いまのところ、爆発はしていない雰囲気です☆〜(ゝ。б)ネ
カバーが付いてるので、よく見えません。ちなみに、一番手前 ☆〜(ゝ。б)ネ


20111008_tepco


1号機 高濃度水素抜き取りへ NHKニュース
---全文転載
1号機 高濃度水素抜き取りへ
10月8日 11時58分

東京電力福島第一原子力発電所1号機で、格納容器につながる配管に高濃度の水素がたまっている問題で、東京電力は、8日午後、水素を抜き取る作業を行うことにしています。東京電力は、作業は配管に窒素を入れて水素の濃度を下げながら行うため、爆発のおそれはないとしています。

福島第一原発1号機では、先月下旬、格納容器につながる配管に水素がたまっていることが分かり、東京電力が配管の水素濃度を測定したところ、61%から63%と全体の3分の2近くを占める高い濃度だったことが分かりました。この配管の中に酸素はないとみられ、今のところ、爆発のおそれはないとしていますが、今後の復旧作業で配管を切断する計画があるため、高濃度の水素が外部に放出されると爆発するおそれがあるとして、8日午後、配管から水素を抜き取る作業を行うことにしています。水素を抜き取る作業は、配管の中に窒素を入れて、水素の濃度を下げるとともに、発火につながる静電気が起こりにくい特殊なホースをつなぎ込んで、建屋の外に放出するということで、爆発するおそれはないとしています。東京電力は、2号機と3号機についても配管などの水素濃度を調べるよう国から指示を受けていて、今後、1号機と同じように調査を行うことにしています。
---転載終わり


関連ブログ記事:
配管内、ほとんど水素か=「爆発恐れなし」見解変えず−福島第1原発事故
(水素が60%程度という予想は、少し前に発表されています)