いるかちゃんの子どもを守れ。反自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!電力自由化と発送電分離で、コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!マスコミの偏った情報を鵜呑みにしないで公平な情報を収集しよう!アメリカのポチのアベ自公政権に鉄槌を下そう!民主主義と立憲主義を取り戻そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

20ミリシーベルト

【福島県】県民健康管理調査 検討委員会:「事故後4カ月間で20ミリシーベルト以上」を非公開の秘密会(準備会)で検討

毎日新聞の継続取材には、感謝しています m(_ _)m


福島原発事故:県検討委、詳細な健診対象絞る案 2013年01月30日 15時00分
 東京電力福島第1原発事故を受けて福島県が実施している県民健康管理調査の検討委員会が昨春、住民の健康診査の対象とする被ばく線量の基準値案として「事故後4カ月間で20ミリシーベルト以上」を非公開の秘密会(準備会)で検討していたことが分かった。国が定めた一般人の被ばく限度「年間1ミリシーベルト」と大きくかけ離れており、専門家は「住民の健康を重視した姿勢とは思えない」と批判している。【日野行介】

専門家は「住民の健康を重視した姿勢とは思えない」と批判している
その通りです ε=(。・`ω´・。)プンスカプン!!

 毎日新聞の情報公開請求に基づき開示された第6回検討委の準備会(昨年4月26日)の配布資料などで判明した。同日開催された公開の検討委では明らかにされておらず、基準は現在も「検討中」として決まっていない。

 健康管理調査では、全県民を対象に11年3月11日から4カ月間の外部被ばく線量を推計する「基本調査」を11年度から実施。県は一定の基準以上の住民らに対し、血液検査など健康診査を行って被ばくの影響を詳細に調べる方針を示している。

基準は現在も「検討中」として決まっていない
ヽ(б。б ) ノあっ そうですね

 開示された配布資料や議事録によると、第5回準備会(昨年1月25日)で、福島県立医大の大津留晶(おおつるあきら)教授を委員長とする専門委員会の設置を決め、基準案作りを具体化。第6回準備会で(1)原発事故後の4カ月間で20ミリシーベルト以上とする(2)「(どのような基準でも)科学的根拠に乏しく国際的にも批判を呼ぶ可能性がありマイナスが大きい」ため基準値を設定しない−−の二つの案が示された。

非公開の秘密会(準備会)では、
(1)原発事故後の4カ月間で20ミリシーベルト以上とする
(2)「(どのような基準でも)科学的根拠に乏しく国際的にも批判を呼ぶ可能性がありマイナスが大きい」ため基準値を設定しない

 委員からは両案それぞれについて支持する意見もあったが、山下俊一座長(福島県立医大副学長)が「すぐに結論を出す必要はない」と引き取り、決定を留保。直後に開かれた検討委の本会合では、(1)案について「20ミリシーベルト」の数値を削除し、「線量の結果が一定以上」との表現にとどめた資料が配布・公開された。(2)案についても「科学的根拠に乏しく」などの理由部分を削除した内容を提示。委員も具体的な数値に触れなかった。

公開の検討会では、
(1)案について「20ミリシーベルト」の数値を削除し、「線量の結果が一定以上」との表現にとどめた資料
(2)案についても「科学的根拠に乏しく」などの理由部分を削除した内容を提示


公開の場では、曖昧な表現に変わったということですね。
議論を呼びそうな発言を抑えるための「秘密会」。という事なのでしょう。


過去の関連ブログ記事:

2012年10月03日15:24 【福島県】県民健康管理調査 検討委員会:「秘密会」で口裏合わせ! (〃бOб)ノ コラァ〜 山下俊一座長 佐藤雄平知事 責任取れ!
2012年10月05日08:56 【福島県】県民健康管理調査 検討委員会:「秘密会」で検討会の進行シナリオ調整!「結語」(結びの言葉)も記載!!
2012年10月09日19:02 【福島県】県民健康管理調査 検討委員会:反省ナシ
2012年10月11日03:11 【福島県】県民健康管理調査 検討委員会:「秘密会」 「まず準備会で、意見集約」と明記された文書が存在した!!
2012年11月14日08:40 【福島県】福島第1原発事故 福島健康調査、秘密会で重要方針 情報公開、議事録で確認
2012年11月16日00:07 【福島県】福島健康調査:第2回検討委も進行表 県、一転存在認める ・・ いくらなんでも、隠匿し過ぎ
2012年11月20日03:38 【福島県】県民健康管理調査の検討委員会 : 尿検査を巡るやりとりがあったと修正された。当初削除 公開後に追加
2012年11月30日17:01 【福島県】手書きの下線と添え書きに基いて「準備会」削除し開示か?県民健康管理調査検討委員会 議事録問題
続きを読む

#save_children #nhk 【国会中継】森ゆうこ議員が、20ミリシーベルトの政府対応について国会で批判!午後も見るぞ (´・ω・`)))そぉーだぁょねーーw

子どもを守れ

午前の国会質問で、森ゆうこ議員が国会質問!

2011/05/01 11:45:19
#nhk 11:32 安全委員会、議事録がない。20ミリシーベルトに決めた経緯。ICRPの批判として内部被ばくを考えないとイケナイとのECCR?もある。後で調べよう。

2011/05/01 11:50:49
#nhk 11:34 森ゆうこ議員:子どもへの配慮をしていない!除染もしていない!20ミリシーベルトを撤回しろ!

2011/05/01 11:54:01
#nhk 11:38 森ゆうこ議員:白血病で労災認定された被ばくは。5.2ミリシーベルト

2011/05/01 11:57:41
#nhk 11:39 森ゆうこ議員:低線量の被ばく。晩発性障害は、ICRPは、内部被ばく・晩発性障害について考慮がないという批判がある組織

2011/05/01 12:00:31
#nhk 11:42 森ゆうこ議員:20ミリシーベルトは、内部被ばくを考慮していない。事故直後の被ばくも考慮していない。

2011/05/01 12:03:28
#nhk 11:47 森ゆうこ議員:小佐古さんの気持ちがよくわかる

2011/05/01 12:05:36
#nhk 11:50 森ゆうこ議員:文科省は話にならない

2011/05/01 12:08:14
#nhk 森ゆうこ議員の国会質問。午後もやるのかなあ?


番組表によると、13:00からの国会中継に森ゆうこ議員(民主党)が入っています。

#save_fukushima #seiji #nhk 【デマに注意】 20mSvについて解説してみる^^ 20ミリシーベルトは国際基準では無い、国際基準では子供に配慮する必要がある。

素人による素人のための「20ミリシーベルト」の解説をしてみます。
太字部分は、わたしの解説です。デマにならないように、参照元を明示します。参照元は、政府機関や大手マスメディアを中心にします。
(注:ネットや小さいメディアが、ダメだとは言っていません。今回は、裏を取る必要がないように配慮します。)


【20〜100ミリシーベルトが、国際基準だという主張】

東日本大震災への対応 -首相官邸ホームページ
補足:
実際は、『「計画的避難区域」と「緊急時避難準備区域」の設定について』のページです。タイトルの付け忘れと思われます。
部分転載:
(2) このため、国際放射線防護委員会(ICRP)と国際原子力機関(IAEA)の緊急時被ばく状況における放射線防護の基準値(年間20〜100ミリシーベルト)を考慮して、事故発生から1年の期間内に積算線量が20ミリシーベルトに達するおそれのある区域を「計画的避難区域」とする必要があります。

ICRPに関しては、基準値とは言えません。IAEAについては、調査していないために不明です。
下限値の20ミリシーベルトを採用して、安全を考慮した厳しい基準かのように説明されています。

計画的避難区域について -首相官邸ホームページ
部分転載:
A3:国際基準(※)です。それによると、避難をするのが望ましいとされる場所の放射線量基準は、年間で「20〜100ミリシーベルト」です。
 ※国際放射線防護委員会(ICRP)が定める、緊急被ばく状況における放射線防護の基準値

少しマシか?勿論、全く間違っています。

時事ドットコム:「子どもは半分」、文科相が否定=原子力安全委員表明の被ばく量
部分転載:
目標は20ミリシーベルトで、(基準厳格化により)学校を頻繁に移動させることはできない

(国際基準ではないですが)20ミリシーベルトが目標になってしまいました。閣内不一致です。

太字ではないですので、ただの感想です。20ミリシーベルト以下になるまで、何度も測定するのが目標かもしれません。そんなニュースを見たカモです。


【1〜20ミリシーベルトが、国際基準だという主張】

NHK「かぶん」ブログNHK 解説コーナー 【藤原記者解説・波紋広がる学校の放射線量目安の公表】
部分転載:
根拠となったのは放射線の専門家で作るICRP=国際放射線防護委員会です。ここが示している、事故が収束した後の基準として示している値なんです。この基準では、1年間で1ミリから20ミリシーベルト以上は浴びないようになっています。この20ミリシーベルトを今回、政府は採用しました。

少しマシです。1〜20ミリシーベルトの区分の上限を政府は採用しました。

太字ではないですので、ただの感想です。「かぶん」(NHK報道局科学文化部)さんは、多少は正しい情報を発信しようと試みています。本日、深夜のツイート(ツイッターでの発言)です。
nhk_kabun NHK報道局科学文化部
irukachan2009がリツイート
放射線にとりわけ感受性が強い人がいる可能性はあります。またICRPの2007年勧告では子どもや胎児は大人の3倍リスクが高いとしています。 RT @3buri: アレルギーのように放射性部質も敏感に反応したり、あまり影響を受けないと言う事はありますか?


asahi.com(朝日新聞社):被曝限度量の緩和提案 国際放射線防護委、移住回避促す - 社会
部分転載1:
2007年の勧告に基づき、1〜20ミリシーベルトの範囲が妥当とする声明を発表した。
部分転載2:
 07年の勧告では、一般の人が年間浴びてもいい放射線量を三つの範囲で設定。緊急時は20〜100ミリシーベルト、緊急事故後の復旧時は1〜20ミリシーベルト、平常時は1ミリシーベルト以下とした。

この声明は、3月21日付です。政府はこの声明を国際基準と偽って採用していると思われます。2007年勧告自体は議論を重ねて慎重に策定された物と思われます。国際放射線防護委員会(ICRP)は、地震からたった10日で、2007年勧告の一部を拡大解釈して声明を発表しました。10日で国際基準を作れるハズがないのです。日本政府は、ただの声明を国際基準と偽って宣伝活動をしています。


【ICRP2007年勧告】

国際放射線防護委員会(ICRP)2007年勧告(Pub.103)の国内制度等への取り入れについて -第二次中間報告- 平成23年1月 放射線審議会 基本部会 PDFです。

以下、この資料よりページ数を示して抜粋します。
消される可能性もあるので、お気に入りに追加ではなく、ページ - 名前を付けて保存 などで、保存してください。文部科学省を信頼するなら保存する必要はありません。


---81ページ
(参考レベル)
(234) ・参考レベルは、緊急時被ばく状況及び現存
の制御可能な被ばく状況に適用され、そのレベ
ルより上では、最適化すべきと判断されるよう
な線量及びリスクのレベルを示す
・その値は、被ばく状況をとりまく事情に依存
(線源関連の線量拘束値と参考レベルの選択に影
響を与える因子)

---82ページ
(237) 拘束値及び参考レベルは3 つのバンドで示さ
れる
(239) 1mSv 以下
計画被ばく状況に適用され、被ばくした個人に
直接的な利益はないが、社会にとって利益があ
るかもしれない状況(例:計画被ばく状況の公
衆被ばく)
(240) 1〜20 mSv 以下
個人が直接、利益を受ける状況に適用(例:計
画被ばく状況の職業被ばく、異常に高い自然バ
ックグラウンド放射線及び事故後の復旧段階の
被ばくを含む)
(241) 20 mSv〜100 mSv 以下
被ばく低減に係る対策が崩壊している状況に適
用(例:緊急事態における被ばく低減のための
対策)

---45〜46ページ
 このようなことから、ICRP は、2007 年勧告において、従来の考え方である「決定グループ」の代わりに「代表的個人」を用いる線量の評価手法を推奨した。また、代表的個人の概念及びこれを用いた線量評価の方法については、ICRP Pub.101 に示されている。この代表的個人を用いた公衆の線量の評価手法は「現実的なモデル」を考慮するものであり、放射線や放射能の移行経路を空間的な広がりの中でとらえ、小集団の線量分布を作成し、95 パーセンタイル値iiで被ばくする個人を代表させるものである。この線量評価では生活習慣を現実的に代表させるだけでなく、年齢分布を「幼児(0〜5 歳)」、「子供(6〜15 歳)」及び「成人(16〜70 歳)」の三つに区分したうえで、それぞれの線量評価を行い、公衆を代表させる。この線量評価手法は、統計論的な手法を効果的に利用している点で優れており、公衆に対する極めて合理的な放射線防護を実現する。


以上です (ー`´ー)うーん


子供たちへの影響に関するブログ内記事
#save_fukushima 子供たちだけは守りたい
#save_fukushima 福島市内の学校付近の放射線量の実測値をピックアップしてみた (怒`・ω・´)ムキッ
#genpatsu 【デマに注意】 福島市の放射線量の解説をしてみる^^
#seiji 【学校:あの原子力安全委員会ですら警戒】 4-10 #nhk
#seiji 福島県放射線モニタリング小・中学校等実施結果(全調査まとめ)について

#nhk 【速報】(4/20)7時のニュースで、文科省などがまとめた子どもの年間放射線量の値、20ミリシーベルトについて、藤原記者が詳しく、徹底解説

ツイッターより転載

nhk_kabun NHK報道局科学文化部
irukachan2009がリツイート
【藤原記者の解説】きのう文科省などがまとめた子どもの年間放射線量の値、20ミリシーベルトについて疑問が多く寄せられています。けさ(4/20)7時のニュースで藤原記者が詳しく、徹底解説します。
23分前 お気に入り リツイートの取消 返信 ≫

nhk_kabun NHK報道局科学文化部
irukachan2009がリツイート
放射線にとりわけ感受性が強い人がいる可能性はあります。またICRPの2007年勧告では子どもや胎児は大人の3倍リスクが高いとしています。 RT @3buri: アレルギーのように放射性部質も敏感に反応したり、あまり影響を受けないと言う事はありますか?
1時間前 お気に入り リツイートの取消 返信


明日に備えて、寝ます。。(つ∀-)オヤスミん
クリックしてね!ランクアップしたいぃ



ブログランキングならblogram

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


いるかちゃん | バナーを作成
検索してショッピングしてね☆


いるかちゃんのほしい物リスト。誰かくれ^^
Amazon
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード