いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

農地

農地の除染に懐疑的 ベラルーシの研究所

(*б。б)(*_ _)ウン♪


2011/11/03 16:22:17
あのぉー、ツイッターで聞いてもらえば、お答えしたのにねぇー : 【放射能漏れ】農地の除染に懐疑的 ベラルーシの研究所 - MSN産経ニュース http://t.co/356n7Shd #save_fukushima #genpatsu #hibaku



【放射能漏れ】農地の除染に懐疑的 ベラルーシの研究所 - MSN産経ニュース
---全文転載
農地の除染に懐疑的 ベラルーシの研究所
2011.11.3 16:09

 福島県のチェルノブイリ原発事故調査団は2日午後、ベラルーシの国立放射線学研究所を訪れ、農業の現状について意見交換した。同研究所のアベリン所長は「農地の表土を削って除染すると、土地の肥沃度が下がってしまい農地として使えなくなる」と述べ、東京電力福島第1原発事故で汚染された農地の除染に懐疑的な考えを示した。

 チェルノブイリ原発があるウクライナの隣国で、深刻な被害が及んだベラルーシでの除染について、アベリン所長は「幼稚園や学校など人が集まる場所では実施したが、農地ではやらなかった」と紹介。

 その上で「農地を死なせず、内部被ばくを防ぐことが重要で、高濃度の汚染地域では食料とはしない作物を作付けすることが大事だ」と強調した。

 調査団長の清水修二福島大副学長は意見交換を終え「われわれがこれからやらなければならないことについて明確で具体的なヒントが得られた」と話した。(共同)
---転載終わり


福島のチェルノブイリ調査団 11月2日放送

農地の除染 頑張ってきた佐藤社長にアドバイス

ネットでは常識ですが、、


田畑は既に耕作が進み土壌がかくはんされているため今回は見送った。
(〃бOб)ノ コラァ〜 だから、作付けや耕作をするなと言ってた

畑だと表土を5センチはぎ取ると栄養分の豊富な部分がなくなる。
(〃бOб)ノ コラァ〜 だから、農地を除染すると土が死んじゃうんだ


除染実験:果樹園で梨、桃対象に 福島市、独自で年内にも - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
除染実験:果樹園で梨、桃対象に 福島市、独自で年内にも
2011年10月10日 2時30分 更新:10月10日 6時37分

 福島市は主要産品の梨と桃の果樹園で、年内にも独自の除染実験を始めることを決めた。効果が確認されれば、未定だった農地の除染スケジュールを市の除染計画に盛り込む。一方で、はぎ取った表土の置き場所の選定など、課題への対応も必要になりそうだ。

 同市は寒暖の差が大きい盆地地形で、水はけの良い扇状地も広がる果樹栽培の適地。除染実験は、市町村単位の06年統計で収穫量全国1位となった梨、2位だった桃が対象で、農協と連携し、放射線量が比較的高い果樹園を近く選定する。

 土地の傾斜など果樹園の形状や土質を調査した後、表土や樹皮のはぎ取り、落ち葉の回収などを組み合わせながら行う。田畑は既に耕作が進み土壌がかくはんされているため今回は見送った。

 一方、はぎ取った表土などの仮置き場は未定。市全域の果樹園の表土を5センチはぎ取ると120万立方メートル(東京ドーム1個分)の土壌が出る。市は「食の安全、安心に向けて除染は必要。風評被害を防ぐ意味でも、市民の協力を得ながら置き場の選定も進めたい」と話している。

 果樹農家らは除染に期待する一方、不安も口にする。国道13号の通称ピーチライン沿いで「まるせい果樹園」(福島市飯坂町)を経営する佐藤清社長(65)は約60年前に果樹栽培を始めた父の志を継ぎ、梨や桃を栽培。中でも減農薬、有機肥料など「土作り」にこだわってきた。所有する農地は約6ヘクタール。除染は費用や人手など単独でできる規模ではない。

 佐藤社長は「畑だと表土を5センチはぎ取ると栄養分の豊富な部分がなくなる。果樹の場合は分からないが、影響を受けるかもしれない」と不安を口にする。その一方で「線量の低減などデータが示されれば風評被害を防ぐ一要素になるし、我々も前向きになれる。やれることは何でもするしかない」と語った。【清水勝】
---転載終わり


佐藤社長にアドバイス:
まずは、風評被害ではなく、実害です。
消費者は線量を気にしているのではなく、農作物に移るセシウムなどのベクレル値です。
やれることは、ベクレル値の表示です。暫定規制値ユルすぎますから否定する必要があります。
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード