省:現段階でできることはすべてやり これが除染効果の現実


004

警戒区域の除染関連です。

005

自衛隊による警戒区域の除染です。

006

今後の除染の拠点にするらしい。

007

効果があった地点だそうですw

008

効果があった地点だそうですww

009

除染後ですよw

010

除染後ですよww

011

環境省:
現段階でできることはすべてやり これが除染効果の現実

012

環境省:
除染技術は未確立部分あり 効果的な方法の研究進めたい



だからぁ、除染は難しいのです。イイ加減気付いてきましたか?
市民団体より半年遅れですからね。政府w御用学者ww 素直に市民のアドバイスを聞きなさい!


関連ブログ記事:
福島市 除染できません
細野豪志環境・原発事故担当相!殺人予告!か!?

細野豪志環境・原発事故担当相!殺人予告!か!?


福島県のがんの死亡率を今後20年間で最も低い県にすることを目標に掲げた。
ヾ(бoб;o) ォィォィ

がんでの死亡に矮小化しているのは、安全安心派 または 原発推進派 です。
放射線の影響で、あらゆる疾病が発生すると考えられます。
がん以外の病気で死亡すると、がんでは死亡しまません。
政府が、福島県民に対して殺人予告をしているのに等しいと言えます。


居住、年間20ミリ・シーベルトから段階低減を : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://bit.ly/rMghM5
---全文転載
居住、年間20ミリ・シーベルトから段階低減を

 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う低線量の放射線被曝の健康影響を検討していた政府の作業部会は22日、住民の居住可能な地域の目安として、年間の積算放射線量を上限20ミリ・シーベルトとし、2年間の除染作業で10ミリ・シーベルト、その後は5ミリ・シーベルトに段階的に下げるべきとする最終報告書を細野原発相に提出した。

 細野原発相は記者会見で「報告書には極めて重要な提案が含まれており、政策の立案、実行を進めたい」と述べ、政府として報告書に基づき除染などに取り組む意向を示した。

 報告書ではこのほか、福島県のがんの死亡率を今後20年間で最も低い県にすることを目標に掲げた。また、避難区域の学校や幼稚園を再開する際には校庭や園庭の放射線量を毎時1マイクロ・シーベルトまで下げることや、原発周辺の地域に食品の放射線測定器の配備を早急に行うことなども提言している。

(2011年12月22日19時06分 読売新聞)
---転載終わり

#save_children (〃бOб)ノ コラァ〜 細野 低いって言うな!年間20ミリシーベルトは高いだろ!!【おまけ】細野たんに教えてあげる

子どもを守れ


◯年間20ミリシーベルト程度の低い放射線量の被ばく
低くないですよ。あの、原発推進で、甘い基準のICRPでさえ、現存被ばく状況の上限が年間20ミリシーベルトです。しかも、20ミリシーベルトで良いとは言っていません。1〜20の間でできるだけ低い値と言っています。

◯年間の被ばく線量が100ミリシーベルト以上の場合は、過去の原発事故によって、健康にある程度の影響が出ることが分かっている
そうなんですか?
長瀧重信先生は、首相官邸のホームページで、チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。と言っています。どちらかが責任をとって辞めてください。

◯いっぺんに被ばくするより徐々に被ばくするほうが、健康影響が少ないと言いたげですよね。
(。б_б。)ノハイ 正しいかもです
故に、内部被ばくでは、100〜1000倍のリスクになると思われます。細胞などのミクロの世界では、強い被ばくをしますからね。


20111105_hosono

2011/11/05 15:14:28
(〃бOб)ノ コラァ〜 細野 低いって言うな!年間20ミリシーベルトは高いだろ!!低放射線量の健康影響 調査へ NHKニュース http://t.co/nzVUSvkG #save_children #genpatsu #hibaku



低放射線量の健康影響 調査へ NHKニュース
---全文転載
低放射線量の健康影響 調査へ
11月5日 14時28分

細野原発事故担当大臣は、浜松市で講演し、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関連して、年間20ミリシーベルト程度の低い放射線量の被ばくが健康に与える影響について、有識者による作業チームを作り調査する考えを示しました。

この中で、細野原発事故担当大臣は「年間の被ばく線量が100ミリシーベルト以上の場合は、過去の原発事故によって、健康にある程度の影響が出ることが分かっているが、それ以外についてはまだ確認できていない」と述べました。そのうえで、細野大臣は「すでに拡散した放射性物質の低線量被ばくをどう考えるか、もう少し深く分析しなければならない。20ミリシーベルトで線を引いて、国として考え方を整理したい」と述べ、年間20ミリシーベルト程度の低い放射線量の被ばくが健康に与える影響について、有識者による作業チームを作り調査する考えを示しました。また、細野大臣は、東日本大震災で発生した大量のがれきを被災地以外で処理する広域処理について、「岩手県と宮城県の廃棄物は放射性廃棄物ではないし、燃やしたときにも危険性はなく、灰を含めて安全に処理できるものだ。私どもが安全性を保証し責任を負うので、協力してもらいたい」と述べ、各自治体の協力を求めました。
---転載終わり

政府・東電が、記者クラブを接待?!

7人にリツイートされた人気ツイート
2011/11/02 04:51:23
フリージャーナリスト排除に反対!これじゃ、役立たずの記者クラブの接待だろぉぉ : 福島第一原発の敷地内、12日に報道陣に公開へ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞) http://t.co/0O46DRp9 #fukushima #genpatsu #seiji


20111102_profilepic

福島第一原発の敷地内、12日に報道陣に公開へ : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
福島第一原発の敷地内、12日に報道陣に公開へ

 細野原発相は1日、閣議後の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の敷地内を12日に報道陣に公開することを明らかにした。

 3月11日の同原発事故以来、敷地内の公開は初めて。

 取材は、内閣記者会に加盟する読売新聞などの新聞社(11社)、通信社(2社)、テレビ(6社)と、福島県政記者クラブに加盟の新聞社(3社)、テレビ(4社)に限り、外国プレスは代表取材となる。細野原発相は「これまで取材の受け入れが難しかったが、徐々に落ち着き、環境が整った。ただ、人数は絞り込まざるを得なかった」と説明した。

 報道陣の被曝線量の抑制や、核物質防護のため、移動車両から外に出ないなど、敷地内での取材は制限される見通し。

(2011年11月1日17時32分 読売新聞)
---転載終わり


記者クラブが、移動車両の中から取材!? サファリパークかよぉ

#save_children (〃бOб)ノ コラァ〜 細野豪志 いまから研究するのを人体実験って呼ぶんだよぉぉーー

子どもを守れ


ツイッターで、大量リツイート
2011/10/31 15:08:35
いまから研究するのを人体実験って呼ぶんだよぉぉーー:長期間の低線量被ばく研究を NHKニュース http://t.co/lquLdovw #save_children #save_fukushima #hibaku



20111031_nhk_hosono

長期間の低線量被ばく研究を NHKニュース
---全文転載
長期間の低線量被ばく研究を
10月31日 14時34分

細野原発事故担当大臣は、都内で開かれた国際シンポジウムに出席し、東京電力福島第一原子力発電所の事故に関連して、福島県民の健康管理に全力を挙げる考えを示すとともに、長期間の「低線量被ばく」について、国内外の研究者に対し研究の必要性を訴えました。

この中で、細野原発事故担当大臣は福島第一原発の事故に関連して、「政府としては、福島県民の健康問題に正面から向き合う覚悟で、県民の健康被害を出さないことに国を挙げて、世界を挙げて不退転の決意で取り組みたい」と述べ、福島県民の健康管理に全力を挙げる考えを示しました。そして、細野大臣は「これまで『低線量被ばく』について、いくつかの研究成果は出ていて信頼性の高いものもある。しかし、長期間の『低線量被ばく』をどう捉えるのかについては、まだ十分な研究成果が出ておらず、国内はもとより、海外の研究者にもしっかり向き合ってもらいたい」と述べ、長期間の「低線量被ばく」について、国内外の研究者に対し研究の必要性を訴えました。
---転載終わり


だからぁぁーー、福島のこどもをモルモットにするな!!


福島県立医科大学や山下俊一の仲間かよ

関連ブログ記事:
放影研が福島医大と研究協定へ (б▽б;;)げ〜鬼畜どもが集結中
福島県立医科大学 山下俊一先生が答える 放射線Q&A にコメント
モルモット化計画の進捗状況:調査開始
【福島県立医科大学】 被曝医療に関心 。゚+.(*`・∀・´*)゚+.゚

#save_children 細野環境相 除染 ”5ミリシーベルト未満でも対応”

子どもを守れ


NHKローカル:細野環境相 除染 "5ミリシーベルト未満でも対応" 10/2


環境省(先月末)
年間5ミリシーベルト未満の地域 局所的にしか財政措置をしない方針を示す

佐藤知事:
本来なら国・事業者が それぞれの個人の家まで
迷惑をかけたということで 除染するということが筋だろう

細野大臣:
”除染は国の責任でやるべきこと 財政・技術措置講じることを約束したい”

細野大臣:
1〜5ミリの除染 国が責任をもってやっていく
どれくらい徹底して除染できるかは 政府としての姿勢 国のあり方が問われる


当然です ウソつかないでね

あらら、7時のニュースでもやってますね

「避難準備区域」解除協議へ

焦って、実績をあげようとするなよ (〃бOб)ノ コラァ〜


20110720_K10043123211_1107192235_1107192240_01


「避難準備区域」解除協議へ NHKニュース
---全文転載
「避難準備区域」解除協議へ
7月19日 21時59分

細野原発事故担当大臣は、記者会見で、緊急時に避難を求める「緊急時避難準備区域」の解除について、来月初めまでに原子炉の安全性を確認したうえで、自治体と協議するなどして判断したいという考えを示しました。

この中で細野原発事故担当大臣は、原発の状況について「放射線量が着実に減少傾向となっている。当初の『ステップ1』が達成できた。事故当初の放射線量と比較すると、現在出ているのは200万分の1まで減少している」と述べました。そのうえで細野大臣は「緊急時避難準備区域」の解除について「原子炉が、今後、仮に何らかの大きな余震や津波、注水機能のトラブルに見舞われた場合に、どれくらいで回復できるのか、月内か、もしくは8月の頭までには確認し、その段階で緊急時避難準備区域を解除するための前提が整うことになる」と述べ、来月初めまでに原子炉の安全性を確認したうえで、自治体と協議するなどして判断したいという考えを示しました。
---転載終わり


一方、住民は

福島第1原発:住民「安全誰が守るのか」 工程表に不安 - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
福島第1原発:住民「安全誰が守るのか」 工程表に不安
2011年7月19日 20時58分

 安全は誰が守ってくれるのか−−。政府は19日夜発表した東京電力福島第1原発事故被災者を支援する新たな工程表に関し、緊急時避難準備区域については、7月末から8月に安全性を確認したうえで解除を判断するとした。ふるさとに戻れる日はいつなのか。雇用は、生活は再建できるのか。そして何よりも「安全」は確保されるのか。避難生活が続く住民たちの不安は収まっていない。

 全域が緊急時避難準備区域に含まれる福島県広野町。町は解除へ向け、土壌や飲料水のモニタリング、除染の実施など4項目を国に要望していた。町幹部は「政府は一方的に解除について語るが、事務レベルでの説明がない。誰もが安全、安心に暮らせる町に戻すのが先だ」と不信感を口にする。同区域は「住んでいても良い」が、事故前の人口約5400人のうち、現住者は約300人。避難者の多くは役場機能を置く隣の同県いわき市で暮らし、約1500人は県外に避難した。

 避難している町民の思いは複雑だ。いわき市のホテルハワイアンズに避難している住民約300人の代表、鈴木正範さん(66)は「故郷から目と鼻の先にいて、誰もがすぐにでも帰りたい。でも安全が確認されなければ帰ることはできない。政府が言う『安全』をどこまで信用していいのか」とこぼす。

 町内のインフラは復旧が進み、6月末までに8割の世帯で上下水道が使えるようになった。だが店の多くは閉店したままだ。日用品を扱う店主の一人は「病院やゴミ処理など、暮らすための問題は山積し、ほとんどの人はすぐに帰ってこられない。それが現実だ」。

 教育再生への道のりも遠い。町内に1校ずつの小中学校は、2学期からいわき市で再開する準備が進む。町教委幹部は「学校施設の除染など安全・安心の確保は時間が必要」と語る。同居する2世帯7人で避難した同町の太田忠義さん(67)は、子どもの将来を心配した娘夫婦が近く、いわき市のアパートに移り住むという。「私はすぐにも帰りたいが……。孫はじいちゃん、ばあちゃんと住みたいと言ってくれる。でも仕方がない。家族がばらばらになるのはつらい」と肩を落とした。【井上大作】
---転載終わり


住民抜きで、やろうとするな (〃бOб)ノ コラァ〜
年20ミリより大幅に低く=避難解除で原子力安全委−防護も自治体中心に を読んで、勉強しなさい。


そもそも、まだ危険だしぃ

#save_children 【原発】細野補佐官「20mSv浴びるのは良くない」(05/04)

子どもを守れ

20110505images

細野 豪志(ほその ごうし、1971年8月21日 - )は日本の政治家。民主党所属の衆議院議員(4期)。内閣総理大臣補佐官(社会保障・税一体改革及び国会対策担当)。
細野豪志 - Wikipedia


【原発】細野補佐官「20mSv浴びるのは良くない」

---全文転載(転載元にニュース録画あり)
【原発】細野補佐官「20mSv浴びるのは良くない」(05/04 11:56)
 政府が設定した、子供たちに許容される放射線の量をめぐる余波が収まりません。文部科学省が公表した年間20ミリシーベルト以下という基準に抗議して、先週、小佐古教授が内閣参与を辞任。これに対して、菅総理大臣は「原子力安全委員会の助言を得ながら判断した」と反論しました。ところが、4日朝、この基準について細野総理補佐官が「皆、20ミリシーベルト浴びるのは良くないと思っている」と述べました。

 細野総理補佐官:「年間20ミリシーベルトの放射能を浴びることが、良いことではないと皆が思っていた。私ももちろん思っています」「(Q.なぜ年間10ミリシーベルトにできないのか)どうしても国際的な基準に準拠せざるを得ない。ICRP(国際放射線防護委員会)では、事故が起こった後、平常時までに一定の猶予期間があるとすれば、その間は年間1ミリシーベルトから20ミリシーベルトと書かれているので、いったん基準として採用しながら、しかし、年間20ミリシーベルトのままではまずいので、子供たちにどう配慮していくべきか」
 細野補佐官は、20ミリシーベルトという基準に関わりなく、放射線量の低下に努力する考えを強調しました。そのうえで、今後、放射線量が平常時に戻る過程のなかで基準値を変更する可能性があるという考えを示しました。

---転載終わり


少なくとも、原子力安全委員会の検討におきましては、子供が年間20ミリシーベルトを浴びると言う事を許容したものは、誰もおりません。
#save_children 100mSv 20mSv 山下俊一を原子力安全委員会が指導か? 参照

国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)では、
「緊急時被ばく状況」
(239)1mSv 以下
計画被ばく状況に適用され、被爆した個人に直接的な利益はないが、社会にとって利益があるかもしれない状況(例:計画被ばく状況の公衆被ばく)
(240)1〜20mSv 以下
個人が直接、利益を受ける状況に適用(例:計画被ばく状況の職業被ばく、異常に高い自然バックグラウンド放射線及び事故後の復旧段階の被ばくを含む)
(241)20mSv〜100mSv 以下
被ばく低減に係る対策が崩壊している状況に適用(例:緊急事態における被ばく低減のための対策)
#seiji 林久美子参議院議員に叱られたので放射線量の国際基準について事実確認してみたよ^^ 参照

国際放射線防護委員会(ICRP)2008 年勧告 (Pub.111)では、
「現存被ばくの状況」
参照レベルを「1 mSv-20 mSvの低い部分から(可能ならできるだけ低く)選定されるべき」
#genpatsu 政府の説明は、完全に破綻した(・・? ICRP2008年勧告 Pub.111 を発見 参照
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード