いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

避難準備区域

#save_children 原子力不安委員会が、避難準備区域の解除条件を提示したYO!!

子どもを守れ


記憶によると、
原子力不安・保安院と原子力不安委員会を統合して、「原子力不安庁」を設置するんじゃなかったっけ
まだ、原子力不安・保安院とか原子力不安委員会はあるのか?仕事遅い


20110805_kaijo

避難準備区域 解除条件を提示 NHKニュース
---全文転載
避難準備区域 解除条件を提示
8月4日 20時45分

東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて設定された「緊急時避難準備区域」の解除に向けた検討がされるなかで、国の原子力安全委員会は4日、解除の条件を初めて示しました。そのうえで、この区域で再び避難を必要とする事態が発生する可能性は極めて低く、条件の1つは満たされたとしてさらに放射線を減らす対策を求めました。

解除の条件は4日に開かれた原子力安全委員会で初めて示されました。それによりますと、福島第一原発の20キロから30キロの「緊急時避難準備区域」の解除については、原発で異常が起きても新たに避難や屋内退避が必要になる可能性が極めて低く、対応をとるための十分な時間的余裕があることや、住民の被ばくを低く抑えるため、汚染の除去と放射線量などを測るモニタリングを行うことが条件とされています。このうち新たに避難などが必要になる可能性については、「原子炉への注水が長時間停止した場合でも、発電所から20キロより外側に影響が及ぶ可能性は極めて小さい」とする原子力安全・保安院の評価を妥当だと認め、条件の1つは満たされたとしています。緊急時避難準備区域を巡っては、政府が各市町村と調整を行ったうえで、今月下旬から来月をめどに一括して解除する方針で、原子力安全委員会は残る条件である除染などを求めています。一方、原子力安全委員会は住民が避難している警戒区域や計画的避難区域の解除についても考え方を示し、解除された日以降、1年間の被ばく量が20ミリシーベルト以下になることが確実で、長期的には1ミリシーベルトを目指して被ばくを抑える努力がされていることなどを条件としています。
---転載終わり

「原子炉への注水が長時間停止した場合でも、発電所から20キロより外側に影響が及ぶ可能性は極めて小さい」とする原子力安全・保安院の評価を妥当
いやいや、妥当じゃないと思うYO!!

解除された日以降
ほら、誤魔化しが始まりましたYO!! あの文部科学省と同じ手口だ。勝手に1年を区切るなYO!!

1年間の被ばく量が20ミリシーベルト以下
ほら、20ミリシーベルトが独り歩きしてるYO!! 兎に角、最大限の被ばくをさせたいようですYO!!


福島第1原発:爆発の可能性低い…保安院報告、安全委了承 - 毎日jp(毎日新聞)
---全文転載
福島第1原発:爆発の可能性低い…保安院報告、安全委了承

2011年8月4日 22時17分 更新:8月4日 23時36分

 内閣府原子力安全委員会(班目春樹委員長)は4日、東京電力福島第1原発で水素爆発や炉心溶融などの深刻な事態が再び起きる可能性は低く、原子炉や使用済み核燃料プールの冷却が長時間停止しても同原発から20キロ圏外への放射性物質による影響は小さいとする経済産業省原子力安全・保安院の報告書を了承した。同原発から20〜30キロ圏内で設定した「緊急時避難準備区域」の解除に向け、大きな条件をクリアしたことになる。

 安全委は一方で、同区域内の除染やモニタリングが解除の条件になると言明。地元と協議しながら進めるよう政府に求めた。

 報告書は、東電が3日夜、保安院に提出した「原子炉への注水は安定している」との報告書などを踏まえ保安院が作成。4日、安全委に意見を求めた。

 水素爆発については、1〜3号機で防止のための窒素注入が続き、新たに発生する水素は蒸気と一緒に放出されているため発生リスクは低いと判断。万一、水素爆発が起きた場合でも、1号機から20キロの地点で予想される空間線量の「影響は小さい」とした。

 また、原子炉への注水機能が止まっても30分〜3時間程度で復旧できるとの東電の報告を「応急措置として適切」と評価した。

 3月の事故時の原子炉注水中断が最長約14時間だったことを受け、1〜3号機への注水が15時間中断した場合も想定して解析。燃料の大半が既に溶融している現状を前提とすると、原発から20キロ地点の年間被ばく線量が0.65ミリシーベルトと予想される。安全委は「避難などの必要が生じる可能性は低い」と結論付けた。【岡田英】

 ◇解説 密室で議論される「万が一」
 緊急時避難準備区域の解除を検討する大前提は、福島第1原発の安定だ。保安院が4日、原子力安全委員会に提出した報告書は、水素爆発や炉心溶融といった緊急事態が再び起きる可能性は「万が一を想定しても低い」と結論づけた。

 しかし、3月11日の大津波に伴う事故はすべて「想定外」の事態から起きており、今回の安全委のお墨付きには疑問も残る。班目春樹委員長は4日、「万が一」について「厳しい仮定を重ねていくと際限がない。常識的なところで(報告書を)了承した」と説明した。

 結論に至る過程も不透明だ。安定の鍵を握る原子炉への注水システムが故障した場合の対策などを報告するよう、保安院が東電に指示したのは今月2日。報告期限は3日だった。東電は締め切りを守り、4日には保安院が報告を踏まえて安全委に報告。同日、安全委は追認した。実際には約1カ月前から関係者と意見交換し修正を重ねたというが、こうした経緯はいっさい公表されなかった。「非常に技術的で、公開しても内容をつかみにくいと思った」と久木田豊委員長代理は弁解する。住民の暮らしにかかわる問題が、一方的な配慮から「密室」で議論される状況は早く改善されるべきだ。【岡田英】
---転載終わり

前半は、絵空事だからどうでもいいや。

◇解説 密室で議論される「万が一」
【岡田英】さん、いいぞ!!

常識的なところで(報告書を)了承した
いやいや、事故前と同じことをやってちゃダメだからぁぁ。常識的に

保安院が東電に指示したのは今月2日。報告期限は3日だった。
東電は締め切りを守り、4日には保安院が報告を踏まえて安全委に報告。
同日、安全委は追認した。

みんな、仕事早いな βακα?..._φ( ̄  ̄|||)

#save_children 避難準備区域解除の工程表 (〃бOб)ノ コラァ〜 だめ・いやだ

子どもを守れ


(〃бOб)ノ コラァ〜 だめ・いやだ
理由は、後で考えるね (б。б;A)゛アセアセ

20110804_避難準備区域

避難準備区域解除の工程表 NHKニュース
---全文転載
避難準備区域解除の工程表
8月4日 4時28分

政府は、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて設定された「緊急時避難準備区域」について、原発の状況が改善しているとして、各市町村と調整を行ったうえで、今月下旬から来月をめどに一括して解除するとした工程表をまとめました。

「緊急時避難準備区域」は、緊急事態が生じたときには、屋内退避をしたり避難したりする準備をしておくよう求めるため、政府が指定した区域で、福島県の広野町の全域、南相馬市、田村市、楢葉町、川内村のそれぞれ一部が指定されています。指定を受けて、区域内では、相当数の住民が避難を余儀なくされているほか、学校が休校になったり、医療機関の多くが診察を取りやめたりしています。この「緊急時避難準備区域」について、政府は、原発の状況が改善しているとして、このほど解除に向けた工程表をまとめました。それによりますと、政府は、今週末にも、市町村と解除に向けた調整を始め、学校や医療施設などの公的サービスの再開や教育施設の除染などを含む「復旧計画」の策定を促すとしています。そして、政府は、「復旧計画」の策定が終わると見込まれる、今月下旬から来月をめどに一括して解除するとしています。ただ、政府は、こうした工程表に基づいて「緊急時避難準備区域」を解除した場合でも、各市町村で上下水道などインフラの復旧状況や除染の進捗状況が異なっていることから、住民の帰宅時期については各市町村の判断を尊重し、国が支援していくとしています。
---転載終わり


原発の状況が改善している ヽ(бoб; オイオイ

いまでも、10億ベクレル/時 もの大量な放射性物質が放出され続けています。

そもそも、実態把握がされていません。
原子炉の状態とか難しい話は抜きにして、敷地内から測定限界を超える10ミリシーベルト/時以上の地点が見つかりました。建屋内から測定限界を超える5ミリシーベルト/時以上の地点が見つかりました。東電の会見を見ていると、正しい値を測定する余裕も敷地内や建屋内の放射線マップを作成する余裕も無さそうです。綱渡りの対処が続いていると言わざるをえません。

ステップ1は完了したことになっています。しかし、浄化装置はマトモに動いていません。常識的に考えれば、こういうのはテスト中と言います。


学校が休校 (。б_б。)ノハイ
これを再開させたくないです。
どうせ、20ミリシーベルトを強いるのでしょうから、危険です。


注水故障 3時間以内で再開へ NHKニュース
---全文転載
注水故障 3時間以内で再開へ
8月4日 5時10分

東京電力福島第一原子力発電所の原子炉への注水作業について、東京電力は、機器の故障や電源の喪失といったトラブルが同時に起きても、およそ3時間以内には、注水を再開できるとする報告をまとめ、経済産業省の原子力安全・保安院に提出しました。

これは、原子力安全・保安院が、福島第一原発の周辺で放射性物質が大量に放出された際、屋内退避や避難の準備をする「緊急時避難準備区域」の解除に向けて、トラブルが起きた際、原子炉への注水による冷却をどう維持するか、東京電力に報告を求めていたものです。それによりますと、原子炉への注水に使うポンプが故障したり、外部電源が失われたりした場合、予備のポンプや非常用発電機などを使えば、いずれもおよそ30分以内で注水を再開できるとしています。また、複数の機器の故障や電源の喪失といったトラブルが同時に起きたとしても、消防車を配備するなどすれば、およそ3時間以内には注水を再開できるとしています。ただ、数時間程度、原子炉への注水が止まれば、放射性物質の放出や爆発を引き起こす水素の発生が起きるほど燃料の温度が上がっているおそれがあるとして、最大限、注水量を増やすとしています。原子力安全・保安院は、この内容を、4日開かれる国の原子力安全委員会に報告することにしています。
---転載終わり

原子炉への注水に使うポンプが故障したり、外部電源が失われたりした場合、予備のポンプや非常用発電機などを使えば、いずれもおよそ30分以内で注水を再開できる

複数の機器の故障や電源の喪失といったトラブルが同時に起きたとしても、消防車を配備するなどすれば、およそ3時間以内には注水を再開できる

ただ、数時間程度、原子炉への注水が止まれば、放射性物質の放出爆発を引き起こす水素の発生が起きるほど燃料の温度が上がっているおそれがある


原発の状況が改善しているかもしてませんが、不安定 な状態が続いています。


それ以前に、
高濃度汚染地域が多いですよね。中通りと同程度かもしれませんが、高濃度汚染地域です。


住民を戻して、安全宣言でもしたいのですか (б_б?)ハテナ?
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード