国際比較というのは、ドル建てでするのが常識です。

ドイツの電気料金が上がっているとしても、日本の電気料金も相当上がってるハズなのは、容易に想像できます。
円高だからね。

で、調べてみた。
ユーロとか円の為替相場で換算して、ぐちゃぐちゃ、を覚悟していたのですが、ズバリありました。


図録▽電気料金の国際比較 さん、ありがとさんきゅっ♪v(*б-б*)^☆
上のリンクより、本文も読んでくださいね。図と超簡単な σ(б。б) のコメント。
20121222_dema

産業用:
黒が日本で、青がドイツ。ドイツが少し安い。イタリアww
家庭用:
青のドイツが、高いのはホントです。

しかし、ドイツの家庭用の電気料金が上昇しているのは、賦課金の上昇による所が大きい。
20121222_dema2

再生エネルギー買い取り賦課金ですから、脱原発に伴うコストではある。
でも、政治的な価格の上乗せですからね。日本のガソリンは高いじゃないですか。それと同じです。



別の視点:

10年くらい前 以前の日本の電気料金:
どんだけ高く買わされてんだよ ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!
このギャップは、現在の電気料金にも残っていると考えられます。
電力利権を破壊して、発送電分離・発電の自由化・販売の自由化をすれば、電気料金は下がる方向です。
原発を温存して、利権を壊せるか?わたしは、できないと断言します。

原発のコストは、ホントは高い:
いま、政府や電力会社が言っている原発のコストには、
使用済み核燃料や高レベルの核廃棄物の処理コストが入っていません・・壮大な墓が必要だけど、知らん
原子力発電の事故に備えた保険料相当額が入っていません・・任意保険に入ってないけど、運送会社やるわ



でね。
ドイツが脱原発なんですよ。
ドイツの政界や産業界が、コスト計算をしない訳がないでしょ。日本のように感情論で原発推進などしない。
ホントの原発発電コストは高いから、フランスから(過小なコスト計算のために)安い電力を買ってしまえ。という意識があるに違いないです。あとの処理するのはフランスだから、関係ないし。

で、
ヨーロッパで、経済的に強い国は何処ですか?



追記: 12/29 デマを追加
以前に、ドイツの家庭用電気料金が高いのは、税金のせいではないか? との指摘を受けました。
確かに、そうですね。

【森永卓郎のエネラボ】
2012/12/29 10:00 〜 2012/12/29 10:54 (BS-TBS)
002
003

税金込みの電気料金を、単純な棒グラフにしています。脅し ですね。

このような、原子力ムラの勢力の巻き返しがあります。皆さん、注意して☆〜(ゝ。б)ネ


追記: 2013/01/06
ドイツの家庭用電気料金(2012年)
発送電コスト 55%
賦課金 15%
税金 30%
くらいですね。棒グラフ詐欺に注意!
続きを読む