いるかちゃんの子どもを守れ。反自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!電力自由化と発送電分離で、コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!マスコミの偏った情報を鵜呑みにしないで公平な情報を収集しよう!アメリカのポチのアベ自公政権に鉄槌を下そう!民主主義と立憲主義を取り戻そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

給食

【復習】毎日10ベクレルで、200日後に1000ベクレル : 10Bq/kg の冷凍ミカンを給食に出しちゃダメ ヽ(бoб; オイオイ





このツイートに関する予備知識

毎日10ベクレルで、200日後に1000ベクレル

ICRP (Pub.111)より転載したグラフ
20121027_984d08be3008060f

上のグラフは、積算被ばく量ではないことに注意してください。
(生理的半減期を考慮した)排出されることも考慮に入れた全身に存在する放射性物質の量です。

毎日10ベクレルの経口摂取を繰り返すと、200日後には全身に1000ベクレルの放射性物資が存在します。500日後には全身に1400ベクレルの放射性物質が存在し、その後の上昇は少なくなって均衡します。


このグラフは全身のベクレルですから、体重1キロあたりの測定値と比較する場合には体重で割る必要があります。
体重が50kg とすると、
1000ベクレルは、体重1キロあたり 20ベクレル
1400ベクレルは、体重1キロあたり 28ベクレル


WBC測定結果の見方 ベラルーシ基準

子ども:体重1キロあたり
70ベクレル 危険レベル
20ベクレル 注意レベル

大人:体重1キロあたり
200ベクレル 危険レベル
70ベクレル 注意レベル
50ベクレル 「要注意」 子どもを生む可能性のある男女



子どもに毎日10ベクレルの摂取を強いるなど考えられません。
目の前が真っ黒、頭が真っ白になるレベルです。

では、何処まで許容するか?
勿論、0ベクレルですね。目一杯妥協しても、1日あたり1〜2ベクレルでしょ?


ニュースに戻ります。
給食の冷凍ミカンだけで、1ベクレル。
ツイートでは、「無視できない値 」と言いました。(;б。б)ゞ ゴメンネェ...これは、出しちゃダメ!!

現場から:放射性物質検出、冷凍ミカン給食 「安全」でも分かれた対応 /神奈川 (3ページ目)

 ■放射性物質を検出した冷凍ミカンを巡る各自治体の対応■

     検査結果 対応

横浜市   8.8 提供中止。約2700万円を市費負担

川崎市   9.1 そのまま提供

鎌倉市   8.1 西日本産に変更。費用負担は業者と調整中

藤沢市   3.0 そのまま提供

横須賀市  6.5 そのまま提供

相模原市  6.7 そのまま提供

 ※検査結果は1キロあたりの放射性セシウム、単位はベクレル。出荷制限の判断に際し国が示した一般食品の基準は1キロあたり100ベクレル

続きを読む

【給食の放射性物質検査】機器不足拭えぬ不安

(б-б;)ウーン

測定の手順に問題があると思います。
1.主力の食材は事前に検査。
2.1食分をまとめて検査。
3.機器などを増やして、測定する食材を増やす。

こういう方針で良いと思うのですが、問題あるのかなあ。
トータルのセシウム摂取量を小さくすることが重要です。甘い未検出に拘るのではなく、厳しい検出限界で測定すべきです。もちろん、全食検査ですよ。
多少は検出されなければオカシイです。誤魔化そうとするから行政はパニックに陥っています。合理的な判断をしてください。


20120110_0110_1

【給食の放射性物質検査】機器不足拭えぬ不安 全食材手回らず 食後に結果分かる例も - 東日本大震災|福島民報
---全文転載
【給食の放射性物質検査】機器不足拭えぬ不安 全食材手回らず 食後に結果分かる例も
2012年1月10日

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から11日で10カ月となる。県内では給食用食材の放射性物質検査を独自に実施する自治体が増えているが、機材不足や手法のばらつきなど不安払拭(ふっしょく)への課題は多い。人口が多い市部は使用する食材の半分程度しか検査できないケースもあり、自治体関係者らは「国はもっと機器導入を支援すべき」と求める。

■1台250万円余
 県内の多くの自治体は、給食センターに検査機器を導入するなどして、独自に放射性物質検査を実施している。ただ、検査機器は一般的に250万円余と高価。各学校や給食センターに設置する場合、箇所数が多い市部は導入費用が数千万円になるなど自治体の財政負担は大きく、台数を増やすのは容易ではない。検査には、1品目当たり20分程度の時間がかかり、限られた台数での検査では使用する食材を全て検査することはできない。
 また、調理後の給食そのものを検査している自治体もある。ただ、検査結果が公表されるのは翌日で、子どもに提供された後だ。
 国は、今年度第3次補正予算で本県など17都県を対象に検査機器の購入補助費約1億円を予算化したほか、平成24年度当初予算案に学校給食モニタリング事業費として3億円を計上した。
 しかし、県内で給食を作る学校や給食センター約360カ所全てに検査機器を配備するには不十分なため、県は国に対し、さらなる予算措置を要望している。県教委の担当者は「児童生徒や保護者の不安を取り除くためには、検査態勢を整えなければならない」と強調している。

■27市町村が独自に
 福島民報社は県内59市町村を対象に、学校給食の放射性物質検査を行っているか調べた。学校給食を実施しているのは53市町村で、福島、郡山など27市町村が、既に検査機器を導入するなどして独自検査を実施している。
 各自治体の検査状況は【表】の通りで、空間放射線量が比較的低い会津地方でも多くの自治体が自主検査に踏み切っている。既に機器購入費を確保するなどして「近く実施予定」としているのは、会津若松や須賀川など14市町村。「検討中」は8市町村。残り4自治体は役場機能を移転している川内、大熊、浪江、飯舘の各町村で、避難先の自治体に給食業務を委託している。
 このうち、三春町は食材の納入業者に対し、使用する1日前に野菜のサンプルを町の「食品等放射能検査所」に持ち込むよう指示。検出限界値以下であることが確認された食材だけを給食に使用している。これまでに限界値を超過した食材はないという。
---転載終わり


追記:18:00
最大の問題は信頼感なのかもしれないです。信頼できるリーダーが必要です。市民側の人材が良いでしょうね。


20120110_0110_27

【給食の放射性物質検査】難題多く自治体苦悩 国の支援足りず 保護者「全食材測って」 - 東日本大震災|福島民報
---全文転載
【給食の放射性物質検査】難題多く自治体苦悩 国の支援足りず 保護者「全食材測って」
2012年1月10日

 検査機器不足で全量検査は不可能、食前の検査公表も困難...。学校給食の放射性物質検査態勢の構築を急ぐ県内の自治体関係者の苦悩は尽きない。保護者らの不安払拭(ふっしょく)に向け、さまざまな課題が突き付けられている。

■限界
 「今の検査態勢では、1校の食材を全て調べることは難しい」。福島市は昨年11月、他市に先駆け市内4つの給食センターに放射性物質検査器を1台ずつ配置したが、担当者の表情はさえない。
 文部科学省が定めた学校給食衛生管理基準により、給食用生鮮食材は調理当日の搬入が基本。そのため、検査は調理と並行し、午前中に実施している。
 食材は1日当たり10〜15品目あるが、検査は1品目ごとに15分余かかる。食材が届けられる午前9時半から配膳準備の午前11時までに検査できるのは6品目が限度となる。担当者は「測定器をもっと増やしたいが、自治体独自では経費が掛かり過ぎる」と、国の支援を期待する。
 機材不足の悩みは、11日から検査をスタートさせるいわき市も同様だ。稼働している5つの学校給食共同調理場のうち平南部、小名浜、常磐の3調理場に民間から寄贈された検査器を1台ずつ設置した。三和の調理場には国から貸与された1台が配備されており、4台態勢で対応するが、全ての品目を測定することは難しい。
 こうした実情に、子どもを持つ母親らの不安が消えない。小学生と幼稚園児の子ども3人を持つ福島市の主婦(35)は訴える。「不安を少しでも和らげるために、全ての食材を測るべき。親は給食の安全性を信頼するしかないのだから」

■認識の溝
 郡山市が放射性物質検査機器を配備する郡山市総合地方卸売市場。市は昨年12月、調理後の給食の放射性物質検査を開始した。2月に給食専用の検査機器2台を導入することにしているが、給食への不安を取り除くため、農家の農産物検査の合間に調べている。
 市内の中学校計24校の給食を作る給食センター2カ所で週1回、調べている。自校給食の小中学校65校分は4校ずつ順番に測定している。結果公表は検査翌日で、万が一、放射性物質が検出された場合、既に食べた後になる。
 「これが現状では最善の手」。市教委の担当者は強調する。給食は放射性物質が検出されず流通している食材を使用していることを指摘し、「測定はあくまでも不安を払拭するため」とする。
 市の意気込みに反し、保護者らからは不満の声が寄せられている。市内の女性団体役員は「食べる前に結果が分からないと、検査をしている意味がない」と語る。市と保護者らの認識の溝は埋まっていない。

■逆転現象
 自校給食の小規模校では、実際に給食で食べる分よりも、検査に使用するサンプルの量が多いという"逆転現象"が起きている。
 福島市の大波小は児童と教諭合わせて約30人分の給食を用意している。1日数百グラムしか使わない食材も多い一方で、市で所有する検査器は食材1品につき1キロが必要となる。
 検査用の食材費は1日5、6000円程度で、市が負担している。市の担当者は「多くの食材が検査のため廃棄処分となる。安全のためには仕方がないが...」と頭を悩ませている。

【背景】
 県は文部科学省の平成23年度第3次補正予算を受け県学校給食会に貸与するため12月補正予算で500万円の検査機器2台の購入を決め、発注した。さらに、国は24年度当初予算に学校給食の事後検査の補助金を計上。各市町村は1カ所程度ずつ学校や給食センターを選び、この補助金を活用して毎日の給食を検査機関に委託し分析する。
---転載終わり

#save_children 福島市教委 放射性物質検出なし (。б_б。)ノハイ 福島県産の食品を殆ど使用していない?測定していない??ようです

子どもを守れ


(。б_б。)ノハイ 福島県産の食品を殆ど使用していない?測定していない??ようです


給食の食材 初検査 : ニュース : 教育 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
給食の食材 初検査

福島市教委 放射性物質検出なし

 福島市教委は1日、市立小学校3校の給食で使用する食材の放射性物質を初めて検査し、結果を公表した。いずれの食材からも、放射性物質は検出されなかった。

 同市教委では、これまでも各自治体が行う測定結果で国の暫定規制値を超えずに流通している食材を使用。ただ、保護者の要望があり、給食に出される食材を直接検査することにした。

 この日の検査では、飯坂と福島第一、福島第三で使用する鶏肉や白菜などの食材12品を測定し、いずれも放射性セシウムとヨウ素は検出されなかった。

 同市では、今後も順次、給食のある平日の午前中に検査を行い、結果を市のホームページで公開することにしている。

(2011年11月2日 読売新聞)
---転載終わり


学校給食用食材の放射性物質の測定結果【市測定】をお知らせします | 福島市震災関連情報サイト
平成23年11月1日使用分測定結果【PDFファイル:127KB】
20111102_f01

20111102_f02

#save_children 給食の放射性物質検査に補助

子どもを守れ


関連ブログ記事:
森ゆうこ文部科学副大臣ヾ(бб )ヨシヨシ 学校給食の食材検査強化へ 自治体の機材整備費を支援 文科省


20110925_nhk

給食の放射性物質検査に補助 NHKニュース
---全文転載
給食の放射性物質検査に補助
9月25日 4時24分

東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で、学校給食に不安を抱く保護者がいることから、文部科学省は、給食の食材の放射性物質を検査する機器を都道府県が購入する場合、経費の半額程度を補助することになりました。

東京電力福島第一原子力発電所から出た放射性セシウムに汚染された疑いのある食材が給食に使われたため、給食に不安を抱く保護者が増えています。このため文部科学省は、保護者と子どもの不安を解消しようと、給食の食材に含まれる放射性物質を検査する機器を都道府県が購入する場合、費用の半額程度を補助することになりました。文部科学省は、この補助で東北や関東を中心に70台ほど機器を配備できるのではないかとしています。文部科学省は、今流通している食材は安全としたうえで、「それぞれの地域でさらに検査を行う取り組みを支援して、給食に対する不安を解消したい」と話しています。
---転載終わり

#save_children 森ゆうこ文部科学副大臣ヾ(бб )ヨシヨシ 学校給食の食材検査強化へ 自治体の機材整備費を支援 文科省

子どもを守れ


文部科学副大臣を拝命致しました: 参議院議員 森ゆうこ
20110912_hptops


2011/09/05 23:26:36
本日、文部科学副大臣を拝命しました。皆さんのご期待に応えらるように全力を尽くす覚悟です。台風12号による文科省関連の被害状況を事務方に確認。教育の充実の大前提として子どもたちの安全が確保されるよう指示。記者会見を終えて帰宅。
先ず、記者会見のオープン化に着手します。

2011/09/05 23:33:03
私の担当は、教育と文化。放射線障害についてまだ直接の担当に決まったわけではありませんが、先ほどの会見で、「給食の安全確保についてはほとんど対策が未実施。子どもたちを放射能から守るためにできることは何でもやりたい。」と決意を述べました。

2011/09/07 01:04:42
たくさんのお祝いツイートや、取り込まれてしまったのではないかとのご心配のtweetありがとうございます。役所から説明される情報だけに偏らないようにtweeterなどで寄せられるご意見をこれからも大切にします。返信出来ないことが多くなるかもしれませんが、是非色々なご意見を!



【放射能漏れ】学校給食の食材検査強化へ 自治体の機材整備費を支援 文科省 - MSN産経ニュース
---全文転載
学校給食の食材検査強化へ 自治体の機材整備費を支援 文科省
2011.9.9 22:34

 東京電力福島第1原発事故の影響で、放射性物質に汚染された食材が学校給食に使用される不安が高まっていることを受け、文部科学省は9日、食材を検査する自治体に対し、検査機器の整備費用の一部を補助することを決めた。本年度第3次補正予算案に1億円を盛り込む。

 保護者や児童生徒の不安解消と安全性確保が目的。対象は17都県となる見通しで、文科省は、補助を受けた検査機器を使って給食の食材を優先的にサンプリング調査し、結果を公表するよう要請する。

 放射性セシウムで汚染された稲わらを与えられた可能性のある牛の肉を学校給食に使ったケースが全国で相次ぎ、保護者らが対策を要望。森裕子文科副大臣も5日の就任会見で、検査態勢の強化が必要と指摘していた。
---転載終わり

2011/09/11 20:43:16
【放射能漏れ】学校給食の食材検査強化へ 自治体の機材整備費を支援 文科省 - MSN産経ニュース http://t.co/avuYd4c #save_children #hibaku #seiji (〃бOб)ノ コラァ〜 名前を間違えるなYO!! ×森裕子 ○森ゆうこ



懐かしの国会質問(5月1日 参議院予算委員会)

【国会中継】森ゆうこ議員が、政府対応を批判
午前の国会中継です。森ゆうこ議員が、20ミリシーベルトの政府対応について国会で批判!
(´・ω・`)))そぉーだぁょねーーw
1/3

2/3

3/3



(*бб*)ノガンバレ〜
クリックしてね!ランクアップしたいぃ



ブログランキングならblogram

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


いるかちゃん | バナーを作成
検索してショッピングしてね☆


いるかちゃんのほしい物リスト。誰かくれ^^
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード