子どもを守れ


福島甲状腺検査:全県調査スタート…子供約36万人対象 - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
福島甲状腺検査:全県調査スタート…子供約36万人対象
2011年11月14日 11時18分 更新:11月14日 12時59分

 東京電力福島第1原発事故を受け、福島県で18歳以下の子供約36万人を対象にした甲状腺検査の全県調査が14日、始まった。一部開始している先行検査は福島市の県立医大病院で実施されたが、全県調査は各自治体に医師らが出向く。

 14〜18日、川俣町で山木屋地区以外の子供を検査。続いて国の避難区域などに指定された10市町村を巡回し、その後は3月18日時点の放射線量が高かった地区の順に行い、14年3月までに全県を一巡する予定。

 この日は川俣町の保育園などに検査機を持ち込み、園児らを調べた。検査はのどに超音波を当て、しこりがないか調査。20歳までは2年ごと、それ以降は5年ごとに継続して確認する。

 10月9日から住民の被ばく量が比較的高いとみられる浪江町と飯舘村、川俣町山木屋地区の子供を対象に先行実施され、今月13日までに4908人中3765人が受けた。【長野宏美】


【知っておきたい基礎知識】福島第1原発事故 暮らしの中の対策 被ばく、どう防ぐ
質問なるほドリ:福島の子供向け甲状腺検査、何が分かるの?=回答・小島正美
<専門家の見方>甲状腺の内部被ばくについても−−Dr.中川のがんの時代を暮らす:/7 チェルノブイリとの違い
<専門家の見方>福島とチェルノブイリの違いは−−Dr.中川のがんの時代を暮らす:/8 半減期長いセシウム
<提言>これが言いたい:食材による子どもの内部被ばく不安解消へ=早野龍五
<内部被ばく>福島・南相馬の小中学生内部被ばく検査 最高は0.41ミリシーベルト
<食品による内部被ばくについて>放射性物質:食品内部被ばく、年1ミリシーベルトに厳格化−−厚労省
---転載終わり


長い記事が多いので、部分抜粋に対するわたしのコメントを太字で書く☆〜(ゝ。б)ネ


大震災半年:福島第1原発事故 暮らしの中の対策 被ばく、どう防ぐ - 毎日jp(毎日新聞)
 ◇範囲、チェルノブイリの1割
見出し詐欺だ!事故による汚染地域の面積の問題ではない。汚染地域に多数が居住していることが問題だ。

チェルノブイリでは1平方メートルあたり148万ベクレル(妊婦と子どもは55万5000ベクレル)以上の地域を強制移住させた。
初期なら、たぶん正しいです。
参照:チェルノブイリの避難基準(初期ではないと思われます)
1平方メートルあたり3万7千ベクレル以上の汚染地域。居住者に15ルーブル/月支払い
1平方メートルあたり18万5千ベクレル以上の汚染地域。移住の権利を在する
1平方メートルあたり3万7千ベクレル以上の汚染地域。滞在期間の制限

 ◇出荷制限、ほとんど解除
(。б_б。)ノハイ 暫定規制値が緩すぎるからです。参照:世界の食品規制値

 ◇乳幼児、妊婦は特に注意必要 低線量リスク、データなく
正しい記述です。

累積100ミリシーベルトの放射線を浴びた場合、がんで死ぬ確率が0・5%高くなる。日本人のがんで亡くなる人は、死者全体の約30%。これらの全員が100ミリシーベルトを浴びると、がんによる死者の増加は死者全体の0・15%にあたる
算数もできないのですか?30%に0.5%を掛けて何がわかるの!!
0.15%ではなく、がんによる死亡者が0.5%上昇します。これは、楽観的なICRPのリスク係数による計算です。

また、胎児への影響も、100ミリシーベルト以下の被ばくでは、何らかの先天的な異常が増えるという明確なデータはない。
だからといって、子どもと大人に違いがないというわけではない。
あなたが、混乱している。しきい値を定めないと数行前に書いてるでしょ。忘れたの?

ICRPは外部と内部の健康影響を等しくとらえるが、北海道がんセンターの西尾正道院長は「内部被ばくは長期間、周囲の細胞に影響を与え続ける。内部と外部の影響を同等にみなすのは疑問だ。外部被ばくについても、原爆被爆者の中に低線量で、がんになった可能性のある人がいる。いろいろなデータを注意して見ることが必要だ」と語る。
(*бoб)//゛゛゛パチパチ 素晴らしい記述です。

毎時14・5マイクロシーベルト(1マイクロシーベルトは1000分の1ミリシーベルト)から、1・8マイクロシーベルトと8分の1に減った。しかし、2階寝室は同0・7マイクロシーベルトから同0・61マイクロシーベルトとほとんど変化がなかった。
倍率は重要ではない。つまり、相当偏った高線量部分は除染可能。しかし、ほんの少し広い範囲になると効果は薄い。

 ◇DNAの傷、がん化と関連不明
微妙な見出し。だから、どうしたら良いの?大事をとって関連あるとして対処するのが正しい行動です。


Dr.中川のがんの時代を暮らす:/7 チェルノブイリとの違い - 毎日jp(毎日新聞)
被ばく量がゼロという人はいないのです。
当たり前です。こういう言い方をするから、信用されません。

農薬ww 塩ww

「白か黒か」の考えでいると、わずかな量の被ばくも大量の被ばくも、同じように「黒」になってしまいます。
あなたの思い込みです。「白か黒か」などと考えているひとは、ごく少数。一部の安全安心派が白と言っています。

チェルノブイリでは、小児甲状腺がん以外のがんの増加は確認されていません。
白血病も増加しています。
しかし、がんだけに矮小化している点が悪質です。心臓病を筆頭にいろいろな疾病が増えます。

最大35ミリシーベルトにとどまっている
100ミリシーベルト以下の被ばくでは、小児甲状腺がんは増えていません
言葉のトリックです。しきい値はありませんから、通常のがんとして増えます。がんになる頃には、子どもではないでしょうね。小児甲状腺がんは、チェルノブイリで桁違いに発症しました。


Dr.中川のがんの時代を暮らす:/8 半減期長いセシウム - 毎日jp(毎日新聞)
一部のメディアは、子孫にまで奇形や知能低下などが起こるといった記事を載せ、国民の不安をあおっているように見えます。
遺伝障害も知能の低下も平均寿命の短縮も起きています。

「世界一のがん大国」
(。б_б。)ノハイ あちこちからラジウム226が発見されていますね。これらも要因のひとつと考えられます。

現在、空気中に新たに放出される放射性物質はほとんどありません。
(*б゛б)ウーン・・・ 放出はありますが相当減っているのも事実。この点は、許しましょう。
土壌などに落ちたセシウムが再浮遊しています。汚染地域では、空気中のチリやホコリにに放射性物質が付着しています。

その放出された放射性物質は、放射性ヨウ素と放射性セシウムの2種類にほぼ限られています。
ほぼww
プルトニウムとストロンチウムも忘れないで下さいね。ストロンチウムはセシウム比で一定程度存在していることが前提です。市民がストロンチウムを検出した後になって、文部科学省が開き直って言ってました。

どんなテクノロジーをもってしても、この半減期を変えることはできません。
(*бoб)//゛゛゛パチパチ 良いことも言いますね。その通りです。


これが言いたい:食材による子どもの内部被ばく不安解消へ=早野龍五 - 毎日jp(毎日新聞)
そこで提案したいのが、食材のサンプリング検査に加え「給食まるごとミキサー検査」を行うことである。
(。б_б。)ノハイ 賛成です。記事全体も素晴らしいです。


東日本大震災:福島・南相馬の小中学生内部被ばく検査 最高は0.41ミリシーベルト - 毎日jp(毎日新聞)
「量は非常に少なく、健康に影響を与えるレベルではないが、継続的に調査していく」
深刻とまでは言えませんが、健康に影響を与えるかもしれないレベルです。継続的な調査には、賛成です。
参照:南相馬の小中学生の内部被ばく記事:緊急に治療が必要ではありませんが、健康に影響を与えるかもしれないレベルです。


放射性物質:食品内部被ばく、年1ミリシーベルトに厳格化−−厚労省 - 毎日jp(毎日新聞)
タイトルに一言。厳格化というより暫定規制値が緩すぎます。参照:世界の食品規制値
年1ミリシーベルトでは、緩いでしょうね。

健康に影響を及ぼす被ばく線量について、食品からの被ばくで「生涯累積でおおよそ100ミリシーベルト以上」とする評価書
これが、間違いです。
しきい値があるのが間違い。
内部被ばくで生涯100ミリシーベルトの被ばくは、容認できません。

(1)食品の国際規格を作成しているコーデックス委員会の指標が、セシウムで年間1ミリシーベルトを超えないよう設定している
コーデックス委員会の指標は、”輸入”規制値です。国内生産の食品汚染は”ゼロ”という前提で、輸入が10%程度の計算です。参照:世界の食品規制値

(2)最近の食品のモニタリング検査では、セシウムの濃度は低下している
現状にあわせて規制 ヾ(бoб;o) ォィォィ 厚生労働省だろぉぉ。。国民の健康より経済優先か!