いるかちゃんの子どもを守れ。反アベ自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。民主主義と立憲主義を取り戻そう!被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!アベ政権の悪行に加担しながら官僚の横暴が復活しています!アメリカ隷属も加速!嘘と詭弁のアベ自公政権を倒そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

2号機

2号機内視鏡調査へ 穴開け作業

内視鏡を入れるのは、19日です。


2号機内視鏡調査へ 穴開け作業 NHKニュース
---全文転載
2号機内視鏡調査へ 穴開け作業
1月17日 19時20分

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業に向けて、まだ分かっていない格納容器の内部の状況を内視鏡を使って初めて調べるため、17日、2号機で内視鏡を入れる穴を開ける作業が行われました。

福島第一原発では、メルトダウンが起きた1号機から3号機の溶けた核燃料の状態や、格納容器の内部の詳しい状況が分かっておらず、今後の廃炉に向けた作業や、安定した冷却を続けるうえで、大きな課題となっています。このため東京電力は、まず2号機の格納容器について、高い放射線量に耐えられる工業用の内視鏡を入れて、内部の状況や温度を詳しく調べることになりました。17日は、19日に予定している調査に向けて、原子炉建屋1階の北西側に作業員が入り、格納容器に配管などを差し込む予備用の貫通部に内視鏡を入れる穴を開ける作業を行いました。作業は4人1組で、10組、合わせて40人の態勢で行い、東京電力によりますと、短時間に作業を終えるため、2号機と同じタイプの5号機などで訓練を繰り返してきたということで、17日の作業での被ばく線量は最大で3ミリシーベルトだったということです。東京電力では、17日の作業が順調に進んだことから、予定どおり19日、格納容器に内視鏡を入れるということで、格納容器の内部が観察できれば、2号機が初めてとなります。
---転載終わり

【警戒】美浜原発2号機でトラブル隠し、8日未明 手動停止へ

トラブル隠しです。


美浜原発の地図は、『尾張建の今日の出来事』さんのブログより拝借致しました。
20111207_TGY-58



11月9日頃に装置内の弁の一部から、水漏れを想定して設けている配管内に漏れ始め、
11月18日に1時間あたり30リットルの漏れを確認した。その後、漏えい量は
12月7日に同230リットルにまで増え、今後、液体廃棄物の処理能力を超える可能性がある


美浜原発2号機でトラブル、手動停止へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
美浜原発2号機でトラブル、手動停止へ

 関西電力は7日、運転中の美浜原子力発電所2号機(福井県美浜町、加圧水型軽水炉、出力50万キロ・ワット)で、原子炉格納容器内にある加圧器の圧力を調整する装置から1次冷却水が漏れるトラブルがあり、8日未明に原子炉を手動停止すると発表した。

 トラブルによる環境への放射能の影響はないという。

 関電によると、この装置は、加圧器内の圧力が高まると自動的に弁が開き、加圧器に水を送って圧力を下げる仕組み。11月9日頃に装置内の弁の一部から、水漏れを想定して設けている配管内に漏れ始め、11月18日に1時間あたり30リットルの漏れを確認した。その後、漏えい量は12月7日に同230リットルにまで増え、今後、液体廃棄物の処理能力を超える可能性があるため手動停止を決めたという。

(2011年12月7日20時09分 読売新聞)
---転載終わり


時事ドットコム:美浜2号機を手動停止へ=圧力調整弁で不具合−関電
---全文転載
美浜2号機を手動停止へ=圧力調整弁で不具合−関電

 関西電力は7日、美浜原発2号機(福井県美浜町、出力50万キロワット)で1次冷却水の圧力を調整する弁にトラブルが発生したため、8日未明に原子炉を手動停止すると発表した。これにより、関電の原発11基のうち9基が停止することになる。福井県原子力安全対策課によると、周辺環境への放射能の影響はないという。
 同課によると、1次冷却水の圧力を調整する「加圧器スプレー弁」で何らかの不具合が発生し、弁から漏れる冷却水を回収する配管内の流量が増加。この状態が続くと、回収した冷却水の量が設備の処理能力を超える可能性があるため、関電は定期検査入り前に運転を停止し、詳しい原因を調べることにした。配管外への冷却水漏れは確認されていないという。(2011/12/07-19:46)
---転載終わり


20111207 たね蒔きジャーナル 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章

1〜3号機のメルトダウンの資料

2011/11/30 17:42:38
NHKニュース http://t.co/H82O4XYM メルトダウンが起きた1号機の溶けた燃料は、鋼鉄の原子炉の底を突き破って相当の量が格納容器に落下し、その底のコンクリートを最大で65センチ浸食していると推定されることが東京電力の解析結果から分かりました。 #genpatsu

2011/11/30 18:01:23
#NHKのメルトダウンのニュースが消えてるので、画像をうp #genpatsu http://t.co/0FnfIKpI

20111130_NHK1743


2011/11/30 18:56:49
http://t.co/r10Qrucj MAAP解析とコアコンクリート反応の検討について #genpatsu http://t.co/xHONraSW http://t.co/RCOJw1sl


MAAP解析とコアコンクリート反応の検討について
20111130_tepco21

20111130_tepco23

20111130_tepco24

20111130_tepco27



iwakamiyasumi 111130 東電会見 午後 18:00から
を視聴中です。アーカイブがでたら、下に追加予定です。

録画日時 : 2011/11/30 18:01 JST
111130 東電会見 午後

2号機、実は水素爆発なかった…東電報告案

ヽ(б◇б)ノ エーーー どーでもいーけどぉぉ


まともに建ってるのは、2号機だけだしね。
20111002_pict14



2号機、実は水素爆発なかった…東電報告案 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
2号機、実は水素爆発なかった…東電報告案

  福島第一原子力発電所の事故を巡り、東京電力が社内に設置した「福島原子力事故調査委員会」(委員長=山崎雅男副社長)の中間報告案の詳細が明らかになった。

 2号機で水素爆発があったとする従来の見解を覆し、爆発はなかったと結論付けた。事故を招いた津波について「想定できなかった」と釈明し、初期対応の遅れについても、「やむを得なかった」との見解を示すなど、自己弁護の姿勢が目立つ。東電は、社外有識者による検証委員会に報告案を諮った後、公表する方針だ。

 同原発では、1号機の原子炉建屋が3月12日午後に水素爆発を起こしたのに続き、14日午前に3号機が水素爆発した。さらに15日早朝、爆発音が響き、4号機の建屋の損傷が確認された。爆発音の直後に2号機の格納容器下部の圧力抑制室の圧力が急落したため、東電は2、4号機でほぼ同時に爆発が起きたとし、政府も6月、国際原子力機関(IAEA)に同様の報告をしていた。

(2011年10月2日03時03分 読売新聞)
---転載終わり

2号機と3号機。問題の4号機。1号機だけ問題ないのか(・・;

2号機

2号機 原子炉建屋で作業開始 NHKニュース
---全文転載
2号機 原子炉建屋で作業開始
6月22日 17時59分

東京電力福島第一原子力発電所2号機では、原子炉建屋の扉を開放したことなどで、作業環境が改善し、原子炉の水位計を調整する作業などを始めました。その一方で、地下の汚染水の水位が6メートルを超えていることが新たに分かるなど、収束に向けた作業は難航も予想されます。
福島第一原発2号機は、原子炉建屋内の湿度が99.9%と極めて高く、作業が進まない状態だったため、東京電力は、建屋内の気体に含まれる放射性物質の濃度を下げたうえで、今月19日から扉を開放しました。この効果について、作業員が中に入って調べた結果、21日午後1時すぎの段階で、湿度は、地下につながる階段付近で65%だったほか、大物搬入口の内側で57.8%、2階の西側では46%まで下がっていました。一方、放射線量は、1階では1時間当たり15ミリシーベルトから60ミリシーベルトだったのに対し、2階では97.2ミリシーベルトと、依然として高い場所もあったということです。さらに、地下の汚染水の水位は6メートル10センチに達し、表面の放射線量は、1時間当たり388ミリシーベルトから、最も高い場所で430ミリシーベルトもあることが新たに分かりました。この結果を受けて、東京電力は、22日午後から、建屋の1階で原子炉の水位を示す計器などを調整したり、監視用のカメラを設置したりする作業を始めました。しかし、当初は23日から2階で行う予定だった作業は、放射線量が高いために、改めて手順を検討することになるなど、収束に向けた作業は難航も予想されます。
---転載終わり

2号機二重扉開放:双葉町山田で、27.5から45μSv/hに上昇。夜になって正しい地点で測定したら36μSv/hだった。
わたしの判断では、二重扉の開放は放射線量を下げるのが主目的ですが、1階は下がっているものの2階は高い状態に思えます。いやいや、1階も高いか。


3号機


3号機 原子炉の温度が上昇 NHKニュース
---全文転載
3号機 原子炉の温度が上昇
6月22日 12時9分

東京電力福島第一原子力発電所では、汚染水の浄化設備が本格運転を再開できないなか、21日から原子炉への注水量を減らしたところ、3号機の原子炉の温度が上がり始めたことが分かり、東京電力は、原子炉の冷却と汚染水の抑制の両立という難しい対応を迫られています。
福島第一原発では、原子炉への注水に伴って増え続けている汚染水対策の柱としていた浄化設備が、本格運転の開始直後に停止し、現在も試験運転の状態が続いています。このため東京電力では、汚染水の増加を抑えるために、21日から原子炉への注水量を1号機と2号機で1時間当たり0.5トン、3号機で1トン減らす対応を取りました。注水量を絞ったあとの22日午前5時に原子炉の温度を測ったところ、1号機と2号機は比較的安定しているものの、3号機では原子炉の上部で21日よりおよそ4度高い149.1度、下部でおよそ7度高い134.3度と、いずれも上がり始めたことが分かりました。東京電力では、1号機と2号機については注水量をさらに1時間当たり0.5トン減らす一方、3号機では現在の注水量を変えずに温度の変化を注意深く見守っています。東京電力は、あと2日程度での浄化設備の本格運転再開を目指していますが、福島第一原発の汚染水は、すでに11万トン以上に達しているとみられ、今後の注水や雨などであふれ出すことが懸念されるなか、原子炉の冷却と汚染水の抑制の両立という難しい対応を迫られています。
---転載終わり

ここでも、4号機の情報がないですね。


4号機


20110623_パラメータ

使用済燃料プール:91〜92℃
共用プール:32℃

2011/06/23 02:32:09
福島第一原発に、いったいどれだけの使用済み燃料が、貯蔵されているのか。1号機には392体、2号機には615体、3号機には566体も。4号機はもっと多くてなんと1535体。5号機にも994体、6号機にも940体が、貯蔵されている。それだけではない。

2011/06/23 02:44:13
続き。共用プールには、さらに6375体も。合計すると、11417体。東電作成の資料から。

2011/06/23 02:47:36
4号機の共用プールが気になってました。。6375本!!RT @iwakamiyasumi: 続き。共用プールには、さらに6375体も。合計すると、11417体。東電作成の資料から。


名称は使用済燃料プールですが、「使用中核燃料」が入っていますよね。

福島第一原子力発電所4号機の定期検査開始について プレスリリース 2010年|TEPCOニュース|東京電力
3.定期検査中に実施する主な工事予定
 (1)燃料集合体の取替え
     燃料集合体548体中140体を取り替えます。
ですが、新しい燃料集合体140本が発電所内にあるのか否かは不明です。

2号機二重扉開放:双葉町山田で、27.5から45μSv/hに上昇。夜になって正しい地点で測定したら36μSv/hだった。

「測定位置の微妙な違いによる違いで、扉開放の環境への影響はほとんどない」

そうなの?


東電、放射線量の変動報告せず…計測にもミス : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
東電、放射線量の変動報告せず…計測にもミス

福島原発

 東京電力は20日、福島第一原子力発電所の2号機原子炉建屋で二重扉を開放した際、約5キロ西にある福島県双葉町山田で測定した放射線量に変動があったにもかかわらず、経済産業省原子力安全・保安院に報告せず、6時間以上放置していたと発表した。

 計測方法にもミスがあった。

 ただし測定した線量は特別高いわけではなく、この場所は警戒区域内で住民は避難している。また、この場所以外で測った4地点では線量に大きな変動はなかった。

 東電によると、2号機の扉は19日午後9時頃から開け始め、20日午前5時に全開状態にした。この時間帯に原発敷地内外で放射線量を計測したところ、双葉町山田では20日午前1時の毎時27・5マイクロ・シーベルトから午前8時には同45マイクロ・シーベルトに上昇していた。結果は同日昼前には東電本店に報告されていたが、同日午後6時20分に保安院に報告されるまで、本店内で放置されていた。

(2011年6月21日01時11分 読売新聞)
---転載終わり


扉開放後の計測地点ミス、正しい場所で再実施 : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
扉開放後の計測地点ミス、正しい場所で再実施

福島原発

 福島第一原子力発電所2号機の扉開放に伴う放射線計測でミスがあり、東京電力は21日、原発から西5キロにある福島県双葉町山田で再計測し、線量は開放前より毎時8・5マイクロ・シーベルト高い36マイクロ・シーベルトだった、と発表した。

 東電は、双葉町山田では、開放前の毎時27・5マイクロ・シーベルトから開放後の20日午前8時には同45マイクロ・シーベルトとなった、と発表していた。

 しかし、その後、1回目と2回目の測定地点が約110メートルずれていたことが判明。同日夜、1回目の計測地点で再計測した。

 線量上昇について東電は「測定位置の微妙な違いによる違いで、扉開放の環境への影響はほとんどない」と説明している。

(2011年6月21日11時37分 読売新聞)
---転載終わり


東京電力は、扉を開けて放出される放射性物質による新たな被ばく量を試算し、原発の敷地内で1時間当たり0.0014マイクロシーベルト


2号機原子炉建屋 扉を開放 東電福島第一原発ニュース
---全文転載
2号機原子炉建屋 扉を開放(6月19日 22:20更新)

東京電力は福島第一原子力発電所の2号機で、原子炉建屋内の湿度が極めて高く、収束作業が進まないため、19日午後8時50分すぎに建屋の扉を開け始めました。
東京電力は、扉を開けても周辺環境への影響はほとんどないとしています。
福島第一原発の2号機の原子炉建屋では、格納容器や使用済み燃料プールから出たとみられる水蒸気の影響で湿度が99.9%と極めて高く、収束に向けた作業を行えない状態が続いています。
東京電力は湿度を下げるため、建屋の扉を開けたままにして換気を行うことを決め、今月11日から浄化装置を使って、建屋内部の空気中の放射性物質の濃度を下げてきました。
そして、2号機の原子炉建屋の扉について、19日午後8時51分に途中まで開けて、その後その状態を保ち、問題がなければ20日午前4時ごろにも全開にすることにしています。
東京電力は、扉を開けて放出される放射性物質による新たな被ばく量を試算し、原発の敷地内で1時間当たり0.0014マイクロシーベルトで、1年間に換算すると、一般の人が浴びても差し支えないとされる1ミリシーベルトを十分に下回ると評価しました。
東京電力の松本純一本部長代理は、記者会見で「扉を開放しても周辺環境への影響はほとんどない」と話しています。
また扉の開放について、福島県と地元の13市町村に事前に説明を行ったということです。
東京電力は、扉を開放したあと建屋内部での放射線量の調査や計器の調整など収束作業を始めることにしています。
---転載終わり


2号機建屋の二重扉全開…環境影響ほとんどなし : 科学 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
---全文転載
2号機建屋の二重扉全開…環境影響ほとんどなし

福島原発

 東京電力は20日、福島第一原子力発電所2号機の原子炉建屋の二重扉を全開にしたと発表した。

 19日午後9時頃にまず半開きにし、20日午前5時頃に全開に切り替えた。19日夜から20日午前6時までの間、周辺の大気の放射線量に目立った変化はなく、東電は扉開放による環境影響は、ほとんどないとみている。

 全開後、作業員4人が建屋1階に入り、内部の放射線量や温度、湿度を計測した。開放前に6・7〜45ミリ・シーベルトだった放射線量は毎時5〜30ミリ・シーベルトに、34〜35度だった温度は31・2〜33・1度に低下、100%近かった湿度は58・7〜89・9%に下がった。

 東電は「長時間の作業にはさらに、温度や湿度を下げる必要がある」としており、今後、大物搬入口と呼ばれる別の扉を開いて湿度や温度をさらに下げ、放射線量の高い場所には遮蔽措置を講じる計画だ。

(2011年6月20日11時12分 読売新聞)
---転載終わり


湿度を下げる目的もあると思いますが、
放射線量を下げるのが主目的ではないかと推測します。

東京電力が、作業環境を真剣に心配しているとは考え難く、放射線量を下げて作業時間を確保したいと考えるのが適当ではないか?
クリックしてね!ランクアップしたいぃ
検索してショッピングしてね☆
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
リンク元
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード