BPOによると、同委員会決定で総務省と自民党を批判したのは初めて

かなり、ひどい政治的な圧力ですよね



東京新聞:BPOが放送への圧力と自民批判 NHK番組やらせ問題 :話題のニュース(TOKYO Web) 2015年11月6日 19時09分
20151106-2015110601002167

 NHKの報道番組「クローズアップ現代」でやらせがあったと指摘された問題で、同番組を審議してきた放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は6日、「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を公表した。同番組をめぐり、総務省がNHKを厳重注意したことを「極めて遺憾」とし、自民党が同局幹部を呼び出して事情聴取したことも「政権党による圧力そのもの」と強く批判した。

総務省がNHKを厳重注意したことを「極めて遺憾」
自民党が同局幹部を呼び出して事情聴取したことも「政権党による圧力そのもの」と強く批判

こんな放送への介入は民主主義国家ではありえない。日本が民主主義国家ではない証拠だ

 BPOによると、同委員会決定で総務省と自民党を批判したのは初めて。

前例がないような酷い放送への介入ですよねー



時事ドットコム:BPO検証委「重大な倫理違反」=NHK「クロ現」出家詐欺報道−政府対応も批判 2015/11/06-18:59
 放送倫理・番組向上機構(BPO)放送倫理検証委員会(川端和治委員長)は6日、出家詐欺問題を扱った「クローズアップ現代」などNHKの二つの報道番組について、「重大な放送倫理違反があった」とする意見書を決定し、発表した。

これは、普通にNHKが悪い

 一方、問題発覚後、高市早苗総務相がNHKに厳重注意し、自民党の調査会が事情聴取したことを「極めて遺憾」「政権党による圧力そのもの」と厳しく批判した。BPOによると、同委決定で政府に異議申し立てをするのは初めて。

高市早苗総務相がNHKに厳重注意し、
自民党の調査会が事情聴取したこと
「極めて遺憾」「政権党による圧力そのもの」と厳しく批判

こちらは、前例がない政治介入だ。アベ自公政権と自民党は、民主主義を理解していない。

 「重大な倫理違反」と表現した意見は2件目。記者会見した川端委員長は「視聴者が報道番組に寄せている信頼を裏切るレベルの倫理違反があった」と理由を説明した。
 対象になったのは昨年5月放送の「クローズアップ現代」と同4月放送の「かんさい熱視線」。宗教法人を舞台に多重債務者を出家させて戸籍上の名前を変え、住宅ローンをだまし取る手口が広がっていると報じ、ブローカー(仲介者)と多重債務者が相談する現場の映像などを流した。
 意見書はこの映像部分について、ブローカーや債務者とされた人物が実際は知人同士である上、「隠し撮り」を演出して撮影するなど、「視聴者に著しい誤解を与える致命的な問題があった」と認定。背景には、裏付け取材を怠る安易な取材態度や、記者職と制作職の間のセクショナリズムの存在などを指摘した。ブローカーとされた男性が「やらせがあった」と告発していた点については明確な判断を避けた。
 NHKは今年4月、「過剰な演出」を認める一方、「事実の捏造(ねつぞう)につながるいわゆるやらせは行っていない」との調査報告書をまとめていた。




BPO報告書で総務相「指摘当たらない」|日テレNEWS24 2015年11月6日 18:37
去年放送のNHK「クローズアップ現代」などで不適切な演出があった問題でBPOが「重大な放送倫理違反」があったとする報告書を発表したことについて6日、高市総務相が談話を発表。自らが行った行政指導について「拙速との指摘は当たらない」としている。

「拙速との指摘」などの問題ではない!「極めて遺憾」と指摘されてるんだぞ!
問題を軽くするな。詐欺師の手法だな


 去年放送のNHK「クローズアップ現代」などで不適切な演出があった問題でBPO(=放送倫理・番組向上機構)が6日、「重大な放送倫理違反」があったとする報告書を発表したことについて6日午後、高市総務相が談話を発表した。

 自らが行った行政指導について、高市総務相は、「一刻も早く具体的な再発防止策を作ってほしいとの強い思いから作成した。拙速との指摘は当たらない」としている。

高市総務相さま、日本語わかりますかー



[PR : 【PM2.5対応】SHARP プラズマクラスター搭載 加湿空気清浄機 ホワイト系 KC-D50W イイ!!]