いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

経済産業大臣

枝野経済産業大臣 東電の霞が関や永田町工作を批判


東京電力について
「霞が関や永田町工作で意思を実現しようという姿勢をやめるべきだ」



経産相 “東電は経営体質の改善を”
---ここから
経産相 “東電は経営体質の改善を”
3月6日 15時57分

枝野経済産業大臣は閣議のあとの会見で、東京電力について「霞が関や永田町工作で意思を実現しようという姿勢をやめるべきだ」と述べ、経営体質を改善すべきだという考えを示しました。

この中で枝野経済産業大臣は、東京電力について「体質を変えないといけないと思う。霞が関や永田町工作で意思を実現しようという姿勢をやめ、利用者や消費者の方を向いた企業になっていただく」と述べ、経営体質を改善すべきだという考えを示しました。
東京電力は、経営改善に向けて、政府が出資する原子力損害賠償支援機構とともに「総合特別事業計画」の検討を進めていますが、公的資金の投入を巡り政府が保有する議決権の比率を、できるかぎり抑えたいとする姿勢を崩さず、調整が続いています。
こうしたなかでの今回の枝野大臣の発言は、会社側の姿勢をけん制するねらいもあるものとみられます。
---ここまで


「東電、永田町工作やめよ」枝野経産相
---ここから
「東電、永田町工作やめよ」枝野経産相
2012/3/6 10:28

 枝野幸男経済産業相は6日の閣議後記者会見で、東京電力について「霞が関や永田町への工作で自分たちの意志・意図を実現しようという姿勢をやめ、消費者や原発被害者のほうを向く体質になっていただかないといけない」と述べた。

 東電と政府の原子力損害賠償支援機構は東電の経営改善策などを盛った「総合特別事業計画」を3月にまとめる。東電の経営権掌握を目指す枝野経産相に対して東電は抵抗を続けており、こうした姿勢を批判したものとみられる。
---ここまで

ツイッター・ブログ監視についての質問:参議院

参議院 予算委員会 2011年7月25日

6分30秒くらいから
ツイッター・ブログ監視についての質問

福島みずほ議員:
資源エネルギー庁は、2億円掛けて、不正確情報対応という事をやると、
ツイッター・ブログで、インターネット上に掲載されている不正確な情報を監視し、
そして、正確な情報を提供し、正確な情報へ導くと、原子力発電所に対する風評被害を防止すると、
お聞きしますが、不正確情報を流していたのは政府じゃないですか?
なんで、人々の不正確情報の監視なんて、おこがましい事ができるんでしょうか?
こんな、くだらないことは止めるべきだと思いますが、いかがでですか。

細野資源エネルギー庁長官:
お答えを申し上げます。
福島の発電所の事故以来、いろんな方々に、たいへん、避難生活も含めて、
また、放射線影響についてはですね。多くの方に、ご迷惑を掛けてしております。
こうした中で、いわゆる放射線の影響についてはですね。
いろんな根拠のない情報等々が、飛び交っております。
こういった事がですね。それぞれ、皆さん方の動揺をきたしたり、
あるいは、風評被害を拡大すると言うことで、
パンフレットとかインターネットを通じてですね。色々な情報提供をさせていただいております。
まず、最大限ですね。情報提供をさせて頂いて、いろいろな不安とか混乱を避けたい。
ということで、やっていきたいと思っております。

福島みずほ議員:
メルトダウンしているのに、してないと言い。
レベル4を、レベル7に上げ、そして、大丈夫かと言って、食べ物の不安が出ています。
どっちが、不正確情報を出してるんですか?
人々が、情報を共有することで、みんな、少しづつ学習したりしているのですよ。
こういう、くだらない事業をやめてください。

海江田経済産業大臣:
くだるくだらないということは、別としまして、
わたくしは、こういう、この事故後ですね。やはり、これはホントにお金を節約してですね。
お金を、被害者の人たちに回すべきだという事を、かねてから言っておりますので、
それは、いま、ご指摘の点も含めて、予算が仮にあっても、それは、余らせて、
余らせば良いことでありますから、その意味では、しっかりと、無駄な、広報費。
そういうものを、使わないように致します。

福島みずほ議員:
広報費の無駄が、節電サポート、節電のキャンペーンで、77億円使うと、
77億円の予算で、一ヶ月で2800件の電話を受けたコールセンターに、6.5億円付いていると、
こんな、お金があるんだったら、被害者に補償してくれ!って、こういう風に思います。
勿論、節約は、勿論なんですが、わたしが、問題にしているのは、不正確情報なんです。
これ、形を変えた、安全キャンペーンじゃないですか。
みんなの不安を取り除いてって言うけど、正確な情報を言ったほうが、みんな安心なんですよ。
2億円の事業、見直してください。どうですか。

海江田経済産業大臣:
全体のいわゆる広報というものも、これは、当然、中身が変わらなければいけないという事は、
何度も、わたくしも、省内で議論しております。その事については、みなさん、理解を頂いております。
ただ、インターネットの上の情報というのは、ホントに、いろんなのが、ございますから、
できるだけ、そこは、ですね。まさに、正確な情報をお届けするということは、
わたくしは、大事だと思っておりますから、まさに、誰が見ても正確な情報である。ということ、
それから、結論を、数字というのは嘘をつきません。
ときどき、嘘つきが、数字を用いますけど、数字は、嘘をつきませんから、
ですから、そういう、客観的なデータを提供する。ということには、努めたいと思っております。

福島みずほ議員:
20ミリシーベルトは、まだ、維持されておりますし、
その政府の、あるいは、いままで、ずっと訂正してきた、その感覚で、
国民の不正確情報を正すというのは、止めてくださいよ。
これは、不正確情報は、どっちなのか?ですよ。
やるべきことは、こういう事ではないでしょう。と思います。
少なくとも、インターネット上、ブログの監視は、止めてください。

海江田経済産業大臣:
そういう、その監視というようなことも、いま、実際できるようなモノでは無いですよ。監視なんか。
戦前とは違いますから、ですから、きちっと、正確な情報を提供するようにね。
そういう事をやるということでありまして、
不正確な情報があれば、それは、違いますから、直してください。
ということを申し上げる。ということに、尽きていると思います。

福島みずほ議員:
この事業は、モニタリングと、ちゃんと入っております。監視ですよ。
こういう、くだらない事業は、即刻、やめるように、強く求めます。


(〃бOб)ノ コラァ〜
・・思ったより時間が掛かって疲れました。各自でツッコミを入れてくださいね (б。б;A)゛アセアセ


なお、福島みずほ議員のツイッターは、http://twitter.com/#!/mizuhofukushima です。
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード