いるかちゃんの子どもを守れ。反自公政権

「子どもを守れ」とは、まともな文明国になれという意味です。子どもに20ミリシーベルトが許せなかったのが原点です。脱原発からの政治問題からのプライベートな事も書きます。被曝から子どもを守れ!脱原発!マスコミ、官僚、政治家は、電力原発利権のために国民を欺いています!電力自由化と発送電分離で、コストが高く危険な原発を廃炉にしよう!マスコミの偏った情報を鵜呑みにしないで公平な情報を収集しよう!アメリカのポチのアベ自公政権に鉄槌を下そう!民主主義と立憲主義を取り戻そう!選挙に行こう!

日本政府やWHO・IAEA・ICRPは、チェルノブイリでのセシウム健康被害は”ゼロ” だと言っています。
わたし達やECRRは、チェルノブイリでの健康被害の”教訓” を生かすべきだと言っています。
あなたは、どちらを信じますか??

ALPS

ALPS : 汚染水の廃液容器14%で漏れ ガス排出口から : 場当たり的対応!容器が不良品なのだから、設計からやり直して全て交換しろ!

ボロボロやん



20150505-1001

福島原発:汚染水の廃液容器14%で漏れ ガス排出口から 2015年05月04日 22時00分(最終更新 05月05日 05時35分)
 東京電力福島第1原発で、汚染水を処理した際に発生する放射性廃棄物を入れた専用容器について、点検したうち1割超の容器から放射性物質を含む廃液が漏れていたことが分かった。漏れを防ぐ見通しは立っておらず、放射性廃棄物の管理の難しさを改めて示す結果だ。

厳重に管理すべき容器でしょ。
信じられない。


 漏れが見つかった容器には、汚染水から放射性物質を取り除く多核種除去設備「ALPS」(アルプス)の処理後に出る汚泥や廃液を入れる。直径約1.5メートル、高さ約1.9メートルの円筒形で、容量は約3トン。東電が、第1原発構内の容器1354基のうち105基を抜き取り調査したところ、15基(約14%)で漏れやにじみが見つかった。

14%が不良ということでしょ。
全部が不良品で、漏れてるのが14%と考えるのが妥当ではないかな。


 この容器については、4月上旬に点検中の東電社員が、容器の下の床面やふたに水がたまっているのを発見。容器上部にある内部のガスを抜く穴から廃液が漏れていることが分かった。東電は、水素などのガスが廃液中にたまって容器内の容積が増し、ガス抜き用の穴から漏れたとみている。

4月上旬

また、隠してたのか。政府東電は隠蔽が当たり前になってるんだな

 漏れた廃液の放射性セシウム濃度は1リットル当たり最大約9000ベクレル、ベータ線を出す放射性物質は同390万ベクレルと、それぞれ高い濃度だった。容器は第1原発敷地内にあるコンクリート製の施設で遮蔽(しゃへい)されており、東電の白井功原子力・立地本部長代理は「廃液が敷地外に漏れることはない」と話す。

((☛(◜◔。◔◝)☚))アタマダイジョウブデスカ

敷地外は関係ないだろ

 容器は使用前に落下試験などを実施しているが、実際の廃液を入れる試験はしていなかった。東電は「ガス抜き用の穴から中身が漏れ出すことは想定外だった」と話す。

「ガス抜き用の穴から中身が漏れ出すことは想定外だった」

((☛(◜◔。◔◝)☚))アタマダイジョウブデスカ

試験してないとか有り得ない

 今後は、中に入れる廃液の量を現在よりも約10センチ低くするなどして漏れを防ぐ計画だ。一方、アルプスの処理を続ける限り汚泥や廃液が発生するため、今後も容器の数は増え、保管場所の確保や耐用年数(約20年間)を超えた後の劣化の問題も懸念される。

場当たり的対応!
容器が不良品なのだから、設計からやり直して全て交換しろ!


 原子力規制庁の担当者は「漏れた水は同原発内の汚染水の中で最も濃い。数も多いので早期の対策が必要」と指摘。容器周辺は放射線量が高くなっているため、確認作業などにあたる作業員の被ばく管理の徹底を東電に求める。【斎藤有香】

甘いだろ。
容器の交換が必要ですよね。


 ◇多核種除去設備「ALPS」

 東京電力福島第1原発事故処理で発生する高濃度の放射性物質を含む汚染水から、放射性物質を除去する設備。放射性セシウムを除いた後の汚染水を、活性炭や樹脂などを入れた吸着塔に通し、汚染水に含まれる63種類の放射性物質のうち、トリチウム以外の62種類の放射性物質を取り除く。現在、3設備が試験運転中で、3設備で1日当たり計約1500トンを処理している。




[PR : 日本版SOEKS 01M 一家に一台放射能測定器は必需品ですね。いるかちゃんだよーキュンキュン]

「ALPS」の廃液を保管する容器上部のたまり水。放射性セシウムが1リットル当たり最大9000ベクレル、ベータ線を出す放射性物質が同390万ベクレル。

漏れるのが普通の記事になってきましたね



最大390万ベクレルを検出=ALPS容器のたまり水−福島第1・東電 2015/04/03-12:35
 福島第1原発で汚染水の放射性物質を吸着する装置「ALPS」(アルプス)の廃液を保管する容器上部に水がたまっていた問題で、東京電力は3日、水から高濃度の放射性物質が検出されたと発表した。東電は廃液自体の漏えいではないとみているが、詳しい原因を調べている。

福島第1原発
汚染水の放射性物質を吸着する装置「ALPS」(アルプス)の廃液を保管する容器上部に水がたまっていた問題

 東電によると、水は廃液保管容器2個のそれぞれ上部にあるふたのくぼみにたまり、最大でストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり390万ベクレル、セシウム134が同1900ベクレル、セシウム137が同7100ベクレルだった。

ストロンチウム90などのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり390万ベクレル
セシウム134が1リットル当たり1900ベクレル
セシウム137が1リットル当たり7100ベクレル





福島原発:廃液貯蔵の容器上部に高濃度の汚染水 2015年04月03日 13時06分
 東京電力は3日、福島第1原発の汚染水浄化装置「ALPS」(アルプス)の処理で出る放射性廃液を貯蔵しているコンテナ内の容器上部に高濃度の汚染水が一部たまっていたと発表した。濃度は放射性セシウムが1リットル当たり最大9000ベクレル、ベータ線を出す放射性物質が同390万ベクレル。いずれもコンクリート製のコンテナの内部にあり、東電は外部への影響はないとしている。

東電は外部への影響はないとしている

 見つかったのは、同原発南側構内で廃液を保管している「第二施設」の容器671基のうちの2基。容器は直径約1.5メートル、高さ約1.8メートルで、原則2基と一つのコンテナに保管。二つのコンテナ内のそれぞれ1基の上蓋(うわぶた)部分に汚染水がたまり、コンテナ内の床に漏れたものも含めて計約26リットルあった。容器内のガスを逃がす穴から出た水蒸気が結露した可能性があるという。【岡田英】

廃液を保管している「第二施設」の容器671基のうちの2基
原則2基と一つのコンテナに保管

二つのコンテナ内のそれぞれ1基の上蓋(うわぶた)部分に汚染水がたまり、
コンテナ内の床に漏れたものも含めて計約26リットル

容器内のガスを逃がす穴から出た水蒸気が結露した可能性がある





廃液保管容器から漏えい 液体は結露水か 4月3日 16時01分魚拓
東京電力福島第一原子力発電所で、汚染水処理の過程で出た廃液の保管容器から液体が漏れ出した問題で、漏れ出した液体は、廃液と比べて放射性物質の濃度が大幅に低いことが分かり、東京電力は、施設内で結露した水などがたまっていた可能性があると見てさらに調べています。

漏れ出した液体は、廃液と比べて放射性物質の濃度が大幅に低い
施設内で結露した水などがたまっていた可能性がある

2日、福島第一原発の汚染水を処理する過程で出た廃液を保管する容器の一つで、上部に液体がたまっているのが見つかり、作業員が容器に触れたところ、さらに内部から液体が漏れ出しました。
東京電力で容器から漏れ出したり上部にたまっていたりした液体を調べたところ、全体で25リットルあり、この中にはストロンチウムなどのベータ線という放射線を出す放射性物質が1リットル当たり300万ベクレル、放射性セシウムが8700ベクレル含まれていたほか、別の容器の上にも同じような成分の液体が1リットルたまっていたということです。

汚染水を処理する過程で出た廃液を保管する容器の一つ
全体で25リットルあり、この中にはストロンチウムなどのベータ線という放射線を出す放射性物質が1リットル当たり300万ベクレル、放射性セシウムが8700ベクレル含まれていた

別の容器の上にも同じような成分の液体が1リットル

これに対して廃液は1リットル当たり数百億ベクレルと極めて高濃度なことから、東京電力は、漏れ出した液体は廃液ではなく、容器を納めているコンクリート製の施設の中で結露した水や雨水が容器の隙間や上部にたまり、周囲の汚染を取り込んだと見て詳しく調べています。
また、東京電力は、容器から漏れ出した液体は施設の中にとどまっていて、外部への影響はないとしています。




[PR : 【PM2.5対応】SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 ホワイト系 KC-D50W ( ・∀・)イイ!!]

従来の改良型ALPSは頑張ってね。サブドレインから海に流すのは絶対反対

従来のALPSの増設
サブドレインから海に流す施設
と2種類あります。混同してしまうような記事。あるいは、混同するような報道陣への公開をしています。

相変わらず、姑息だな。



20141017_20141017006jc
高性能ALPSなど福島第1の施設公開 2014年10月17日
 東京電力は16日、福島第1原発の汚染水処理対策として増設した多核種除去設備(ALPS)と新設の高性能ALPS、建屋への地下水流入を防ぐサブドレン設備などを報道機関に公開した。

福島第1原発の汚染水処理対策として増設した多核種除去設備(ALPS)と新設の高性能ALPS

これは、頑張って

建屋への地下水流入を防ぐサブドレン設備

こっちは、ダメ

 ALPSは、汚染水に含まれるトリチウム以外の62種類の放射性物質を吸着し、放出基準を下回る濃度まで下げる装置。増設ALPSは既設と同じ3系統で、9月から順次試運転を開始した。既設型と同様1日750トンの汚染水を処理する。
 高性能ALPSは、1系統で1日約500トンの処理が可能。汚染水の前処理にフィルターを使用することで、処理で発生する放射性廃棄物を約95%低減するという。この日で原子力規制委員会の使用前検査が終え、近く試運転を開始する。

従来のALPSの改良版と思われますが、故障しないといいですね。

 サブドレン設備は、建屋周囲の井戸で地下水をくみ上げ、建屋への地下水流入量を現在の1日400トンから200トンに低減する。浄化設備で放射性物質の除去処理をした上で海に放出する。

サブドレン設備
浄化設備で放射性物質の除去処理をした上で海に放出する

海に流すなんてトンでもない!絶対反対!

 東電はALPSなどの増強により、1日の処理能力を現行の750トンから2000トンまで高める計画。本年度中に構内の地上タンクに貯蔵する汚染水約36万トンを全量処理することを目指しており、小野章所長は「汚染水のリスクを一日も早く下げたい」と話した。

海に流す選択肢はありませんからね。トリチウムを除去できない。
タンクを増設するしかありません。敷地外の増設も必要なら政府と協議してください。

「(ALPSは)洗練した技術では全くないのに、増設などの対応が遅過ぎる」・・・そうですね



ALPS増設を認可 規制委 性能向上来月にも試運転 2014/08/28 09:18
 原子力規制委員会の定例会合は27日、都内で開かれ、東京電力福島第一原発の汚染水処理設備「多核種除去設備(ALPS)」の増設を認可した。新たなALPSの稼働により、既設と合わせて一日当たり最大1500トンの汚染水処理が可能になるが、順調に処理が進むかどうかは不透明だ。

順調に処理が進むかどうかは不透明だ。

処理能力が倍になるから今よりは良くなるんじゃないの。

 新たなALPSは試運転中の既設と同じ3系統あり、既設と同じ一日当たり750トンの処理が可能。既設で起きたタンクの腐食など不具合への対策に加え、これまで十分に取り切れなかったヨウ素129など4種類の放射性物質に対する除去性能も向上させた。東電は9月半ばにも増設するALPSの試運転を開始する予定。

ちょこっと性能アップですね

 東電は国の補助を受け導入する高性能型の審査も受けている。12月末ごろには既設、増設、高性能型とも本格運転に移行させて一日当たりの処理量を計2000トンに引き上げ、今年度内に敷地内のタンクに保管している汚染水の処理を終えたい考え。
 しかし、既設のALPSは3月にフィルターの部品劣化で正常に汚染水を処理できなくなる故障が発生するなどトラブルが続発している。

東電は国の補助を受け導入する高性能型の審査も受けている

国民の税金だね

 定例会合で、規制委の更田豊志委員は「(性能の)目標を達成できなくても運転を続け、とにかく処理を進めてほしい」と要求。中村佳代子委員は「(ALPSは)洗練した技術では全くないのに、増設などの対応が遅過ぎる」と東電の対応を批判した。

更田豊志委員
「(性能の)目標を達成できなくても運転を続け、とにかく処理を進めてほしい」
中村佳代子委員
「(ALPSは)洗練した技術では全くないのに、増設などの対応が遅過ぎる」



20140828_K10041442711_1408280550_1408280607_01

汚染水処理設備 2台目が来月にも試運転へ 8月28日 4時56分
東京電力福島第一原子力発電所で、汚染水から放射性物質を大幅に取り除く「ALPS」と呼ばれる処理設備について、原子力規制委員会は、東京電力から出されていた増設計画を認め、来月にも2台目のALPSの試運転が始まる見通しとなりました。

来月にも2台目のALPSの試運転が始まる

福島第一原発の汚染水処理設備「ALPS」は、一日最大で750トンを処理することができるとされ、去年3月から試運転が続けられていますが、東京電力は処理を加速する必要があるとして、もう1台の増設を進めています。
これについて、原子力規制委員会は27日に開かれた定例会で、東京電力が取り組んでいる汚染水漏れを防ぐ対策などで安全性が確認できたとして計画を認めました。ALPSを巡っては、当初の計画では62種類の放射性物質を取り除くことができるとされたのに対し、これまでの試験ではヨウ素など4種類の濃度が十分に下がっていません。

一日最大で750トン

このため、東京電力はALPSの改良を進めていますが、それでもトリチウムと呼ばれる放射性物質は取り除けないということです。東京電力は来月から2台目の試運転を始めたうえで、12月からは別に計画している新型のALPSとともに本格運転に入り、一日最大で2000トンの汚染水を処理する計画ですが、これまでにさまざまなトラブルが相次いでいるだけに、安定して運転できるかが課題となります。

トリチウムと呼ばれる放射性物質は取り除けない



トリチウムは保管するしか無いですから保管する水量は変わりません。
他の放射性物質を除去できますから少し安全になるだけ。

タンクの大量増設が必要です。準備もしていないのはトリチウムを海に流す思惑があるからでしょう。
続きを読む

「多核種除去設備」(ALPS)で汚染水漏れ : 表面の放射線量は、ガンマ線とベータ線合わせて1時間当たり 0.18ミリシーベルト(180マイクロシーベルト)

あちこちで、漏れてます☆〜(ゝ。б)ネ


20130617_K10053624311_1306171809_1306171825_01
汚染水処理設備 タンクで水漏れ 6月17日 17時42分魚拓
東京電力福島第一原子力発電所の放射性物質を含む汚染水を処理する新しい設備で、処理前の水がタンクからにじみ出ているのが見つかり、東京電力は試運転を中止して原因を調べています。

処理前の水

水漏れが見つかったのは「ALPS」と呼ばれる新しい処理設備で、ほとんどの放射性物質を取り除くことができるとして、汚染水処理の切り札とされ、ことし3月から試運転が行われています。

ストロンチウムを除去できる
トリチウムは除去できない
装置ですね。

東京電力によりますと、15日、処理前の汚染水をためておくタンクの溶接部から水がにじみ出ているのを点検中の社員が見つけたということで、水はタンクの下にある受け皿に落ちていて、設備の外側には広がっていないということです。

まあ、設備の外側までは広がらんでしょ

漏れた量は、タンクの表面についた結露の水と混ざって正確には分からないということですが、溶接部の水の表面の放射線量は、ガンマ線とベータ線合わせて1時間当たり0.18ミリシーベルトでした。

ガンマ線とベータ線合わせて1時間当たり 0.18ミリシーベルト
ガンマ線とベータ線合わせて1時間当たり 180マイクロシーベルト

ミリシーベルトだと小さく感じる気がするのは、ぼくだけですか?

東京電力は、溶接作業が不十分だった可能性があるとみて、設備の試運転を中止して、原因を調べています。




汚染水処理設備で漏えいか タンク受け皿に数滴 2013年6月17日
 東京電力は16日、福島第1原発の汚染水を処理する「多核種除去設備」(ALPS)で汚染水を一時的にためる地上タンクの受け皿に水が数滴垂れた跡が見つかったと発表した。タンクの溶接部分の表面から最大毎時0.18ミリシーベルトの放射線量を測定。溶接部分は一部茶色く変色しており、東電はタンク内から汚染水が漏れた恐れがあるとみている。

汚染水を一時的にためる地上タンクの受け皿に水が数滴垂れた跡
溶接部分は一部茶色く変色

サビ?前から漏れてたのかな?

 東電は受け皿の中にバケツを置いて垂れた水を受け止める対策を取り、約400ccの水を回収した。東電は「外部への流出はない」としている。周辺のモニタリングポストの数値にも目立った変動はないという。

東電は受け皿の中にバケツを置いて垂れた水を受け止める対策を取り、約400ccの水を回収した。

雨漏りすると、鍋とかを置くよねw

 水漏れの恐れがあるタンクは容量約26トンで、ステンレス製。試験運転中のALPSで処理する前の汚染水を一時的に保管していた。
 東電は16日夜、詳しい状況を調べるため、ALPSの停止作業に入った。17日未明に停止する見通し。

続きを読む
クリックしてね!ランクアップしたいぃ



ブログランキングならblogram

にほんブログ村 環境ブログ 原発・放射能へ
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ


いるかちゃん | バナーを作成
Twitter:メインアカウントです
Twitter:ももクロ専用
最新コメント
訪問者数 グラフ

    カテゴリ別アーカイブ
    月別アーカイブ
    記事検索
    QRコード
    QRコード